太田莉菜が手がける、サクラン配合の新コスメ。

特集

201223_20201124_FIGARO_0066+.jpg

「最初に肌になじませた時、これはいままでのものとは全然違うな、と確信しました」。フィガロジャポンのボーテスターとしても活動する太田莉菜がそう語るのは、彼女が製品プロジェクトに参加した新ブランド、コガネ。いま密かに注目を浴びている天然保湿成分、サクランを発見した北陸先端科学技術大学院大学の岡島麻衣子先生が手がけるローションは、防腐剤にも天然の発酵エキスを使用。他社製品とは比較にならないほど贅沢にサクランを配合し、こだわりの植物由来成分のみで処方した、究極の化粧水だ。

岡島先生、そしてサクランとの出合い。

まだ聞き慣れないサクランという成分。これは福岡県朝倉市にある黄金川に流れる希少な藻から摂る天然の保湿成分であり、その保水力はヒアルロン酸の約6倍、コラーゲンの約90倍といわれている。地元ではスイゼンジノリという名で呼ばれ、江戸時代には将軍への献上品として珍重されていた。もともと海洋プラスチック問題を研究していた岡島先生が、天然物からプラスチックを作るバイオ材料を探している中で、このスイゼンジノリに含まれるサクランという成分を発見。その後の研究で、スイゼンジノリは地球上で最初に酸素をもたらした原始生物、ラン藻の一種であるということが判明した。
「スイゼンジノリが何度も絶滅の危機に瀕しながらも生存しているのは、自衛のために分泌する天然保湿成サクランのおかげなのだそう。私も実際に黄金川を見に行きましたが、一瞬見逃してしまいそうになるくらいの本当に小さな川でした。ただこの土地は、阿蘇山の噴火による火山灰の堆積が地層に色濃く影響していて、サクランはそういった自然の積み重ねでしか生まれない、奇跡の天然成分。岡島先生が環境問題に取り組むなかで出合った素材だというのも素敵だと思いました。さまざまな想いやストーリーが重なって生まれたこの化粧品に、私も何かの形で参加できるなら素晴らしいなと」(太田)

201218_201218__H2A3968.jpg

田園風景の中にひっそりと流れる黄金川。

201223_2020-12-23-153.jpg

水分を掴んで網目状の皮膜を形成するサクラン。水を上から流すとゼリー状になり、水分がほとんど落ちなくなる。

完璧な処方のまま、きちんと届けたい。

サクランの優れた機能は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー治療薬としても期待されており、現在金沢大学や高知大学医学部と共同研究が進んでいる。
「最初は価格との兼ね合いもあって、処方を変えることも考えたんです。でも岡島先生の最初の配合がやっぱり最高で、このパーフェクトなものをそのまま届けたいと思いました。パッケージに関しては、プロダクトを象徴するようなロゴやマークを作りたいと思い、デザイナーと長い間、試行錯誤しましたね。近頃はシンプルなデザインのコスメが多くて、それも素敵だけど、もうちょっとコガネができるまでのストーリーがちゃんと込められた、そして、このマークがあれば安心できるような、そんなロゴにしたいなと。最終的に、3本の線で黄金川を、真ん中の緑でサクラン、縁取りのゴールドで土を表現したこのロゴが完成しました。下の英字部分には、サクランの解説や黄金川の経度と緯度などが刻まれています」(太田)

201223_20201124_FIGARO_0078+.jpg

新しさと懐かしさが共存するデザイン。乾燥を感じるときは重ねづけすると、より潤いが持続する。

まるで擬似素肌、ファンデーションいらずの質感に。

「実際に使ってみると、かなりとろみのあるテクスチャー。ジュワーっと指先で押し込むように浸透させていくと、肌に透明のバリアができるような感覚になります。それがレフ板のような役割を果たして、肌をツヤっと輝かせるんです。ファンデーションがなくても、自信が持てる肌になった感じです」(太田)。
ときにはスペシャルケアとして、市販のコットンマスクにこのローションを浸し、コットンパックをすることもあるのだとか。「そうすると潤い力がより持続して最強」(太田)。
現在、コガネとしてはローションのみの展開だが、今後は商品ラインナップも増やしていきたいそう。サクランは、繊維に織り込むことも可能だそうで、いずれは保水するアンダーウエアなどを作れる可能性もあるのだとか。

201223_20201124_FIGARO_0093+.jpg

撮影の日はセルフメイクでノーファンデだった太田さん。この美肌っぷりはすごい!

201218_201201_kogane_pictogram_out-3.jpg201218_201201_kogane_pictogram_out-4.jpg

天然の液晶分子の役割を果たすサクラン。表皮の凹凸を均一に整えて、肌をトーンアップする。

これからの化粧品選び。

「いまは、最先端のサイエンスだったり、オーガニックだったり、とにかくコスメに関する情報量が膨大。その中で何を選ぶかは人それぞれだと思うし、私もいろいろなものを試していきたいと思うけれど、私が最終的にコガネに惹かれた理由は、究極にシンプルだったから。余分なものが入っていなくて、機能としても保水、保護、保湿とある意味すごく普通。でもちゃんと安心できて、肌が疲れた時に立ち戻りたいと思える。そんな“原点”のような化粧品に関われたことを、とても光栄に思います。岡島先生は現在もスイゼンジノリを守るための環境活動を行っていて、このプロダクトを通して私もその活動に貢献したい。そうやって、肌だけでなく、環境も循環できる、そんなきっかけを皆さんと共有できたらと思います」(太田)

201223_20201124_FIGARO_0065+.jpg

コガネ オーガニカリースピリアトナー 80㎖ ¥9,350(初回限定1000本)/サクラムラボ

太田莉菜
女優/モデル
1988年、千葉県生まれ。2001年に雑誌「ニコラ」のモデルオーディションでグランプリを獲得後、数多くのファッション誌やCMで活躍。現在は女優として映画やTVドラマにも出演している。
Twitter:@whoisrinaohta
●問い合わせ先
サクラムラボ 
tel:03-6805-4438
https://koganebysacran.jp
https://www.instagram.com/kogane_bysacran

photos:NAE, réalisation : SACHICO MAENO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。