世界は愉快 ガーデニング編 from LA 自慢の庭、お貸しします。LA発庭版Airbnbが人気!

世界は愉快 2021.05.08

文/稲石千奈美(在LAカルチャーコレスポンダント)

美しい海にも山にも恵まれ、公園やハイキングトレイルなども身近なロサンゼルスは、大都市でありながら自然と親しみやすいライフスタイルが定番だ。とはいえ、パンデミックの真っ只中では厳しい規制が長期間続き、住人たちは猛威を振るうウイルスを憂いつつ、気軽に自然を楽しむことができなかったし、家にずっとこもっていることに飽き飽きしていた。ガーデン版Airbnbといえる「ヒーリングガーデンズ」がローンチしたのはその頃。ホストによって登録された私邸のガーデンを、時間単位で予約できるオンラインプラットフォームで、誰かさん家の門の奥にある癒しのガーデンを個人単位で解放してもらえるのだ。

210507-photo1.jpg

ヒーリングガーデンズに登録されているガーデンリストの一部。こんなところに?と思う場所にも憩いの庭やファームがあることがわかる。

個人所有の庭やアーバンファーム(都心部のプチ農家)のヒーリングパワーを共有したくて事業を立ち上げたリシとアビーは、こんな時だからこそガーデンアクセスを公開して地球や自然と繋がり、憩いを感じる庭がない人にもヒーリングを体験してほしいという。ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、サクラメントなどカリフォルニアの都市のほか、オハイオ州やカナダも含め34件のガーデンが登録され、近日中にニュージーランドとモロッコのガーデンも参加予定だ。

210506-photo2.jpgLAのダウンタウンからほど遠くないマウントワシントンにある、グリーンストーンファーム&サンクチュアリは50年間3世代にわたり大切にケアされてきたガーデン&ファーム。カリフォルニアの植物に囲まれた丘陵地に、寛げる場所があちこちに設けられている。ひとりでゆっくりしたい時は1時間予約(25ドル)、グループ利用(1時間40ドル〜)も可能。

---fadeinpager---

予約方法は2タイプ。基本はプレイベートレンタルで、契約ガーデンをサイトでブラウズし、気に入った物件を予約して料金を払う。独占予約制なので、ほかの利用者を気にせず静かにプライベートな時間を過ごし、読書や瞑想、ひとり言だって自由だ。デートのための予約も多いし、ガーデンパーティに適した庭もある。オーガニック野菜や果物を収穫したり、ヤギやニワトリと触れ合える体験型ガーデンは、特に子ども連れに人気だ。広い庭を予約してヨガや空手のクラスを教えるインストラクター、パフォーマンスの舞台として利用するコメディアンもいれば、ビデオで行うビジネスプレゼンや打ち合わせ場所にもなる。もうひとつはガーデンホストが主催するイベントタイプ。カリフォルニアらしいハーブクッキング教室やアート・草木染めワークショップ、ミニコンサートなどのイベントリストも、サイトで常時チェックできる。

210506-photo3.jpg

「ティーポットLA」という名前もラブリーなガーデンは、こぢんまりとした裏庭をエディブルガーデンに造り替えた。ピクニックブランケットを広げれば、ニワトリもやってくる。photo:Sam Rebuyaco

1210506-photo4.jpg

野菜やハーブ、果物を栽培しているエディブルガーデンが自慢のローズヒルファーム。

誰かが手塩をかけてケアしているガーデンはブーゲンビリアやサボテンあり、レモンやオレンジなどカリフォルニアらしい果樹も多い。ヤギもいれば、ヨギもいる。それぞれ個性満載なのでサイトで覗いてみるだけでも楽しく、ヒーリングが伝わってくるかも。

210506-photo5.jpg

ロサンゼルスの夕景を見晴らすローズヒルファームでディナーパーティをホストするカップル。食事は持ち込みだが、バーベキューグリルの利用ができる。料金は3時間で70ドル〜。

【関連記事】

世界は愉快一覧

texte:CHINAMI INAISHI

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories