カリスマトレーナーの結論! ダイエットには走るより歩くべし。

Beauty 2016.09.21

01-covermedia-14-160921.jpg

セレブ御用達のトレーナーとして知られるトレーシー・アンダーソンが、ウォーキングの効果を絶賛している。トレーシーは世界中で大ヒットしたエクササイズプログラム「ザ・トレーシー・メソッド」の考案者で、マドンナ、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロー、キム・カーダシアン、キャメロン・ディアス、ニコール・リッチー、コートニー・コックスなど、名だたるセレブたちのトレーナーを務めてきた。そんなトレーシーが、最もウォーキングを推奨しているのは意外な気もするが、彼女は以前からウォーキングの効用を認めていたのだという。
「ウォーキングが効果的な有酸素運動だということを、私は以前から認めていたのよ。年配の人たちがやるもので、運動量が足りないと思われがちだけれど、そんなことはないわ。ウォーキングは立派なエクササイズなんだから」

自身もウォーキングを実践しているというトレーシーによると、ウォーキングはランニングよりもダイエット効果があるのだという。
「大半の人にできるってところが、ウォーキングの利点のひとつ。関節に負担がかからないから、とても健康的だしね。ウォーキングは同じ動きの繰り返しだけれど、速度や歩幅などを変えて楽しむことができるから、やる気が長続きするのよ」
「ランニングはウォーキングより消費カロリーが少ないし、長時間続けることもできない。カロリーを消費するためには、汗をかいてカロリー消費が始まる段階まで続けることが肝心。だから、短時間ランニングするより、長時間パワフルに歩くほうが効果的なのよ。エクササイズのためのウォーキングをするなら、ヘッドホンで音楽を聞きながら歩いてみて。そうすれば、音楽が身体にパワーを与えてくれるから」

ニューヨークでダンサーになるべく修業していたトレーシーは、体重が40ポンド(約18 kg)増えたのを機にフィットネストレーナーに転向。現在は5ヵ所でワークアウトスタジオを展開しているほか、スタジオの床材を扱う会社も経営。また、ワークアウトビデオやオンラインプログラム、フィットネスウエアを発表するなど、年々活躍の場を広げている。

©Cover Media/amanaimages

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories