Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

VOYAGES Uluru, DAY3

みなさん、こんにちは!
今日はノーザンテリトリー・ウルル旅3日目をシェア。

早朝、キングスキャニオンに向かうため、
4時半起き、ロビーにAATkingsのHirokoさんが、迎えにきてくれて5時出発!

朝食はエアーズロック・リゾートのオリジナルバッグに入った、
モーニングセットをオーダー。
ホテルに事前に予約しておくと準備してくれます。中身は後ほどね。

片道3時間の移動、車中でサンライズ!
どこまでも続く雄大な砂漠を眺めながら無事到着。

ワタルカ国立公園でのリムウォークは約6km往復3時間。
ヤシの密林の上にそびえるこの古代の巨大な赤い岩は、
600種以上の固有の動植物が住む重要な自然保護区となっており、
その多くはこの地域でしか見ることができないそう。
小さな亀裂が数百万年にわたって浸食され、
キングスキャニオンの高い砂岩の壁が形成。

R0001087.jpg

最初だけ登りで、あとは絶壁ウォーク!
眼下の渓谷や周囲のすばらしい景色に息を飲む!

なんて、なんて美しいんだろう。涙が溢れる。

R0001083.jpg

赤土の何層もの層はまるでアートのようで、
旅人をあたたかく見守ってくれてるよう。

R0001101.jpg

途中、こんなところも歩くの!
記念撮影スポットみたい、私もポーズ(笑)

R0001103.jpg

何mあるんだろう?
渓谷を下り、周囲に緑が生い茂ってる。

R0001148.jpg

谷底からそびえ立つ白樺、自然の驚異を感じる!

R0001171.jpg

つり橋も渡ってね。

R0001144.jpg

わぁ〜!
半分歩いてきたところで美しいオアシスに!

R0001157.jpg

常に水を湛えた谷間、ガーデン・オブ・エデン。
水面に空のブルーが映り込んでる、キラキラ綺麗なリフレクションを、
しばらく見入ってしまった。下はRolleiで撮影。

オーストラリア-6.jpg

山頂からの景色も絶景で、ウルルに来たら、
ぜひキングスキャニオンのツアーに参加するのおすすめします。
日々の暮らしの中で悩んだり、迷ったり、凹んで落ち込んだり、
いつもエンドレスだけど、大地のパワーに、大丈夫!なんとかなるよ!
なんてね、背中を押してもらった気分に。
旅はいつも私を温かく包んでくれる、ありがとう。

リムウォークを終えてお腹もすいてきたよ!
ランチは帰り途中のカフェへ。私はラップサンドをオーダー。
食後、記念にモーニングセットをRolleiで撮影。
シリアルにバナナケーキ、クラッカーに
アップルジュースなど盛りだくさん。なによりオリジナルバッグが可愛いの!

オーストラリア-8.jpg

帰りの車中は爆睡しちゃった(笑)

ホテルに戻ってひと息ついたあと、
今回の旅でいちばん楽しみにしていたタリウィルの贅沢なディナーへGo!
タリウィルとは、先住民アボリジニの言葉で“美しい丘”という意味、素敵だな。
ホテルから送迎車で走ること20分、タリウィルの丘に到着。

R0001199.jpg

車を降りるとすぐに温かいおしぼり。笑顔のおもてなし。
ウルルとカタ・ジュタを望む砂漠の真ん中にセッティングされた、
オープンエアーのテーブルで優雅にディナー、なんて素敵なんだろう。

ディジュリドゥのパフォーマンスが大地に響き渡ってる。

オーストラリア-15.jpg

ウェルカムシャンパンとカナッペと共に夕日を楽しむ。スタッフの笑顔もキラキラ。

6C2E45EC-A273-44E5-AC87-401604D84379-2.jpg

ホタテにキャビア、どれも美味〜。

名称未設定 1-2-2.jpg

着席する前にディナーの料理に使用される、
オーストラリアならではの食材や薬味、スパイスなど、
シェフ自ら説明してくれた。素晴らしいサービス。
料理がどんな味付けなのかどんなふうに演出されてるか、
丁寧な説明が聞けるのは特別だね。

DSC00291-2.jpg

丘からはウルルが一望できる!
日によってまた見る場所によってウルルは更に神秘的で美しい。

DSC00285.jpg

日が沈んで暗くなり空は一段と美しくて。

E364019C-5C76-4DC3-B8B9-6471B471CF89-2.jpg

明かりはテーブルに灯るライトのみ。
メニューはプリフィクススタイル。どれも美味しそうで迷っちゃう!
飲み物は料理に合わせて軽めの赤ワインから。
ワインはすべてオーストラリア産。
アミューズはスープ。濃厚で美味、屋外で温かいスープは◎
ブッシュトマトに目が止まり前菜はこちらに!

food-2-2.jpg

メインは和牛肉のローストをチョイス。柔らかくてね、すっごく美味しかった。
付け合わせの野菜のグリルも絶品!
お肉に合わせていただいたピノの赤ワインがかなり好みで、
聞くととても上質なワインなんだとか。
デザートにチーズ?とあって頼んでみたら、わぁ〜!ほんとにチーズ。

DSC00333.jpg

熟成されたパルメザンチーズに好みでジャムをつけていただくの!
カリカリのクラッカーも最高〜!
デザートワインとの相性もバッチリできれいに全部完食。

食後に焚き火を囲みながらホットティー片手に、
先住民アボリジニの生活習慣、文化、歴史、伝説などの話を聞けるのも楽しい。

最初から最後まですべてが絶品のおもてなし料理、
屋外のレストランで満天の星空を眺めながらいただけるなんて、
至福のアクティビティーだよ。
ウルルを旅するなら、タリウィルは絶対、絶対、参加してほしいな。

次回はウルル旅4日目をシェア。

みなさん、最後まで読んでくれてありがとう!

ノーザンテリトリー政府観光局
 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、 言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。 現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々の CMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。