分岐点、35歳でしておくべきこと。 素肌を美しく保つために、35歳でやっておくべきこと。

Beauty 2018.02.16

肌のきめ細やかさが失われたり、睡眠不足で働くことができなくなったり。女の分かれ道となる35歳。そこから転げ落ちるか、さらにキレイが加速するかは自分次第。ならばお尋ねしましょう! 美しき先輩たち12人の、“35歳”にまつわるアレやコレや。表参道のシンシア・ガーデン代表、杉谷惠美にとって、35歳でしておくべきこととは?

180216-35sai-200px.jpg

杉谷惠美
シンシア・ガーデン代表
42歳

▼35歳で現れたエイジングサイン

以前は当たり前に保てていたことが、難しくなってきた。体重は増えていないのに体形が変わり、白髪も増え、ヘアカラーにも気を使うように。「40歳を迎えた時、どんな生き方をしていたいか?」を真剣に考え始めたのも35歳の頃。自身のブランド 、ママバターを育てながら、子どもを迎え入れるための身体作りをスタートし、36歳、37歳と続けて出産。

▼35歳でやってよかったこと

週に1〜2回、2時間程度のパーソナルトレーニングを始めたこと。精神的にもリセットできて、考えもクリアに。何ごとも時間ができたらやろう、と後回しにするのはやめて、興味があった英会話を始めたり、出かける前のベッドメイキングを習慣づけたり。酵素玄米も面倒だと思っていたがつくってみると意外と便利で、いまでも健康のために食べている。肌はファンデーションを 控える日をつくり、劇的に回復。 お付き合いのある CHICO SHIGETAさんに「ママバター(保湿クリーム)にエッセンシャルオイルを数滴混ぜてみたら?」と アドバイスをもらい、自分用にと実験的に作ったクリームがお気に入り。以来、ずっと保湿とツヤ出しに利用している。歯が白いと褒められるのは、アメリカで人気のハーブから作られた歯磨き粉の功績。

▼35歳でやらなくてよかったこと

特になし。いまはジュエリ ーをほとんど身に着けないが、若い頃は集めていた。そういうことも含め、経験が多いほど人生は豊かになる。

▼35歳でやっておけばよかったこと 

人並みの趣味やレジャースポーツ。でも、その時間を仕事に費やしたからこそ得られたことも多いので、後悔はしていない。

180216-35sai-02.jpg

「オイルを1、2滴混ぜて使用」。左:ゴールデンドロップス 15mℓ ¥ 7,560/シゲタ ジャパン 右:ママバター フェイス&ボディクリーム 25g ¥1,296/ビーバイ・イー

180216-35sai-01.jpg

2018年発売予定。20種類以上のハーブとスパイスを配合。オーロメア 歯磨き粉 フレッシュミント 110g ¥1,296/ビーバイ・イー

ー 格言 ー

物欲より経験意欲。それが大人を美しくする。

Profile

2006年、表参道にシンシア・ガーデンをオープン。その後ママバター、リンレンなどのナチュラル製品を数多く開発する。

【関連記事】
メイクアップアーティストMICHIRUのピースフルな透明感の秘密とは。

●問い合わせ先:
シゲタ ジャパン 0120-945-995(フリーダイヤル)
ビーバイ・イー 0120-666-877(フリーダイヤル)

*『フィガロジャポン』2018年1月号より抜粋

texte : KOZUE MABUNI, photos : JOHN CHAN (OBJETS)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories