初の瞑想体験で、幸せ指数がアップ⁉

心が穏やかになる、思考がクリアになる、ストレスが軽減する……。さまざまな効果があると言われる瞑想。興味がありながらも、何から始めればいいの?参加するならどこのスタジオがいいの?と、なかなか実行に移れなかった編集TIですが、先日オープンしたメディテーションスタジオ「Medicha(メディーチャ)」の体験会にて、瞑想デビューすることができました。

190613_medicha_01.jpg

南青山のブランドショップが立ち並ぶ一角に、6月1日オープン。スタジオは階段を下りた地下にあります。

瞑想にはいくつかの種類・方法がありますが、メディーチャでは音声によるガイダンス付きのセッションを採用しています。ガイダンスは「Clear」「Reset」など英語10種類、日本語5種類が用意され、予約の際に選択可能。この日、私は「My Core」のセッションを体験しました。

さて、メディーチャだけのユニークな特長は、瞑想に入る前にふたつのステップが用意されていること。

STEP1:交感神経を活性化させる「01. Tune In」の空間で緊張状態をつくり出す。

190613_medicha_02.jpg

STEP2:副交感神経を優位にする「02. Open Up」の空間で脱力し、くつろぐ。

190613_medicha_03.jpg

まず30分間、このふたつの部屋を自由に行き来します。眩しいほどの光と抑揚のあるサウンドに包まれる「01. Tune In」の部屋、暗闇に星空のようなライティングがゆったり点滅する「02. Open Up」の部屋、その時々のコンディションによって、どちらを心地よく感じるかは異なるそう。ふたつの空間に身を置くことで、日常の思考優位な状態が感覚優位な状態へとスイッチされ、瞑想に入りやすくなるのだとか。

そして「03. Shift」の部屋へと移動し、いよいよ瞑想タイムへ。

190613_medicha_04.jpg

天然の木や竹があしらわれたドーム型の室内、参加者は円になって座ります。

深い呼吸に始まり、ガイダンスの音声に導かれる30分。心理学や神経科学を取り入れたプログラムは、セルフマネジメント研究の第一人者、ジェレミー・ハンター氏がメディーチャのために手がけたものです。

190613_medicha_05.jpg

瞑想前には、LA発ブランド「UMA」のブレンドオイルの香りで、深呼吸してリラックス。

次第に夢と現の境目のような状態を経て……。メディテーション終了後は、凪いだ海のような静けさが全身に広がっていました。

その余韻を楽しみながら、最後のステップへ。「04.Align」の空間では、お茶をいただきひと息ついて、セッションの効果を落とし込む時間を持ちます。

190613_medicha_06.jpg

こだわりの茶道具を愛でながら。瞑想の気づきや浮かんだアイデアを書き留める筆記用具も用意されています。

初の瞑想体験を振り返ると、劇的な変化はありませんでしたが、その日は身の回りの小さなことがいつもより幸せに感じられた気がします。たとえば、昼食にいただいたお味噌汁がじんわり染み入るおいしさでうれしくなったり、仕事のメールをすべて返信し終わった時の達成感が大きかったり、お風呂上がりにさぼらず脚マッサージできたことを誇りに思ったり……。本当に小さな幸せ(笑)。

情報過多の現代、自分だけにフォーカスする時間って案外少ないですよね。自身の内面に向き合う瞑想のひと時は、脳内を整理し、感性に豊かさをもたらしてくれるのではないかな?と感じました。メディーチャのプログラムはそのプロセスに自然と導いてくれるので、初心者でもトライしやすいはず。私ももう少し回数を重ねて、変化を観察してみたいと思います!

Medicha
東京都港区南青山5-3-18 BLUE CINQ POINT C棟B1
営)14時~23時(火~金) 11時~19時30分(土、日、祝)
休)月(祝日の場合は営業、翌日休)
https://medicha-jp.com
●利用料金:¥8,640(80分)※事前予約制、サイトにてオンライン決済

 

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。