今季のデニム、マストバイはバギーに決まり!

おしゃれ番長の栗山愛以がお届けするスナップ連載。今回の注目は……?


文/栗山愛以

今ジーンズを新調するなら、絶対にバギー! さまざまなムードで着こなす達人たちをご紹介。

デニムonデニムなのにシック。

220915-snap-01.jpg

つい先日NYファッションウィークでキャッチされたスナップ常連のスタイリスト、アレクサンドラ・カールさんはダメージ加工が施されたハードなタイプをセレクト。シャツもデニム、さらに白Tという超カジュアルな組み合わせなのにモードに見えるのは、ゆったりとしたサイズ感やシックな小物使い、そしてやはり、トレードマークのギークなメガネが肝なのでは。自らのキャラをよくわかったうえでのスタイリング。

---fadeinpager---

1990年代のレイバー風デザインにも注目。

220915-snap-02.jpg

個人的に気になるのは、たくさんのポケットが付いた、1990年代のレイバー風スタイル。さらにエッジーなケミカルウォッシュで、ともすればストリートキッズになりそうなところをシャープなサングラス、デザイン性のあるシャツ、ラグジュアリーな小物で大人っぽく仕上げている。

---fadeinpager---

フレアシルエットでレトロに。

220915-snap-03.jpg

最後はフレアシルエットでレトロなムードを醸す方。潔くブルーと白でまとめていて、クリーンな印象もする。1960年代を代表するブランド、クレージュのロゴが全体を物語っている気が。

text: Itoi Kuriyama, photography: Imaxtree

ファッションをこよなく愛するモードなライター/エディター。辛口の愛あるコメントとイラストにファンが多数。多くの雑誌やWEBで活躍中。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories