春のとことんデトックス計画 夕食にもう一品、セロリの水餃子でデトックス。

Beauty 2019.04.17

気温が上がる春は、体内の余分な熱や老廃物がデトックスされる季節。旬の食材を上手に利用して、身体をすっきり整えませんか?
夕食のメニューにプラスしてデトックスを叶える薬膳レシピを、薬膳料理研究家・谷口ももよが提案します。今回の主役はセロリ!

セロリ
爽やかな香りのセロリは、血行促進、肝機能の改善など、さまざまなデトックス作用を持つ野菜。上がってくる熱を取り除き、不安やイライラもやわらげてくれるので、高血圧の人にもおすすめです。月経痛を軽減する作用もあるので、悩んでいる女性はぜひ取り入れて。

190319_detox_03_01.jpg

セロリの水餃子
鶏肉とおからを混ぜた種はあっさりと食べられて、胃に軽いのもうれしい一品。

【材料 16個分】
餃子の皮 16枚
セロリ 1本
おから 100g
鶏ひき肉 100g
ごま油 大さじ1
塩昆布 5g
塩 少々
パクチー 少量

<餃子のタレ>
醤油 大さじ1
酢 大さじ1

【作り方】

  1. セロリを葉の部分までみじん切りにする。
  2. 鶏ひき肉、おからを混ぜ合わせ、1のセロリと、塩昆布、ごま油、塩をよく練り合わせ種を作り、餃子の皮に包む。
  3. 鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰させたところに2を入れる。2~3分ほど茹で、餃子が浮いてきたら、30秒ほど待って取り出す。
  4. パクチーを飾り、醤油と酢を合わせたタレでいただく。

【薬膳的ワンポイントアドバイス】
セロリはデトックス作用たっぷりの食材。葉の部分まで、まるごと1本使い切りましょう。

薬膳料理研究家
谷口ももよ Momoyo Taniguchi

東洋美食薬膳協会主宰。料理教室やセミナー、雑誌、テレビ等で、旬の食材を使用した簡単でおいしい薬膳レシピを提案。また「食育薬膳」を提唱し、子どもをとりまく食文化を豊かに広げる活動にも取り組んでいる。近著に『お豆腐×お野菜でつくる美人薬膳ごはん』(キラジェンヌ刊)がある。
www.yakuzen-salon.com

特集TOPへ戻る

photo : TETSUO KITAGAWA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories