Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

nidの美しいコース料理をRolleiflexで記念に!

みなさん、こんにちは!
今日は愛機Rolleiflexで撮影した
大好きなbistro nidのコース料理をシェア。

主観ですがフードは
フィルムよりデジタルのほうが
手軽でうまく撮れる。
しかもRolleiflex用のフィルムは
12枚撮りで1本1000円!高っ!
デジタルなら何枚でも撮れちゃうし
1,2kgのRolleiに比べたら軽いしね。

でもね、やっぱり私には愛おしいカメラ。
今回はRolleiを持参してnidへ。

75C3B12F-E428-4F61-B914-F172C7D6F2C1-2.jpg

いつもはカウンター席に横並びだけど
この日は2階席で向き合ってコース料理を。
写真は初めて来た時に座った思い出の円卓。

前菜は桜鱒 根セロリのピュレ
土に見立てたマッシュルーム
発酵ポルチーニドレッシング

深さのある大地を感じる素敵な器に
美しくデコレーションされた桜鱒
ピュレと新鮮な桜鱒の食感は口の中でとろけそうで
ポルチーニの風味が絶品でした!ちょっと暗いけど雰囲気で。。。

img20210425_15121790.jpg

コース料理にプラスして
必ずオーダーしてしまうフルーツバター
実は私たちは市販のバターが苦手なほうで
普段はあまり食べないけど
nidのフルーツバターはTさんも大好物で
旬の果物が入ったバターが最高なのです!

8A5036BA-5CD4-458A-9028-A2D45C668BE2-2.jpg

この日は林檎で酸味と甘みのバランスも美味。
Tさん、バターが美味しすぎてパンおかわり〜笑
フルーツは前回は金柑、その前は洋梨で毎回楽しみの一つです。
ペアリングに選んだのは
アルザスのオレンジワイン。
フランスのアルザス地方へ
旅のバイブル誌フィガロヴォヤージュを見て2度旅した。
フランスの最も美しい村、 Riquewihrでは
ワインの農家に滞在して毎朝、
ぶどう畑を散歩したのが懐かしいなぁ〜。
写真は写真集Rollei Lifeにも載ってる
アルザスのエプロンがとってもお似合いのおじいさん。

scan911.jpg

滞在したワイン農家の屋根裏部屋。

scan833.jpg

朝の散歩で撮ったぶどう畑。

scan862.jpg

184ce8cd589cd1e8b3992450b2c4fee8f8d71f0f.jpg

アルザスワインで話がそれちゃいましね(笑)

続いてコース料理のサラダ
nidでいただく野菜は、
食べたことのない珍しい野菜もあって毎回、
歓喜の声が出ちゃう。
野菜好きにはたまらなく、
シャキシャキでとても美味しい◎
あ、すいません!サラダをRolleiで撮り忘れ(笑)

お魚はいさきの炭火焼き
発酵野菜と発酵レモンのブールブラン

img20210425_15183877.jpg

まず、盛り付けの美しさが圧巻。
肉厚ないさきに、筍や花付きズッキーニなど
旬の野菜が大集合!
ソースは発酵レモンと柚子胡椒
どちらも好みでソースにも毎回驚かされる。
Rolleiでは俯瞰取れないので
俯瞰写真はiPhoneです。

IMG_4746.jpg

お肉は牛ハツのコンフィ
新玉ねぎ、もやし酢、アリッサ
弾力のあるハツに甘みのある玉ねぎが◎
ピリ辛の自家製アリッサソースがとっても合うね。

img20210425_15193518.jpg

お腹もいっぱいになり大満足。
コースにはミニデザートも付いてお得。
ジャスミン茶のティラミス
発酵苺と桜のアイス

しっとり上品なティラミスに
苺と桜のアイスがこれまた絶品でした。

img20210425_15270134.jpg

毎回、シェフ黒葛原くんの料理に
魅了されっぱなしです。
言葉ではうまく伝え切れないけど、
想像をはるかに越える美しい料理をいただけること、
とても幸せに感じます。
今回のランチコースは5品税込3800円を
いただきました。ボリュームもあってオススメです。

最後の写真の前に、
フィルムで撮った写真はまず現像に出します。
カールしているネガを一晩分厚い洋書に挟み
寝かせてできるだけ平にする。
その後、スキャナーでデジタル化します。
取り込んだデータにはゴミや埃が入ってしまうので
Photoshopで処理をする。

DSC07850-2.jpg

フィルムは高い上に時間と手間もかかる。
旅には20本ぐらい持参するのでこれまた作業が大変!
写真集を作った時が一番大変でしたけどね(笑)
それでもフィルムのRolleiflexの描写が大好きです。
今回は期限切れのフィルムを使ったけど
ちゃんと撮れててよかった。
これからもマイペースにRollei LifeをEnjoyします。

12枚中、最後の一枚は
シェフの黒葛原くん(中央)と
スタッフのボーイズを記念に心を込めて。

img20210425_15324420.jpg

いつも美味しい料理と
幸せな時間をありがとうございます。
また伺う日を楽しみに仕事、頑張ります!

東横線、都立大学駅にあるbistro nid 
現在、緊急事態宣言に伴い時短営業、
アルコールは提供していないそうです。
詳しくはnidのInstagramで。

みなさん、いつも読んでくれてありがとう。

 

 

 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。