【アーカイブ】5年先の定番になる、未来のタネを見つける仕事とは?

Society & Business 2023.09.19

新しい時代の、美しく豊かな働き方を考えるコミュニティ、フィガロジャポンBusiness with Attitude(BWA)では、毎月1回、より良い明日を創るために、美しく豊かに働く女性の取り組みを紹介するオンラインセミナーを開催しています。

第15回定例セミナーは、「5年先の定番になる、未来のタネを見つける仕事とは?」と題して8月18日に開催されました。今回のゲストは、大丸松坂屋百貨店が「5年先の未来の定番となるモノやコトのタネを発見し、育てる」ことを目的に立ち上げた未来定番研究所所長の笠井裕子さん。

笠井さんは、「百貨店はまちのコミュニティの拠点、暮らす人の笑顔を作れる場所だ」という想いから新卒で大丸百貨店に入社し、今年で32年目。婦人服の販売から始まり、さまざまな部署を経て、社長直属の部署である未来定番研究所の所長に2021年に就任しました。未来定番研究所では、若手と一緒になり、「皆が求めるマーケットを追うのではなく、誰もやっていないもので皆を振り向かせるものを創り出そう」と活動しているといいます。

セミナーでは、なぜ「5年先の定番」というテーマを掲げているの?という素朴な疑問から、笠井さん自身のキャリアに対する考え方まで、ざっくばらんに語っていただきました。未来定番研究所の谷中事務所で、暮らすように働くことを目指す、自然体の笠井さんのお話から明日がちょっと楽しくなるようなヒントがもらえるかもしれません。

8/18 BWA定例無料オンラインセミナー「5年先の定番になる、未来のタネを見つける仕事とは?」アーカイブ動画

笠井裕子(かさい ゆうこ):大丸松坂屋百貨店の創造型マーケティング組織「未来定番研究所」所長。1992年大丸に入社。レディスファッションの販売、販売促進を経て、大丸札幌店や大丸東京店の新店・移転計画室にてレディスファッション、店戦略、店づくりを担当。18年大丸東京店営業部長 レディスファッション担当。19年本社営業本部営業企画担当部長 販売促進・広報担当。2021年より現職。https://www.miraiteiban.jp

 

 ■BWA定例オンラインセミナー受講者募集中!

新しい時代、美しく豊かな働き方を一緒に考えてみませんか? フィガロジャポンBusiness with Attitude事務局では、毎月1回、自分らしく楽しく、周りの人や社会にも良いインパクトを与える働き方を実践する女性たちの取り組みを紹介しています。セミナーの詳細は以下「詳細を見る」からチェックして。

BWAの詳細はこちらから

 

text: Naoko Hattori

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories