1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

冬の信州 松本旅!アルプスごはんと美味しい地酒〜♩前編

みなさん、こんにちは。
2022年もどうぞよろしくお願いします。

今回は冬の信州 松本旅をシェア。
前編は松本の美味しいごはんと地酒を綴りますね。

長野が好きで今回は冬の信州をとても楽しみに。
いつもは車ですが雪予報もあって
松本まではあずさでGo!
市内でレンタカーを借り、お昼着だったので
楽しみにしていたアルプスごはんへ。

JR松本駅から徒歩11分ほど。
駅前大通り沿いにある『Alps gohan』
男性2人組フードユニット『つむぎや』の
金子健一さんのお店。

DSC02975-2.jpg

L字のカウンター席は8席。
金子さんが笑顔で迎えてくれて
あったかい心地よさに包まれる。
こちらの「本日のアルプスごはん」がお目当て。
わぁ〜!丁寧に盛られたプレートにTさんと大興奮。

DSC02962-2.jpg

四回巻き!車麩の唐揚げ×とっから糀みそマヨ
黒豆の煮物、焼き紅芯大根、
高野豆腐のえびゴマ味噌和え、
健命寺野沢菜の切り漬け、
えのきとしめじのなめたけ×うえだみどり大根
たかきびテンペ×アマクチカリーの豆乳マヨ
にんじん、リーフレタスなどのサラダ、
玉葱と林檎、ビーツの豆乳マヨドレッシング、
七分づき合鴨米、ごぼう、アンデスレッド、
玉葱の味噌ポタージュ。

DSC02966-2.jpg

とっから糀みそマヨ、美味しい◎

全部美味しいけど、中でも私は黒豆と
玉葱の味噌ポタージュの濃厚なとろみ加減が
たまらなく好みだったよ。

DSC02979-2.jpg

金子さんがひとつひとつ説明してくださり、
生産者の方々の想いまで伝わってきた。
食材はできるだけ信州のもの。
野菜や米はもちろん、
味噌や醤油も松本の醸造所のものを
メインに使ってるそう。
信州には古くからの発酵文化 があるので
発酵調味料が豊富 。
塩麹や甘酒も重宝しています!と金子さん

カラダが喜ぶプレートは
味付けも絶妙で金子さんの食へのこだわりは
まるで美味しい宝箱のよう。

DSC02969-2.jpg

Tさんは黒カレーちょいがけを+300円をオーダー。
これがビックリする美味しさだった。
ちょいがけもおすすめです。

身も心も満たされたあと
食後のデザートに濃厚ミルクジェラートと
甘酒チャイをオーダー。

DSC02971-2.jpg

しばらくジェラートをそのまま食べたあとに、
ホットな甘酒をアフォガードのようにかけて。
うーん、美味しい。

DSC02974-2.jpg

ひんやりミルクジェラートのまろやかさ、
スパイスの香りと甘酒の粒々感が最高!
甘酒好きにもおすすめ。

信州を旅する楽しみのひとつ
美味しい地酒をいただくこと
甘酒の蔵元が近くにあると教えてくれて
気付けば日本酒談義で盛り上がった。

金子さん、ごちそうさまでした。
そして貴重な情報、色々とありがとうございます。

さっそく、松本市内にある
1872年創業の岩波酒造の蔵元へ。

DSC02984-2.jpg

佇まいはどこか懐かしく
バックヤードには愛おしいものがたくさん。

こんにちは!と声をかけると
いらっしゃい〜!と陽気な岩波のお父さん。
アルプスごはんでいただいた
岩波酒造の甘酒は長野県甘酒鑑評会で
県知事賞(最優秀賞)に輝いたそう!
素晴らしい!お土産にも数本、ゲット。

DSC03164-2.jpg

今ならクーポンのキャンペーン中だよ!
とお父さん。3000円購入で
1000円オマケの特典だなんて!
そろばんで計算するお父さんの手、
この地で生きてきた証のようで
あったかい気持ちに。

DSC02985-2.jpg

そろばん3級の資格を持ってるからね。と
陽気なお父さんとの何気ない会話が楽しい。
私にとって旅先での至福の時間。

DSC02986-2.jpg

まだまだ現役の社長さん!
頑張ってください!とエールを送った。
丁寧な対応、ありがとうございました。

アルプスごはんの金子さんから
信州の日本酒の中でも
イチオシの1本、『信濃鶴』をすすめてもらい
松本駅そばの老舗酒販店 中島酒店へ。
人気ですぐ完売してしまい
なかなか置いてる酒店がないらしく
金子さんのとっておきの情報は
旅人にとってなにより嬉しい!

DSC03159-2.jpg

おかげさまで無事、購入できて
日本酒好きな私の父にもお土産に。

DSC03165-2.jpg

アルプスごはんの金子さんのおかげで
松本のとってもお得な情報を
シェアしていただき感謝です。

みなさん、松本へ行かれる際は
アルプスごはんはもちろん
日本酒好きな方は
岩波酒造や中島酒店もぜひおすすめします。

松本土産なら大久保醸造店
玄米味噌もおすすめ!私は毎回ゲットしてます。

DSC03160-2.jpg

次回は松本のお気に入りの宿と
美味しいお蕎麦と心地よいカフェをシェア。
みなさん、いつも読んでくれてありがとう。

 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories