パリ風!? ママスタイル

サイエンスの技が光る「琥珀糖キット」はまるで宝箱

IMG_0144.jpg

日本で唯一のサイエンス・インターナショナルスクール「Laurus international school」。世界的に注目を集めているSTEAMアプローチで、身近なことを探求するWinter Cumpのスイーツワークショップを担当しました。

今回用意したのは、サイエンスの技が光る「琥珀糖キット」。ベーシックながら、ワクワクのたくさん詰まったコンテンツになりましたよ。

IMG_0147.jpg

IMG_0151.jpg

光を反射して、かわいい宝石のような琥珀糖。半生菓子なので、乾燥前の透過性がある方がよりキラキラ。その様子は写真で目視できる状態にしています。そして、ジオードカップケーキが出来上がるように、カップケーキやバタークリーム、琥珀糖をセットにしたキットが完成。

これが、ただのキットではないのです。さらに「光り」にアプローチできるように、琥珀糖ににある仕掛けをミックス。

Image_20221220_135712_650.jpeg

そう、このようにブラックライトを当てると光る琥珀糖が混ざっているのです。琥珀糖そのものが宝石のように見えて素敵だけれど、「光り」という現象にアプローチした際に、さらにもう一歩踏み込める魅力。ほのかな遊び心を加えることで、好奇心に刺激を与え続けます。

わあ!という感動と、どうして!っていう疑問を積み上げられる、絶妙なバランスの琥珀糖キット。

Image_20221220_135721_160.jpeg

Laurus international schoolの生徒の皆さん分、ご用意しました。大変ながらも、とても有意義で楽しい時間でしたよ。

子どもたちのワクワクが、さらに芽生えますように。
ボナペティ!

太田さちか

パリ サンジェルマン・デ・プレで過ごし、エコール・ド・リッツ・エスコフィエ、京都造形芸術大学大学院などで製菓、藝術を学ぶ。こどもとおかしのアートプロデューサー・芸術教育士として、1,000を超える家族会員を迎えてこどもとママンのためのNATURAL FOODIEアトリエ「My little days」を主宰。ケーキデザイナー、コラムニストとしても活躍中。こどもたちの興味や不思議、好き!といった感受性に寄り添いながら、普遍的なNATUREを大切にする独自の世界観あふれるレシピ、ワークショップが好評を呼び、企業サイトや多数メディアで活躍。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories