オスカーで熱視線! マーゴット・ロビーの無造作ポニーテール。

Beauty 2021.04.27

celebnews-01-210427.jpg

米現地時間25日、ロサンゼルスのユニオンステーションで開催された今年度のアカデミー賞授賞式。錚々たるセレブがレッドカーペットに集う中、ひときわ輝いていたのが全身をシャネルで身を包んだマーゴット・ロビーだ。

煌めくシルバーの正統派のドレスに対し、髪は低い位置でポニーテールに結んだだけ。一見、テンション低めの無造作なヘアアレンジだけど、肩の力が抜けた感じが時代のトレンドだけに、そこは計算されつくしたラフさを狙ったと見るべきだろう。ヘアアクセサリーもなく、潔いほど飾り気がない。

---fadeinpager---

実際、今年のレッドカーペットでは、あえて“何も手を加えていない風”のダウンスタイルで臨んだセレブが多く目立った。センターパートに分けたリース・ウィザースプーン、マスク姿が話題を呼んだゼンデイヤ、最優秀脚本賞を受賞した女優のエメラルド・フェネルなど、髪だけは普段のままで現れたかのようなパサッとした仕上がりなのが印象的。

艶感を出してエレガントを取り入れたデュア・リパのようなダウンスタイルもあったが、目を引いたのは、断然ラフな質感の髪型だろう。再現方法は、少量の柔らかめのワックスで毛束に軽く撫でつけただけ。あくまで無造作に仕上げるのがポイントだ。マーゴット風ポニーテールも然りで、膨らみを少しつくって低い位置で結ぶだけと、手順はいたってシンプルだ。

ただし普段着でやってしまうと、たちまち手入れしていない感が出てしまうので、ファッションとのバランスが何より肝心。その意味で難易度は高めだけれど、いますぐ取り入れて旬のスタイルに!

photo:Reuters/AFLO, texte:ERIKO KIRYUIN

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories