頭皮と髪がキレイだと、顔の肌もキレイ?

「頭皮は髪の毛という作物の畑。生えてくる植物=髪の毛が健やかで良質になるには、畑=頭皮も栄養がいきわたった良い状態でなければならない——」

これはずっと昔、ヘアのテーマのために取材した際に言われた言葉。ずっと心に残っている印象的な言葉です。

いま書店に並んでいる最新号2020年11月号のなかの美容テーマ「ボーテスター キレイのために、いまできること。」特集内ビューティチャレンジのコーナーでフィガロの美容アンバサダー・ボーテスターの安倍佐和子さんも、ぜひ受けてみたい!と興味を持たれていたヘアの施術を受けてきました。

青山の有名サロン「アマータ」とフランス発信のラグジュアリーブランド「シスレー」の“ヘア リチュアル” シリーズがタッグを組み、今夏から2021年夏まで期間限定で提供する新トリートメントです。頭皮と毛髪そして頭皮と地続きである顔の素肌との関係について、昔取材で聞いた印象的な言葉がよみがえってきました。

---fadeinpager---

私編集KIMは、ヘアに関しては、スタイルや色よりも、質感の美しさにこだわるタイプ。もともと髪がまっすぐで重いので、無理にカラリングしたり、カットにこだわってスタイルを重視すると、自分らしい個性が表現できないのです。ロングヘアにして「広い面」で髪の質感を主張したいため、ずっと同じヘアスタイルにしています。

老化、ストレス、紫外線……肌と同じように、髪も現代的な生活に傷めつけられているので、ご褒美をあげたくて、アマータ×ヘア リチュアルの施術を選んだのですが——ジャジ~ン! 結果はこのように、髪が素直に、ふんわりと、ツヤを纏いました!

200917-IMG_6258.jpg

ふわふわで柔らかく、自分自身で自分の髪に触れて気持ちいい。金曜日の夜にしていただいた施術ですが、幸せな気分に浸りました。

頭髪分析マシンのヘア リチュアル アナライザーで、髪や頭皮に関する悩みを診断。もちろんマイクロスコープのようなカメラで、頭皮と毛髪の状態もチェックします。ゲストひとりひとりに合う施術は何か、どういう仕上がりを求めているか、などをじっくり聞いてくれ、そしてこちらからも伝えられるので、その丁寧さが最後の満足度に繋がっているのだと思います。

200917-biyoubiyori-01.jpg

私の髪と頭皮、なかなかの好成績でした。ふむふむ。

---fadeinpager---

シスレーは、植物の香りが心地いいプロダクトのブランド。とてもラグジュアリーで、心地よさと肌を改善してくれる効果、両方に恵まれた洗練された大人のコスメティックです。ヘアケアのシリーズが登場した時には、フィガロジャポンはもちろんさまざまな媒体でヘア部門でのベストコスメを得て、私も個人的に大好きなブランド。

200917-IMG_6255.jpg

このシスレーをヘアケアアイテムのみならず、スキンケア&ボディケアのものまで使用して、贅沢な120分を過ごせるのが、このトリートメントの魅力。

頭皮診断後、ネック&デコルテを「クレーム プール クー N」で、目元を「ブラックローズ アイ コントゥール フリュイド」でお手入れしていただきます。
その後、「ヘア リチュアル プレシャンプー ピュリファイング マスク」(クレンジングマスク)で頭皮と毛髪の汚れをオフ。
診断時に3種類の中から選んだ自分に合ったタイプのシャンプーで洗髪してもらい、「ヘア リチュアル ヘアケア マスク」を。
最後に「ヘア リチュアル フォーティファイング セラム フォー ザ スカルプ」で整え、仕上がりの好みで再び3種からアウトバストリートメントを施して、ブロー。

金曜日の夜に受けた施術ですが、帰り道、髪は触っていても、まるでそこにないみたいに軽い。そしてアタマが軽い、首の疲労感がなくなる、何より目がぱっちり開いて、顔の素肌が明るくなりました。

アタマって、ストレスの溜まり場です。そこを癒されることによって、肌は明るく、気持ちも軽くなります。ちょっぴり贅沢なご褒美。キレイのために、いまできること、私の場合はコレでした!

AMATA/アマータ
東京都港区南青山6-4-14 INOX AOYAMA 5F
tel : 03-3406-1700
営)11時~21時(月、木~土) 10時~19時(日、祝)
休)火、水
「アマータ × ヘア リチュアル」120分 ¥19,800
www.pro-feel.net

シスレージャパン
tel : 03-5771-6217
www.sisley-paris.com

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。