Editor's Blog

長野の車山高原でハイキング。

こんにちは、編集NSです。暑い日が続きますね。避暑と夏山を楽しむため、長野の車山高原に行ってきました。

車山高原は、開けた山頂からの眺めで有名なところ。東から南にかけては八ヶ岳連峰や富士山、南から西にかけては南アルプスや中央アルプス、西から北にかけては北アルプスと、2000~3000メートル級の山々を一望できます。しかも1560メートルの麓から1925メートルの山頂まで、2本のリフトを乗り継いで行くことができるんです。気軽に、子連れでも、ハイキングを楽しめます。この日は麓からリフト2本~車山山頂~車山肩~車山乗越~麓という、子どもと一緒に歩いて2時間半くらいのコースを選びました。

180717-kurumayama01.jpg

1本目のリフトを降りてからの眺め。正面に見えるのは蓼科山です。まだほとんど歩いていませんが、こんな絶景を楽しめるんです。

180717-kurumayama03.jpg

車山山頂から車山肩にかけては、ゆっくりと下っていきます。曲がりくねったビーナスラインが遠くまで延び、走るクルマはミニカーのように見えます。

180717-kurumayama05.jpg

鮮やかな山吹色のニッコウキスゲ(ゼンテイカ)が見ごろでした。一日しか咲かないそうで、英語では「Daylily」。ほかにもハクサンフウロ、ウツボグサ、キンバイソウなど、数は少ないものの高原植物が見られます。

180717-kurumayama06.jpg

こんな風に、ところどころにニッコウキスゲが群生しています。電気柵に囲まれていて、それが残念だと感じましたが、悪さをする人間のためではなく、シカによる食害を防ぐためだそうです。

180717-kurumayama07.jpg

車山肩から見る車山湿原。来てよかった!と思える雄大で美しい眺めです。湿原は盆地状になっていて、さっきまでの道よりも湿度が高く、植生もちょっと異なります。

180717-kurumayama08.jpg

登山道は整備されていますが、このように大きな岩が転がる道も多いです。

地上2000メートルに近い山でも「けっこう暑い!」と感じましたが、時々吹く風はとても気持ちのいいものでした。高原ならではの開放感があって、気軽にハイキングを楽しめて、帰りに立ち寄れる温泉や野菜の直販所がいくつもあって。夏のお出かけ先の候補に、いかがでしょうか。

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。