Blog

  • HOME
  • BLOG
  • パリ街歩き、おいしい寄り道。
パリ街歩き、おいしい寄り道。

ビストロ「レ・ザルロ」と、オリーブオイル。

IMG_7098-akikokawamura-180718.jpg

IMG_7103-akikokawamura-180718.jpg

IMG_7109-akikokawamura-180718.jpg

去年の秋から、とても気に入っているビストロがある。
10区のレ・ザルロ Les Arlots。
ただ、なかなか予約が取れない。
前に一度食べたソーセージがすばらしくおいしかった。
お肉を、挽いているのではなくて、包丁で叩いている
のではないかなぁ。えらくジューシーで食べ応えある
ものだったのだ。もう一度食べたい、と何度も予約を
試みて、幾度も振られた。
久々にランチに行けることになり、おなかをすかせて
向かった。
小さな店内にテーブルが所狭しと並んで、そのごちゃ
ごちゃした感じがとてもパリっぽい。
残念ながらソーセージはこの日のメニューになかった。
いまは、夜だけ提供しているらしい。
ランチのメニューから、ガスパチョと鶏のメインを
選んだ。
つなぎのパン粉が少なそうなサラサラのガスパチョは、
トマトよりもピーマンの味がして、きりっと口の中を
すっきりさせてくれた。
続く鶏のローストも、初めてだけど馴染みある味で、
おいしかったなぁ。
このお店はスタッフがいつも本当に感じがよいのだ。
バカンス前は7月28日までだそう。
それまでにもう一度行けるといいな。


友人と別れ、メトロ2番線に乗る。
ペール・ラシェーズで降りるつもりだったのだけれど、
オリーブオイルが切れていることを思い出した。
それで、コロネル・ファビアンで下車し、
10区のrue Sainte Martheにある
ラ・テット・ダン・レゾリーヴへ。
ここのオリーブオイルは、作り手さんごとに名前が
付いていて、瓶詰めして売っている。
ここ数年気に入って買っているアルファノさんの
オイルを求めようとすると、2種類あった。
味見させてもらうと、ノッチェラーラ
というほうが好みだった。
帰ってきて、前に買った瓶の裏に貼ってあるラベルを
見ると、ノッチェラーラと記されていた。

IMG_E7116-akikokawamura-180718.jpg

IMG_E7117-akikokawamura-180718.jpg

川村明子

フードライター
1998年3月渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリにて料理・製菓コースを修了。
台所に立つ時間がとても大事で、大切な人たちと食卓を囲むことをこよなく愛する。オペラ座でのバレエ鑑賞、朝の光とマルシェ、黄昏時にセーヌ川の橋から眺める風景、夜の灯りetc.。パリの魅力的な日常を、日々満喫。
Instagram:@mlleakiko、朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」も随時更新中。

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。