Editor's Blog

旅する料理教室とベトナム。

こんにちは、編集Tashiroです。
先日、素敵なコンセプトの料理教室に参加してきました。

180710-TOP.jpg

青山にあるハウス オブ ロータスのキッチンで、ディレクターの桐島かれんさんが旅してきた色々な国の料理教室を季節ごとに体験できるというもの。
その都度、テーマとなる国や先生も変わります。
私が参加した回は、ベトナムがテーマ。
講師は、西麻布にあるベトナム料理店「kitchen.」のオーナーシェフである鈴木珠美さん。
越南・サイゴンの郷土料理より、あさり出汁のフォーと、生春巻きの作り方を教えていただきました。

180710-2.jpg

鈴木さんのデモンストレーションを見て勉強した後は、
実際に生春巻きを巻いていきます。
今まで我流で巻いていたのでなんとも見栄えが悪かったのですが、
プロならではのコツを教えて頂けて、見違えるようにきれいに巻けるように!
こういうちょっとしたことや手間暇の積み重ねで、出来栄えが全然変わってくるから料理って面白い。

180710-差し替え2.jpg

180710-差し替え3.jpg

真剣に料理を習っている間、かれんさんによる美しいテーブルセッティングが完成しておりました。
使われている器やカトラリーはベトナムのもの。
グラスはモロッコのものだそう。
すべてではありませんが、一部お店で購入できるものもあります。
ハーブたっぷりのバインセオや、常温からじっくりと揚げた手羽先のサイゴン揚げなど、
目にも美しいベトナム料理が次々とふるまわれます。

180710-6-2.jpg

デザートはアボカドのシントー。
かれんさんが一人一人にサーブしてくださいました。

料理教室に参加したメンバー同士はほぼ初対面でしたが、
ベトナムのビールときりっと冷えた白ワインを飲みながら旅の話をし、
かれんさんを囲んでのおしゃべりが止まらない楽しい夜でした。

次回の料理教室は、どこの国がテーマになるのかも楽しみです。(インドとのウワサも!)
料理教室は不定期開催なので、ハウス オブ ロータスのホームページもしくは、インスタグラムをチェックしてくださいね!

また、タイの伝統工芸である野菜の彫刻「ベジタブルカービング」のワークショップも開催決定。
カービングを施した野菜はピクルスにして自宅用に持ち帰れるそう。
開催日時は8月9日(木)14:00~18:00で、定員は10名。
先着順で定員に達し次第、募集は終了となりますので、
ご興味のある方はお早めに!

ARCHIVE

MONTHLY

     

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。