マスキュリンだけじゃない、パンツスーツの着こなし。

おしゃれ番長の栗山愛以がお届けするスナップ連載。今回は「パンツスーツ」に注目。


文/栗山愛以

「フォーマル&マスキュリン」という印象が強いパンツスーツだが、色やフォルム、スタイリング次第で変幻自在に。独自に着こなしている達人たちをピックアップする。

ボーイッシュでもフェミニンでもある。

220802-snap-01.jpg

鮮やかなブルーにはっとさせられる。クロップド丈のパンツの軽やかさに合わせるかのようにインナーはTシャツ、足元はチャンキーなブーツ。ここまではボーイッシュだが、胸元を大きく開け、クラッチバッグを選んでほんのりフェミニンさもプラスしている。ヘアメイクもナチュラルで、どこにも偏らない感じが魅力的。

---fadeinpager---

ド派手スーツをさらりと纏う。

220802-snap-02.jpg

迫力のスーツをものにしているのはモデルのマギー・マウラー。小物も各々パンチがあるのに涼しい顔で臨んでいる。恵まれた体型とアンニュイな雰囲気あってこそなのかもしれないが、派手なアイテムをさらっと纏える大人、とってもかっこいい。

---fadeinpager---

きちんと着てストイックに。

220802-snap-03.jpg

最後の方は、ストックホルムの風景になじんでいるダークブラウンのスーツ姿。白シャツのボタンをきっちりいちばん上まで留めていて、ストイックな印象がする。レースアップのフラットシューズにしてとことん世界観を貫いても良さそう。

text: Itoi Kuriyama, photography: Imaxtree

ファッションをこよなく愛するモードなライター/エディター。辛口の愛あるコメントとイラストにファンが多数。多くの雑誌やWEBで活躍中。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories