グレース・ケリーの娘ステファニー公女が手がけた香水とは?

Beauty 2021.12.09

グリマルディ家の末っ子が、自分のこだわりを反映した新しい香水を作った。このフレグランスは、エイズと闘う彼女の団体「ファイト エイズ モナコ(Fight Aids Monaco)」のために販売される。

211209_stephanie-de-monaco_01.jpg

2020-2021年秋冬ファッションウィークに、パリで開催されたAlterのショーに参加したステファニー・ド・モナコ。photo : Getty Images

12月1日の「世界エイズデー」に合わせて、モナコ公国のステファニー・ド・モナコは、この活動における彼女の責任を改めて証明する、新たな取り組みを発表した。王女は自身の香水を発売するが、最初に販売された800本の利益は、彼女が2004年に設立した団体「ファイト エイズ モナコ」に寄付される。

ステファニー・ド・モナコは、フランスのブランド「LM Parfums」の生みの親である調香師のローラン・マッツォーネと一緒に、彼女の個性を反映した香りを作ることを選んだ。「プランセス・ドゥ・クール(Princesse de Coeur)」と名付けられた、この高級なフレグランスは、モナコ公国のアルベール王子の妹のように「洗練された」かつ「高潔な」香りを持ち、王女自らこの香りの創作に熱心に関わったという。

---fadeinpager---

恋はセンセーション

211209_stephanie-de-monaco_02.jpg

ステファニー・ド・モナコとLM Parfumsによる香水「プランセス・ドゥ・クール」。

ベルガモットとキャロットのフレッシュな香りで始まり、ローズとアイリスのフローラルなミドルノートが現れ、そしてパチョリとホワイトムスクのウッディな香りとともに肌に溶け込んでいく。かつてステファニー・ド・モナコが「恋はセンセーション」を歌ってヒットを飛ばした、偉大な時代である「1990年代の世界に私たちを連れ戻してくれる」ような残り香だ。この欲望を手に入れ、善行を積むためには、395ユーロの支払いが必要になる(1)

(1) 香水「プランセス・ドゥ・クール」は、ウェブサイトwww.lmparfums.frおよびブランドの正規販売店でのみ購入可能。

text: Victoria Hidoussi, translation: Shiho Tatsugami

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories