人気ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」ベスのメイク。

Beauty 2021.01.03

彼女の物語も、チェスのゲーム運びも、スタイリングも大評判。アニャ・テイラー=ジョイが演じる、Netflixの話題のドラマ「クイーンズ・ギャンビット」のヒロイン、ベス・ハーモンには、チェスの技以上の魅力が。この年末、大成功間違いなしのベス風ビューティを真似するには?

201222-beth-harmon-01.jpg

ネットフリックスのミニドラマシリーズのヒロインのビューティは、シンプルだけれど効果的。
photo:Netflix

ネットフリックスドラマ「クイーンズ・ギャンビット」のヒットぶりは、この年末の大ニュースのひとつ。高視聴者数を記録し、登場人物ベス・ハーモンはいまやリファレンス的存在に。アニャ・テイラー=ジョイが演じるチェスの天才のファッションスタイルは、アイコニックな存在になりそうな勢いだ。考え抜かれたワードローブに隠された意味もさることながら、賢く吟味されたビューティも記憶に残り、インスピレーション源になってくれることうけ合い。しかも、ヒロインのビューティディテールは、シンプルだけれど効果的、らくらくコピーできてしまう。

キャット・アイ風アイラインの引き方

このアイラインは、ベスのメイクの特徴。さまざまにメイクを変えることはないベス・ハーモンだが、必ず忠実に守っているのがこのアイラインだ。黒いコールで引いた軽いラインは、こめかみに向かって控えめに立ち上がっている。ニューヨークでのシーンでは、例外的にわずかに強いダブルラインに。太さによってキャット、あるいはキトゥン・アイと呼ばれるこのテクニックは、手間ひまかけずに目元を強調できるもの。真似するには、コールタイプのペンシル、またはアイライナーを使うのがいい。ちょっと不器用な人は、濃い色合いのシャドウをまつげに沿って筆でのせて。筆はMACのペンシルブラシがおすすめ。

フランボワーズ色のリップ

赤ほど強くなく、控えめ。ベスのリップは、決して真っ赤にはならない。ヌードカラーか、フランボワーズで、まるでちょっと唇を噛んだような色だ。控えめでマットな効果のリップは、マスクを外せる日が来たら、微笑みを際立たせてくれるに違いない。いまでは毎日のおともになったマスクにシミをつけてしまうのが怖い人は、色移りしないタイプを選ぶこと。つやつやと光る効果のグロスは、ベス・ハーモンのエスプリに合わないので避けたい。この寒い時期に特にオススメしたい代替アイデアは、色つきリップバーム。唇に潤いを与えつつ美味しそうな色味を加えてくれるものや、ナチュラルな顔料を取り入れたタイプを試してみては。

マニキュアはヌードカラー

チェスの天才の手元だけに、画面に登場することが多いけれど、ベスの爪はいつもナチュラルテイスト。ヌードカラーというチョイスだが、決して、なおざりにされているのとは違い、マニキュアが繊細な効果を見せている。きれいに整えられたフォルム、清潔でクリーンな、輝く爪。キャサリン妃のように、ヌードカラーを選んでもいいし、フレンチヌードもよさそう。あるいは、ヤスリで形を整えた爪にベースコートを塗ってツヤを与えるだけでもOK。ドラマでは、最後のゲームの時に、とっても控えめなピンクのネイルを施している。爪のフォルムについて言えば、ベス・ハーモンの爪はちょっぴり長めのオーバル。とはいえ、こちらはそれぞれ、気に入ったフォルムを選んでもいいのでは。

外巻きカールヘア

額にかかる短い前髪はちょっと勇気がいるかもしれないが、シリーズ後半でベスが見せる、外巻きカールには大賛成。長めのボブに、簡単に違う表情が生まれる。この外向きの丸いカールを作るには、毛の先端をヘアブラシかロールブラシに巻きつけてドライヤーを当てるだけ。ヘアスプレーをかければフィックスできる。完璧主義者なら、ちょっとウェーブを加えたり、額のあたりに軽く逆毛を加えてレトロなエスプリを真似てもいい。

ヘアアクセサリー

彼女のもうひとつのヘアのポイント、それはロングボブに、スカーフ(もちろんショートボブにも合う)が加えるエレガントでレトロなタッチ。ネクタイ形や、シルクの正方形タイプを巻いて、首の後ろで結ぶ。ほかに代わりになるアイデアは、スクアッシュのシーンでつけているヘアバンド。コントラストの強いものを選ぶのが効果的。

---fadeinpager---

201222-beth-harmon-01.jpg

コールのアイライン
キャット・アイ風のアイラインがベス・ハーモンのメイクポイント。

201222-beth-harmon-02.jpg

黒いアイライン
時期によって、ラインは太くなったり細くなったり。

201222-beth-harmon-03.jpg

スカーフ
ヘアバンド風に巻いたスカーフはベス・ハーモンのヘアの特徴のひとつ。長いボブにもショートボブにも合う。

---fadeinpager---

201222-beth-harmon-04.jpg

ヘアバンド
この機会に本物のヘアバンドを試してもいい。

201222-beth-harmon-05.jpg

外巻きカール
ロングボブに動きを与える外向きに巻いたスタイリング。

201222-beth-harmon-06.jpg

外巻きカール
軽いウェーブや逆毛も加えると、このヘアスタイルを完璧にしてくれる。

---fadeinpager---

201222-beth-harmon-07.jpg

フランボワーズ色のリップ
自然な色がちょっと赤みを帯びた程度のリップ、それがアニャ・テイラー=ジョイの演じるベス風メイクの秘密。

201222-beth-harmon-08.jpg

フランボワーズ色のリップ
気分によって、色付きリップバームやフランボワーズ色のマットな口紅で色味を。

201222-beth-harmon-09.jpg

ヌードカラーのマニキュア
チェス競技者である彼女の手には、ジュエリーはなく、爪もオーバルカットのナチュラル仕上げ。

201222-beth-harmon-10.jpg

ヌードカラーのマニキュア
ここではちょっとだけピンク色を加えているが、とても控えめ。

texte : Justine Feutry (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories