Editor's Blog

オイルとお酢と塩で、幸せな食卓。

おいしい梅干しとお米と味噌と海苔があれば......。ですよね、日本人としてはその感覚、共感します! でも豊かな時代ゆえ、和の世界以外にも興味を持ちたい。そこでおすすめなのが、オリーブオイルと、ビネガーとお塩。

190909-IMG_3308.jpg

南フランス生まれのメゾンブレモンド1830のオリーブオイルとハーブソルトとトリュフビネガー。これだけで、料理の味わいに変化が出るのです。左から、フレーバーエキストラバージンオリーブオイル バジル缶100ml ¥1,620、エキストラバージンオリーブオイル バスティデッド250ml ¥3,456、ソルトプロヴァンス産ハーブ 90g ¥1,728、白トリュフコンディメント白バルサミコ 100ml ¥3,456

フランスでチーズを食べるとふんわりとハーブの香りがしたり、オリーブオイルも緑の香りや独特の苦みを感じたり。土地のものを使えば、その土地の風味が食卓に運ばれてくるのが調味料というもの。そこで、週末に作ってみました~。

---fadeinpager---

桃とバジルの白バルサミコ酢かけ

190909-IMG_3309.jpg

超簡単! そして、ホームパーティの前菜として活躍しそう。
材料:桃1個 バジルの葉適宜 白トリュフコンディメント白バルサミコ適量

作り方:桃を切る。好みのサイズ感で。盛り付けたら、白バルサミコ酢をかける。甘さを抑えたい場合は多めに。上にバジルの葉だけを、細かく切ってのせる。
桃って甘すぎるので、前菜で食べる際に、生ハムと合わせたりしますよね。そこまで甘じょっぱい味にはならないのですが、このレシピなら、甘さが締まって、これから食事、という時には爽やかな前菜になります。女性が好きな桃なので、家での女子会にいいかも。

---fadeinpager---

野菜スティック+バジル風味ヨーグルトディップ

190909-IMG_3315.jpg

材料:あなたが好きな野菜。写真はセロリ、キュウリ、コリンキイ、ニンジンなど。大根、カブ、トマト、キャベツなどでも。プレーンヨーグルト ソルトプロヴァンス産ハーブ適量 フレーバーエキストラバージンオリーブオイル バジル適量

作り方:風味が混ざるようにディップから先に作る。ヨーグルトにバジルフレーバーのオリーブオイルと、ハーブソルトを入れてかき混ぜる。今日食べたい!という野菜をスティック状に切る。あとは盛り付けるだけ。サラダドレッシングとして使ってもOK。
ヨーグルトを料理に使うようになったのはトルコ出張に行って以来。ヨーグルトに味付けしたものは、けっこう使えます。このディップもオイルの苦みやハーブの風味がしっかりついて、大人のディップです。

---fadeinpager---

残りもの野菜の大着スープ

190909-IMG_3318.jpg

材料:あなたの冷蔵庫やストック箱に残っている野菜。写真は、ジャガイモ、ズックーニ、ニンジン、玉ネギ、シメジ、エリンギ、モロッコインゲンなど。根菜、緑黄色野菜、キノコ類などがバランス整っているとカラダにもいい! ※玉ネギは必須です...... ハムなど加工肉もの 固形スープの素 エキストラバージンオリーブオイル バスティデッド ソルトプロヴァンス産ハーブ

作り方:野菜を切る。繊維の方向にだけ注意して、好みの食感が残るサイズ感で構わないが、玉ネギだけは細切りに。鍋にエキストラバージンオリーブオイルを入れ、玉ネギを色づくまで炒める。残りの野菜と加工肉を入れる。水を野菜が隠れるくらいまで入れ、スープストックを入れてコトコト煮る。ハーブソルトで味を調整する。

190909-IMG_3314.jpg

これはmadameFIGARO.jpでパリジェンヌ連載をしてくれているパリのコーディネーター、鈴木ちゃこさんからのお土産の野菜ブイヨン。これだけでも十分味が出るのですが、ハーブソルトで調整すると味わいが深まります。

---fadeinpager---

マリネ豚肉のソテー

190909-IMG_3320.jpg

材料:豚肉(ヒレブロックで作りましたが、生姜焼き用の肉でもOK) 付け合わせの野菜(適当にオイル炒めでおいしそうなものを) 白トリュフコンディメント白バルサミコ ソルトプロヴァンス産ハーブ 黒コショウ

作り方:白バルサミコ酢とハーブソルトを合わせてマリネ液を作る。そこに豚肉を浸して漬けこむ。肉の厚みにもよるが、半日など長めに漬けても大丈夫。フライパンを熱し、エキストラバージンオリーブオイル バスティデッドをしいて、肉を焼く。なかなか熱が通らない場合には、フタをかぶせて蒸し焼きに。最後に黒コショウをふる。フライパンに余ったオイルで野菜を焦げ目がつくくらい焼く。香ばしい風味が出るので、味付けしなくてもOK。
ビネガーのおかげでお肉も柔らかくなります。豚肉でなくてもおいしいです、チキンでも牛肉でも好みのものを。

---fadeinpager---

190909-IMG_3311.jpg

最後に、突然の思い付きで作った、というか「混ぜた」のは卵かけごはん! 格闘好きKIMはテレビで、格闘家の角田さんの「卵かけごはんにゴマ油をかけるとバツグンに旨くなる」、というコメントを聞いて、常々やっておりました。そこで、ゴマ油の代用としてフレーバーエキストラバージンオリーブオイル バジルと、醬油のかわりにソルトプロヴァンス産ハーブを入れて生卵を混ぜました。これが絶品! 口の中にハーブの爽やかな香りが広がり、さっぱりした味わいに!

キッチンに置いて気持ちも上がる、おしゃれな調味料。ちょっと背伸びして、いつもとは違う味を求めて、使ってみませんか?
メゾンブレモンド1830とフランスを愛するフィガロはタッグを組んで、定期購読コースも販売中。ぜひお試しください。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。