Blog

  • HOME
  • BLOG
  • オトコが好きなファッション!? ライターの本音トーク
オトコが好きなファッション!? ライターの本音トーク

この男たちは最高にお洒落カッコいいぞっ。30年前とはいえども。

大好きな、とある海外の曲の歌詞に出てくる、
「When I was a very small boy,〜」
【僕が小さな子供(=少年)だったとき】
のフレーズを聞くたびにいつも、

「おれは小さな子供じゃなく、小さな大人だよっ!」

と、誰に言いたいのかも分からないツッコミを頭の中で行い、
もやもやしてるファッションライターです。

困るわ〜、こーゆーの。
純粋に音楽に浸れないじゃん。
もうさ、普通にですよ、
「Child」(チャイルド)
って歌詞にすればいいじゃん。
微妙なニュアンスの違いがあるんでしょうけども。
英語しゃべれない私には分かんないですけども。

真面目な話、私は日本語でも、
「自分が小さかった頃は〜」
なんて表現、まずしないですからね。
昔のことを語ってる感覚になれないモンで。

たまに間違えて、「小さかった頃は」と口にしたときに、
「あ、いまでも小さいんですけどっ」
と笑いを取りに行くものの、
相手が笑っていいのか困っている顔を見るときの寂しさったら。
笑ってくれよぉ。
頼むよー、立場ないじゃんかよぉ。
 

えーーーーーーーー、今回も無駄話だらけですが、本題とまったくの無関係というワケでもなく。

本題。

マッドネス(Madness)
ってバンドをご存知ですか?
知らないですよね、たぶん。
70年代後半〜80年代に、イギリスで国民的な人気だったことなんぞは。
歴史好きな洋楽ファンか、おじちゃん、おばちゃんでもないと知らないでしょう。

小さなおじちゃんの私も、もう長いこと存在を忘れてました。
でも近ごろちょいきっかけがあり、見たことのなかった昔のミュージックビデオをyoutubeで探してみたら、
この人たち、やっぱカリスマだわ!
と思ったしだいです。

当時としてもレトロな、1950〜60年代のファッションを着こなす男たちが、ゆる〜くふざけ倒してる。
でも、歌詞の内容は、庶民の暮らしぶりを淡々と物語るシンプルなもの。
ときには、重く暗く悲しく。
ただしそのメロディは、ポップで美しい。

なんでしょう、このギャップのスゴさ
大所帯のバンド全員で、これを続けてきたスゴさ
スターなのに、スターになろうとしないスゴさ
大人なのに、少年であり続けるスゴさ
苦しみを、笑いのオブラートに包むスゴさ
子供から大人まで、共感を呼ぶスゴさ

それではご覧ください〜。
フィルム時代の荒れに荒れた映像でお届けする、マッドネスです。

★最初の30秒がすべて
 

One Step Beyond

初期の代表作です。
実際の曲とは無関係な、最初の30秒にヤラれます。
音楽そのものに興味がある人以外は、このあとは見なくてOKです。

 

★ファッション、メロディ、ダンス

Baggy Trousers

黒のロングコートにブルーデニム、白シャツ。
決め手は短髪にサングラス。
短髪、短髪!
男の髪型の理想ですよ、ええ(と言い切る)。

双子のようなメインボーカルとコーラスの、ダンスというか身体の動きも最高です。
メロディもいいですよね。
歌詞は、「学校では悪いことやってたなー、面白かったなー」ってお話。
でもワルといっても、
先生にいたずらする、可愛げのあるワル。
 

★こんなにイケメンだったっけ?
 

Our House

たぶん、マッドネス最大の世界的ヒット曲。
ボーカルが、襟の細い、60年代スタイルのジャケットを着てて最高にクール。
やっぱ短髪ですよ、短髪(しつこいわ)。

メンバーの服装は、時代がもっと古く、30年代くらいですかね。
全員がハンチングを被ってますが、これは労働者階級のシンボル。
さりげなく自分たちの立場を示しております。

歌詞は、3人兄弟のいる家族のドタバタの日常について。
ほんわかした内容に思えますが、これは過去の出来事。
「楽しかった時代だった」、と末っ子の主人公が思い返しています。
実は奥深い歌詞なんです。

★この真っ黒ファッションは、イマドキなんでは
 

It Must Be Love

 

メンバーの服装は、全員真っ黒。
泥棒っぽい、怪盗っぽい。
ボーカルは、ハイウエストのルーズパンツに、タイトな黒ニット。
頭にはハンチング。
いまこの格好で、街歩いたらカッコいい気が。

歌詞は、ふつーです、ふつー。
タイトルのまんま。

★カリスマたるゆえんは、暗く重い歌詞あればこそ

Grey Day

 

80年代に、世界的にカリスマバンドと呼ばれたのが、同じくイギリスの「ザ・スミス(The Smith)」。
大きく支持されたのは、音楽の良さだけでなく、
ボーカルのモリッシーによる(彼も労働者階級)、辛い境遇を綴った歌詞によるところ大でした。
生きるために望まない仕事をしていたり、コンプレックスを抱えていたり、
日常が幸せでない人々に大きな励みになったという。

ほら、落ち込んでいる人に、
「元気出しなよ」って、上から目線で言ったところで、
元気なんか出るワケないじゃないですか。
自分も悲惨だって話でもしたほうが共感できて、
「一人じゃない」って思えますよね。
(そう単純な構図でもありませんけども)

マッドネスのこの曲、「グレイ デイ」は、最初から最後まで救いのない歌詞です。
「朝起きると身体の関節が痛い。外では雨が降っている。今日もまた、憂うつな一日が始まる」
これがサビです。

81年のUKチャートで、最高位4位。
彼らもまた、カリスマでございます。

現代において、こんな歌詞、こんなメロディをヒットチャートに送り込めるグループってあんのかなー?
とくに我が国において……。
あ、そーか、握手券つけたCD売りまくればいいのか。
何百人の男の子を集めて、「私たちは決してホストクラブじゃない」とか言ってね〜〜。
(皮肉はよせ、皮肉はっ)

ファッションライター高橋一史 過去ログ一覧

高橋 一史

明治大学&文化服装学院卒業。編集者がスタイリングも手がける文化出版局に入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。担当ジャンルは、ファッション&音楽。退社後はフリーランスとして、原稿書き・雑誌編集・コピーライティング・広告ディレクション・スタイリングなどを行う。
kazushi.kazushi.info@gmail.com

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。