毎日の水分補給は、お茶やコーヒーだけで大丈夫?

Beauty 2021.12.25

温かい飲み物を飲みながら1日を過ごし、午後3時になってコップ1杯の水を飲んでいないことに気づくことも少なくない。水分補給のためには、毎日のお茶やコーヒーで十分足りるのだろうか? 栄養学の専門医からの回答を示す。

211221_coffee_01.jpg

お茶やコーヒーで十分な水分補給をするためには、1日平均6杯も飲まなければならず、健康に好ましくない影響を及ぼす。photo:Getty Images

専門家によると、適切な水分補給をするために体が1日に必要とする平均的な水の量は2.5リットルだ。食物から1リットルの水分を摂取しても、それを満たすためにはさらに1.5リットルの水を飲むことが必要になる。しかし、水を日中に飲むことはあまり考えられないし、寒い季節にはなおさらだ。その代わりにマグカップに入ったコーヒーや紅茶を飲んで1日を過ごすことになる。しかし、それだけで水分量は足りるだろうか?

摂取量の問題

水は純粋に飲んでも、コーヒー、お茶、ハーブティーなどの希釈液として飲んでも、身体に水分を与えるという同じ働きをする。体内の毒素を排出するためだけに、摂取した水は腸、腎臓、皮膚に運ばれて、保留されることなく排出される。1日に2.5リットルの水分が排出されるので、1日中水分を補充する必要がある。

しかし、「十分な量を飲もうとすると、たとえば1日にマグカップに5〜6杯のコーヒーを飲まなければなりません。コーヒーには精神刺激物質、お茶には抗酸化物質という紛れもない効果があるにもかかわらず、これらの飲み物は多量に摂取すると健康に好ましくない影響を及ぼします。ですから、それは良い方法ではありません」とフェイザ・ボッシー医師は述べる。

カフェインの摂りすぎは、不安感や心血管障害を引き起こす可能性がある。ボッシー医師によると、1日に600ml以上のお茶を飲むことにもリスクがある。「飲料に含まれる "抗栄養 “と呼ばれる特定の要因が、食事で摂取した鉄分の体内吸収を妨げて、貧血の原因になります」とカトリーヌ・ラクロスニエール医師は、とりわけその理由を指摘する。さらに、ある種のビタミン(B1、B6)の吸収が阻害されることもある。

そのため、朝から晩まで温かい飲み物に加えて、十分に水を飲むように気を付けなければならない。特にある状況下では、身体がより多くの水を必要する。身体を動かしている時、夏場の高温、寒い季節の暖房への露出……気がつかないうちにすぐに脱水症状になってしまう。「皮膚は広大な面積を持っているため、大量の水分を排出します」とラクロスニエール医師は警告する。「授乳中の女性も摂取量を増やしてください。乳児に与える場合、母乳は十分な水分を含んでいなければなりません」とボッシー医師は付け加える。

水に風味をつける

普通の水が苦手な人には、レモン、オレンジ、キュウリなどのスライスを加えたり、ミントやセージなどのハーブを加えたりして、味付けすることを医師は勧めている。甘くしすぎないように注意しよう。スーパーマーケットで売っているシロップやフレーバーウォーターではなく、自家製のものが好ましい。

text: Julia Mokdad, translation: Shiho Tatsugami

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories