夏に役立つ、デリケートゾーンのケアと正しい知識。 デリケートゾーンにも保湿って必要?

Beauty 2018.07.26

毎月の生理や妊娠・出産にも直結するデリケートゾーンは、女性にとって一番大切な部分。でも、正しくケアできている人はどのくらいいるのでしょう? トラブル予防にもつながる適切なケア方法や、快適に過ごすためのヒントを、産婦人科医のよしの女性診療所院長・吉野一枝先生に教えてもらいましょう。

09-1-bodycare-180713.jpg

特に保湿を心がけるべきは、更年期以降。

「マストではありませんが、冬場に外陰部が乾燥してかゆみを感じるようであれば、専用の保湿クリームで潤いを補いましょう」(吉野先生)

問題は、閉経前後の5年、一般的には45歳~55歳とされる更年期。潤いの元であるエストロゲンが激減することで、ドライアイ、ドライマウス、膣の乾燥など、全身の粘膜の乾燥が激しくなる。

「膣内部が乾くことで性交時に痛みを感じるほか、膣萎縮や炎症を起こし、雑菌も繁殖しやすくなります。残念ながら、その後一生乾燥は進む一方。定期的に膣用のオイルでやさしくマッサージする方法もありますが、根本的に解決するなら、エストロゲンを補うホルモン補充療法(HRT)や、レーザー治療(モナリザタッチ)を」(吉野先生)

更年期から始まるさまざまなトラブルを防ぎ、精神的な安定や免疫力のアップなど、女性の心と体を守ってくれるHRT。利用しない手はない。

吉野一枝先生
よしの女性診療所院長。産婦人科医。臨床心理士。婦人科系疾患はもちろん、心や体の悩みなど女性の人生にやさしく頼もしく寄り添うドクター。生理、妊娠、ホルモンバランスやピルの処方も気軽に相談できる。
著書に『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』(永岡書店刊)など。
www.drkazue.jp

photo:©Cavan Images/amanaimages, texte:ERI KATAOKA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories