技術者から副CEOに!ロレアルのバーバラに12の質問。

Society & Business 2022.06.17

技術者が抱くふたつの情熱は革新と研究——。ロレアル副CEO、バーバラ・ラヴェルノにフランスのマダム・フィガロから12の質問。

【関連記事】世界のリーダーに一問一答!

20220614-barbara-lavernos-01.jpg

ロレアルグループ副CEOのバーバラ・ラヴェルノ。 photo : Léa Crespi

Q1. 起床時間は?
5時45分。早朝は好きな時間帯です。ゆっくりと1日の予定を立てられる。

Q2. あなたのポストを一言で説明すると?
未来の美を創造するための科学とテクノロジーの交差点。異なる世界の間に立ち、それぞれの領域を拡張するためにそれぞれの世界を組み合わせる!

Q3. 現時点での成果は?
特許件数1万5000件。科学技術分野での発明特許件数は年間平均500件。テクノロジー部門だけで、研究者4000人、部下1500人。保有する国際ブランド数は40。悪くないでしょう?

Q4. あなたの原点は?
ババクール(ヒッピー)な両親。母はドイツ生まれの美術史家で、趣味は織物。父はノール県出身の医学教授で彫刻家です。

Q5. キャリアのきっかけとなった人物は?
文系のグランゼコール準備学級に進んだ兄です。文系では兄にかなわなかった。それで技術者を志しました。上級数学過程と特別数学過程、そして3年制の化学工学コースを修めました。

Q6. これまでに出会った障害は?
正当性への疑いです。月並みですが、これは正真正銘の障害であり、絶えずつきまとうもの。最良の正当性をもたらすのは明らかな経済的成功です。ただし、本当の成功は、成長し、限界を押し広げていくチームです。

---fadeinpager---

Q7. あなたを信頼したのは誰?
ニコラ・イエロニムス。現在のロレアルグループの最高経営責任者です。2011年のある日、ロレアルに技術者として21年間勤務した私は、自分はいまビジネス分野に心を引かれていると彼に打ち明けました。「言っておくわ。このうずうず感はすぐに欲求に変わると思う。いまは目が開き始めたところだけど、すぐによそ見をしたくなりそう……」。それに対して、彼はこう答えました。「方向転換なら、うちの会社でしたらいい」

Q8. まだこれから学ばなければならないことは?
4年前から私は素晴らしい専門家たちに囲まれています。科学、最先端研究、分子科学……。私が毎日彼らから何を学んでいるか、想像できるでしょう?

Q9. オフの時間は?
始動の時間は早いけれど、遅くまで仕事をする方ではありません。18時半~19時には夫や息子と一緒にいます。夜は緊急のとき以外、メールは読みません。大概は翌日でも間に合うものです! トップクラスの指導者の生活はハイレベルのスポーツ選手の生活に似ています。1日のスケジュールは綿密に組み立てる必要があります。

Q10. 自分を解放してくれる別角度の視点とは?
摩擦です。気の利いた言葉ではありませんが、技術者にとって摩擦はエネルギーであり、物事のぶつかり合いです。

Q11. コンディションを整えるのに頼りになる人は?
プライベートコーチのナタリー・ヴィル。元スキーチャンピオンです。ビアリッツに住む彼女のもとを訪れると温かく迎えてくれ、私がどんな質問をしても受け止めてくれます。

Q12. 影響力をどう定義しますか?
出会いの火花。いつでも、どこでも、誰とでも起こり得ること。

 

text : Lisa Vignoli (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories