Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

TABI FOOD トスカーナ風リボリータスープの休日。

みなさん、こんにちは。
今日は私のイタリア旅の思い出スープをシェア。

ふと、リボリータスープが食べたいと思った休日。
そのスープはイタリア・トスカーナ地方のサン・ジミニャーノで食べた、
忘れられない絶品スープのこと。
あまりの美味しさに翌日も通ったぐらい衝撃的な美味しさだったの。
『リ』は再び『ボリータ』は煮込むという意味があり、
家にある残り物の野菜を煮込み、硬くなったパンを入れて、
煮込んだトスカーナの伝統的なマンマの味。

今でもあの時の幸せな瞬間を覚えてる。
さぁ〜!ひさしぶりに作ってみよう。
と言ってもね、とっても簡単で煮込むだけです(笑)
自己流のリボリータ風スープ、スタート〜♩

DSC03261-2.jpg

まずは冷蔵庫の野菜室にある野菜をチョイス。
あるもので好きなものを好きなだけ入れるのが私流。
キャベツにセロリ、しめじに人参、玉ねぎ、
じゃがいもにトマト、パセリ。あとはレンズ豆。

旅では白いんげん豆がたっぷり入ってたな。
残念ながらスーパーでも豆類が完売、白いんげん豆ゲットならず。涙。
でもいいんです!ある豆でも絶対美味しいはず。
まずは野菜を適当な大きなにカット。私は1cm角ぐらいかな。
じゃがいもはやや大きめ。葉物はザク切り。

DSC03262-2.jpg

①深めの鍋にオリーブオイル、にんにくで香りをつけて、
中火で玉ねぎ、セロリを入れて炒める。
②3分ほどしたら人参、じゃがいも、キャベツも加え10分ほど炒める。
色がとってもきれい〜。

DSC03266-2.jpg

③レンズ豆、トマト、パセリ、具がかぶるくらいの水と塩コショウを少々入れて沸騰させる。

DSC03268-2.jpg

塩はフレークソルトを愛用してます。

DSC03271-2.jpg

④沸騰したら弱火にして30-45分煮込む。
(残り5分ぐらいでセロリの葉を加える)かたくなったパンがあれば、ここで入れて煮込んでね。

⑤お皿に盛り付け、塩コショウで味を整えて、
仕上げにオリーブオイルを回しかけるのが私流、完成〜!
(パルメザンチーズでも美味ですよ〜)

これがとっても美味しいの◎
野菜を切ったあとはお鍋で煮込むだけでとっても簡単。
しかも、たくさんの野菜からうま味が出るので余分な調味料いらず!
次の日もその次の日もどんどん美味しさの増す絶品スープです。
ぜひみなさん、おうちにある野菜で作ってみてね。
リボリータスープで検索すると色々と出てくるので、
好きなレシピでチャレンジしてくださいね。

DSC03272-2.jpg

スープがメインなお昼。
今回はTさんが焼きたての丸パンを焼いてくれたので、
パンはスープに入れずそのままいただいたよ。
柑橘とハーブのサラダを盛り付けたボードは、旅での戦利品。
トスカーナはオリーブボードがあちらこちらに売ってて、
いくつも欲しくなったけど1つだけバックパックに詰め込んでね。
1,2kgのボードをよく持って帰ってきたよね(笑)
今でも大事に使ってます◎

リボリータスープを飲みながら旅を思い返した。
せっかくなのでこの味に出合った世界遺産の街、
サン・ジミニャーノで撮ったフィルム写真をシェアさせてね。

13世紀の城壁にぐるっと囲まれた街には、
土色のレンガで統一された古い家々が寄り添うように並ぶ。
写真の中央にテラス、わかるかな?私達が滞在したホテルだよ。

S13-7-1-2-2.jpg

城壁のそばにある階段を昇ると展望台があり、
とっておきの塔の街の風景や雄大なエルサ渓谷の大自然のパノラマを
360度ぐるっと眺望することができるんだ。

31-2.jpg

雨上がりの散歩で見つけたローズがしっとり美しくて。

S6-3-4-2-2.jpg

夕方、ドゥオーモ広場に身を置き、空を見上げて、
そこに刻み続けられている重厚な歴史をダイレクトに体感。
おじいさんと愛犬、なんとなく似てるよね。旅人ほっこり。

33-2.jpg

5月で緑もきれいだったの。このチェアもなんだか気持ちよさそうで。

S13-5-7-2-2.jpg

城壁を出てのどかな田園風景を眺めながら散歩へ。
三輪車も絵になるね。

62-2.jpg

農作業するおじいさんにもチャオ〜!私、すぐに話かけちゃう(笑)

S13-7-4-2-2.jpg

砂利道をゆっくりと三輪車が走行〜!安全運転大事よね。
キャスケットをかぶったおじいさんにも笑顔でチャオ〜!

S13-6-7-3.jpg

随分と歩いてきて、ふと振り向いたらサン・ジミニャーノの街が、
緑のキャンバスに包まれてとても美しかった。
私はこの写真がきっかけで、今暮らしている坂の上に家を決めたんだ。
テラスからの風景は目の前に緑が広がり、奥に街が見渡せる。
旅が私たちの暮らしにご褒美をくれたんだね。

63-2.jpg

旅の相棒Timberを手作りブランコ?で記念に(笑)

S13-9-4-3.jpg

最後は大好きな1枚。滞在したホテルの部屋でRolleiflexを。
大切に使われてきた調度品のテーブル、愛機も嬉しそうに見えた。
写真集Rollei Lifeの表紙に選んだ1枚です。

30-2.jpg

世界を自由に旅できるのはまだ先になりそうだけど、
またいつか行けることを心から願ってる。
美味しいもの、美しいもの、ここで暮らす人々とのふれあい、
ぜひトスカーナに興味あるひとがいたら、オススメします。
あっ!リボリータスープは絶対に召し上がってね。

いつも読んでくれてありがとう。

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。