Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 猫ごころ 巴里ごころ
猫ごころ 巴里ごころ

画家ダリをインタビューしていたあの頃。

「カーライル、ニューヨークが恋したホテル」の試写の後、近所に住むソフィー・ドゥ・タイヤックと夕食に出かけた。ニューヨークに住んでいたソフィーが、最後にカーライル・ホテルに行ったのは、ウディ・アレンがクラリネットを演奏するジャズ・コンサートを聴きに行った時だという。

 パリにいるソフィーの妹のヴィクトワール・ドゥ・タイヤックが手掛けている十九世紀の自然化粧品、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」もソフィア・コッポラが絶賛するこのスノッブ・ホテルに置いてあるそうだ。

 マシュー・ミーレー監督のこの映画は、ドキュメンタリーになっていて、支配人からフロント、ルームメイド、バーテンなどに、話をきいているが、エレベーター係のエピソードが面白い。

 「ある日最初にダイアナ妃、次にマイケル・ジャクソン、それからスティーブ・ジョブスがふらりと乗ってきた時は、さすがの僕も驚きましたよ」

 ケネディー元大統領も、十二歳の頃から、スケート靴を履いて滑って入ってきていたというし、マリリン・モンローのためには、特別の秘密の出入り口があったという。

 宮殿ホテルというと、いかにも堅苦しいイメージだけど、カーライルでは、家庭的なサービスなのが人気の秘訣らしい。

 東京だったらどのホテルだろうとソフィーと考えたけど、思いつかない。これから益々国際都市になっていくのに、ホテル・オークラの旧館もなくなったし、古いものはなにもかも壊してしまうこの都市では、こうしたホテルができるのは難しい。

190627-kasumiko.jpg

 「久しぶりに、夕食でもどうですか?」

 フランス料理界の名シェフ、吉野建さんからお誘いがきた。場所は銀座の「タテルヨシノ」ではなく、広尾の「ラ・トルチュー」だという。

 吉野さんがパリで開いていたフランス料理店「ステラ・マリス」は、私がパリに住んでいた頃、話題の店だったし、有名人や三ツ星シェフも食事にきていて賑わっていた。今考えれば吉野さんは、パリの日本人スターシェフのはしりだったのだ。

 フィガロ・ジャポンの5月号「おいしいパリ」で、次世代シェフとして登場している「メゾン」の渥美創太さんも、「ステラ・マリス」で修行してから独立していて、吉野さんのお弟子さんなのだ。

 当日吉野さんの晩餐会は、黒山羊のカルパッチョに始まり、次はクジラのアーティーチョーク添え、と進み、その後は肉片の載った大皿が運ばれてきた。
 「バーベキューにしましょう!」と吉野さん。
 「あの、それは何肉ですか?」と赤味の肉を指差した。
 「熊ですよ。ジビエです」
 「あの、あの、熊さん、、」驚いて、絶句してしまう。頭の中はシュタイフのぬいぐるみや、プーさんのイメージが駆け巡っていたけど、そこまできて、逃げ出す訳にもいかない。
 「でも、臭いが」と言うと、
 「まったく臭くないですよ。熊は普段は木の実を食べているから」
 こうして生まれて初めての、ジビエの王者、
熊のバーベキューが始まった。なるほどそれは結構上品な味だった。 

 今月末には幻冬舎から、『反記憶』というエッセー集を出版する。これまで取材した人たちについてのエッセー集。生まれて初めてのインタビューは、ノーベル賞作家のル・クレジオ、ふたり目はバルセロナで画家のサルヴァドール・ダリだった。それから半世紀後のいまもまだインタビューをしているのだから、自分でも呆れてしまう。

村上香住子

フランス文学翻訳の後、1985年に渡仏。20年間、本誌をはじめとする女性誌の特派員として取材、執筆。フランスで『Et puis après』(Actes Sud刊)が、日本では『パリ・スタイル 大人のパリガイド』(リトルモア刊)が好評発売中。食べ歩きがなによりも好き!

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。