Blog

  • HOME
  • BLOG
  • パリ街歩き、おいしい寄り道。
パリ街歩き、おいしい寄り道。

シテ島での定番朝ごはんと、5区の新しいパン屋さん。

IMG_8264-akikokawamura-181113.jpg

数日前から、おいしいクロワッサンと天井の高い空間が恋しくなって、このブログにも数回登場しているレ・ドゥ・パレに行きたいなと思っていた。
ちょうど近くで、夏前からオープンを待っていたパン屋さんが数週間前にやっと始動したところだ。
まだ金曜から月曜のみの営業。
ならば、月曜は朝からカフェで仕事をしてその帰りに寄ろう、と12月に発売の決まった本のゲラを抱えて、レ・ドゥ・パレに向かった。
初めてこの店に入った朝も雨が降っていたからか、雨の降る朝に店内に漂っている空気が、いちばんすっと自分にはなじむ気がする。
外は暗くて、夕方のように店中に灯りがついて、写真を撮ると色がオレンジだ。
カフェ・クレームとクロワッサンを頼む。
相変わらずここのクロワッサンは好みだ。
原稿を前にあまりに考え込んでいたからか、サービス係のムッシュが、遠慮気味に「もう少ししたらランチタイム用のテーブルクロスをかけたい」と言ってきた。
時計を見ると、ほぼ12時。
周りのテーブルにはすでにクロスがかかっていた。
あと15分で出るので、と伝えて片付け始める。
入り口にはすでに席に案内されるのを待つ常連客たちがいた。


セーヌ川を左岸に渡り、シェイクスピア書店の方向に曲がる。
新しくオープンしたパン屋さん、Circus(サーカス)(でもフランス語読みでスィルキュスとみんな発音する。ちなみにフランス語でサーカスはcirque)は、3区の大人気カフェFragmentsが始めたブーランジュリーだ。
店の外から窓越しに店主・ユセッフの姿を見つけ、ドアを開けて入ると甘い香りがした。
「蜂蜜の匂いがする」と言うと
「シナモン・バンのシナモンじゃない?」と言われたので
「シナモンなのかなぁ? 蜂蜜っていっても、栗の木の蜂蜜の匂い」と伝えると、「まただよ!」とパンを焼いているジュリーに言いながら、途端に大笑いし始めた。
私のほかにもまったく同じように、栗の木の蜂蜜の匂いだと言った人がいたらしい。でも、使っていないのだそうだ。
店ではいまのところ天然酵母で作る5種類のパンを売っていて、ベンチがふたつあり、イートインもできる。
インスタグラムで見て、食べたいと思っていた5種のシード入り食パンを買おうとしたらちょうど焼いているところだった。
それでシナモン・バンとカプチーノをもらい、待つことにした。
ユセッフの淹れるカプチーノは本当においしい。
もちもちのシナモン・バンは甘さ控えめで、だからカプチーノと一緒に食べてもくどさは全然なく、ちょうどよかった。
店の奥には窯があり、スタッフが揃ったら、自家製のチーズを使った、ミニ・ピザがイートインできるようになる。
その前にまずはクロワッサンとパン・オ・ショコラを作ることが次のステップと言っていた。
香ばしい匂いを放つ、まだ温かいシード入りパンを手に、家に帰った。

IMG_8277-akikokawamura-181113.jpg

IMG_8303-akikokawamura-181113.jpg

IMG_8308-akikokawamura-181113.jpg

IMG_8283-akikokawamura-181113.jpg

IMG_8314-akikokawamura-181113.jpg

IMG_8316-akikokawamura-181113.jpg

川村明子

フードライター
1998年3月渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリにて料理・製菓コースを修了。
台所に立つ時間がとても大事で、大切な人たちと食卓を囲むことをこよなく愛する。オペラ座でのバレエ鑑賞、朝の光とマルシェ、黄昏時にセーヌ川の橋から眺める風景、夜の灯りetc.。パリの魅力的な日常を、日々満喫。
Instagram:@mlleakiko、朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」も随時更新中。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。