Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

西荻・阿佐ヶ谷散歩で美味しいもの。

みなさん、こんにちは。
今日は前回の続き、西荻・阿佐ヶ谷散歩の美味しいものをシェア。

Bnei Coffeeさんへ向かう前に、
行ってみたかったRe:gendoでランチ。
西荻窪駅から数分。
マンションのビルの合間にひっそりと佇む昭和初期の古民家。

DSC00028.jpg

懐かしくもあり、新しくもある。似て非なる食の空間がコンセプト。
温もりを感じる佇まいにほっとする。
お昼ごはんは「むすび膳」と「にぎり野菜寿司膳」は、ともに¥1,500+tax。
おむすび膳のメインが2月前半の主菜は、
『和風ロール白菜』と聞いて二人共おむすび膳をオーダー。

DSC00015.jpg

鶏豚合挽肉と椎茸、うるち米を白菜で巻き、
鰹昆布出汁で炊き上げたロールキャベツは体の芯から温まった。
季節の小鉢は、らるご豆腐 香味葱醤油がけに、
菜の花の芥子和え、ミニトマトのオレンジマリネ。
それに土鍋で炊いたおむずび2つ、味噌汁と自家製のぬか漬け。
野菜メインのバランスの取れた膳、どれも美味しかった。

DSC00019.jpg

木のトレイに並ぶ器たちも愛おしく見えて食べる前からワクワクしたよ。
食後、何度もお茶を注いでくれるスタッフの心配りも◎
久しぶりに会えた友人とゆっくりお喋りしながら美味しいひととき。
ランチは予約をしたほうがベター。ぜひ、おすすめ。

DSC00026.jpg

りげんどうの近く、お店の前に長蛇の列〜!
手作りの和菓子屋「越後鶴屋」さん。

DSC00030.jpg

TVでも度々紹介されてるようで店内はサインがいっぱい。
せっかくなので並び、いちご大福と豆大福を購入。
陽気な店員さんは「うちでいちばん美味しいのはグリンティーだよ!」
と待つ人にサービスの無料のお茶。(笑)
新潟産こがね餅米や北海道産大納言小豆などの素材にもこだわり、
添加物や保存料なし。

DSC00071.jpg

帰宅してさっそくいただく。
噂のいちご大福は酸味と甘みのバランスが最高でこれはヤバイ!
豆大福はあんこたっぷり。粒あんとこしあんが選べたよ。
ごろっと大きくてずしっと重い大福、
いちごが200円、豆が190円。
美味しくてリーズナブル、並ぶ価値あるよね。

西荻を離れる前にこちらも気になっていた「こけし屋へ。

DSC00034.jpg

駅前、店内はお客さんでいっぱいだった。
ショーケースには昔ながらの洋菓子が並び、
カウンターには素朴な焼き菓子もたくさん。
そして、お店にはたくさんのこけしが飾られてて思わずにっこり。

DSC00032.jpg

あれ、こけし屋の包装紙に見覚えある!
そう、学芸大学にあるマッターホンと同じ特徴的なイラストは、
洋画家の鈴木信太郎によるもの。
常連のお客さんから「ここのレーズンパイがいちばんよ!」と、
私はレーズンパイ、カステラ、サブレ、ライスブッセをお土産に。

DSC00082-2.jpg

レーズンパイは甘さ控えめ、中でもサブレがとっても好みな味。
サクサクでバター香る素朴なサブレは珈琲のお供に最高だった。

DSC00085-2.jpg

包装袋にはフランス国旗を思わせる赤と青のラインが目を引く。
洋菓子だけでなく、フランス料理も提供するこけし屋は、
1949年創業。喫茶室もあるので次回立ち寄りたいな。

気付いたら16時近くなり、楽しみにしていた阿佐ヶ谷のBnei Coffeeへ。
(前回のブログで語ってます、よかったら合わせて見てね)
bnei Coffeeを出る時はすっかり外も暗くなり、
友人と別れる前に前回お休みだった「sunset cookies  jasmine」へ。

こちらも小さな焼き菓子屋さん。
駐車場の敷地内にある一戸建ての1階にとてもかわいい店構え。

DSC00067.jpg

外にメニューも出てるよ。
スコーンやクッキーなどいろいろ。
せっかくなのでテイクアウトしました。

DSC00070.jpg

遅い時間だったのでスコーンやマフィンケーキもすべて完売。
私はチョコとへーゼルナッツのクッキーをゲット。

DSC00075-2.jpg

サクサクで美味しい。きっとスコーンも美味しいに違いない。
次回はイートインもかねて寄りたいな。
Sunset Cookie は阿佐ヶ谷の他に西荻にも店舗あるみたい。
気になる方はHPチェックしてみてね。

気付いたらエコバッグの中は美味しいものがいっぱいに。
友人との美味しいもの巡り、楽しかったな。

中央線散歩、午後から夕方までの5時間を満喫。
まだまだ行きたいお店がたくさんあるからまた次回を楽しみに!

みなさん、
暖かくなってきたのでぜひ西荻、阿佐ヶ谷散歩おすすめです。
いつも読んでくれてありがとう。


 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。