世界のリーダーに一問一答! デビアスCEOのセリーヌが、仕事で教訓にしていること。

Society & Business 2021.12.30

大企業の社長や起業家など、世界で活躍する女性リーダー10人に質問。これまでの歩みや、いま考えていること……彼女たちの頭の中を知れば、前進するヒントになる!

セリーヌ・アシモン|Céline Assimon

デビアス ダイヤモンドジュエラーズ CEO

211213-women-leaders-06.jpg

Q.座右の銘はありますか?

最初の一歩がいちばん大変!

Q.起床時間は何時ですか?

6時15分。ひとりで娘を育てています。7時45分に娘を学校に連れていくのですが、それまでの時間が自分時間です。

Q.役職や仕事内容を教えてください。

2020年、創業20周年というジュエリー業界ではまだ若いブランドのトップに就任しました。といっても、1888年から続くダイヤモンドのカルチャーに根ざした会社。私はクリエイティブとアーティスティックディレクションを担当し、立ち上げたプロジェクトが顧客の心に響くようにチームを率いています。

Q.仕事で障害になったことは?

スイスのジュエラーであるドゥ グリソゴノのCEOをしていた時に、株主に見放されて、会社を倒産させてしまうことに。社員全員が失業保険を受けるか、転職するまで見届けました。この闘いの教訓はずっと大事にしていこうと思っています。

Q.キャリアを加速させた出来事は? 

ボルドーやナントを経て、アメリカのオハイオ州で学びました。その時にニューヨークのピアジェでインターン募集していることを知り、副社長に「働かせてください」と毎週電話したんです。しつこく粘ったら、根負けしてくれました(笑)。

Q.仕事を通じて伝えたいことはありますか?

EQ(心の知能指数)。技術で代替できない唯一のことです。

Q.常にチェックするアプリはありますか? 

100%インスタグラム! 1日2時間はやっています。交流したり、才能のある人と出会える素晴らしい場所です。

Q.メンターや人生を導いてくれた人は? 

私の祖母は美容師だったのですが、50歳前に公共事業の請負業者だった夫を亡くしたんです。それから何も考えずに夫の事業を継承し、1950年代末に男社会の中でひとり美しく活躍していました。私にとって、祖母こそが女性の経営者のイメージです。

「フィガロジャポン」2022年1月号より抜粋

photography: Léa Crespi (Madame Figaro) text: Lisa Vignoli (Madame Figaro)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories