1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

心友と箱根旅! カラダが喜ぶ温泉宿「養生館はるのひかり」へ。

みなさん、こんにちは!
今日は箱根旅で滞在した宿
「養生館はるのひかり」をシェア。

実は行ってみたくて1年半前にも予約、
コロナが不安で一度キャンセル。
今回、念願の滞在に。

竹林の中にひっそりと佇む茅葺屋根の宿は
2015年秋に新装オープンした逗留湯治宿です。

DSC02712.jpg

箱根湯本駅からバスもしくは徒歩で。
私たちはバスのタイミングが合わず徒歩。約15分前後。
わりと急な登り坂なので行きはバスのほうが楽です。

玄関を入ると、フロント。
フロントの右手には今ではほとんど見なくなった
“おくどさん”が置かれていたり、
畳敷きの茶室があったりと、安らげる和の空間に癒される。
古き良き時代のおくどさんをRolleiで記念に。

img20211121_11095016.jpg

DSC02701.jpg

客室は全部で14室。
私達は和洋室ツインの16畳+広縁+個室書斎をチョイス。
2名には広いくらい!落ち着きます。

DSC02683.jpg

奥の書斎は外の光が差し込む窓際に
デスクがあり、集中力もUP〜!
これは仕事もはかどるね。

DSC02687.jpg

まずは温泉へ。
大浴場は1階と2階にあり、男女入れ替え制。
どちらも100%厳選かけ流しで、
いつでも新鮮なお湯で湯治をすることができる。
タイミングよく友人と貸切〜。
疲れや傷を癒して緊張を緩和する効果があり、
湯冷めしにくいのが特徴だそう。
とても気持ちよかった。

浴衣に着替えて離れの「楽 庵」にて夕食。

DSC02676.jpg

夕食は100%無農薬栽培のお野菜中心の料理で
とても楽しみだった。
厳密に菜食主義というわけではなく、
鰹出汁や卵、魚などを使い、バランスの良い料理です。
まずはビールで乾杯!美味しい〜。

スクエア型紙 のコピー.jpg

料理は上から時計周りに
畑のごちそうサラダと里芋の素揚げ、胡麻豆腐。
野菜のみそ煮込み、
大根おろしのもちのあられ揚げ、
微発芽玄米ごはん、豆乳仕立ての醍醐碗、
自家製の辛味噌とケールのふりかけ。
中でも私は餅のあられ揚げの美味しさに感動!
サクサクの衣と餅との食感、山葵の風味も最高!
豆乳仕立ての醍醐碗も野菜の旨みがぎゅっと、濃厚◎

驚くのがカロリー!これで500kcal未満だなんて!

玄米ごはんをおかわりするつもりが、
お腹いっぱいになり、ごちそうさま〜。
いやぁ〜美味しかったなぁ。

食後のデザートは南瓜の焼きプリン。
ほうじ茶といただきました。

DSC02662.jpg

夕食後、もう一度温泉に入り
久しぶりの心友との時間が嬉しくて
TVも付けずにお喋りナイト。
こういう時間、大切にしたいな。

朝、起床し朝風呂へ。
朝食は8時半。
食前におすすめの自家製酵素ドリンク、おいし〜!
春は山菜、野草に酵素。
夏、初秋は梅、柑橘、酵素。
秋、冬は根菜、穀物、酵素。

DSC02665.jpg

あつあつの湯豆腐〜!

DSC02668.jpg

お野菜たっぷりな朝食は
小鉢が白菜の漬物や牛蒡の胡麻和えに
根株のがめ煮。
焼き魚はえぼ鯛、大好物。
雑穀ご飯と野菜の味噌汁。
朝食は350kcal!
私たちはお味噌汁をおかわり。
(ごはんと味噌汁は1杯のおかわりが可能)

また、リクエスト制で
藁苞納豆(わらづとなっとう)が無料サービス。
無農薬の稲藁と大豆を使い、手づくりしたもので
一粒一粒を味わうように良く咀嚼することで
旨みが広がる〜。
食後はハーブティー。朝食にも大満足でした◎

DSC02673.jpg

まさに養生食”ならではの、身体の中から健康になれる料理。
次回は連泊したいねとhちゃんと感動。
しかも滞在してる方々、
女性ひとりはもちろん男性ひとりの方々も多く、
連泊されてる方も。

館内には読書室もある。
民芸や養生食関連の本が置かれていて
ソファでゆっくり寛げそう。

DSC02695.jpg

セルフの有料ドリンクコーナーもあって、
紅茶やコーヒーを淹れて飲むこともできる◎

そう、宿泊棟にはセルフ販売で
自家製の乾姜(かんきょう)の粉末を1人2袋まで
100円で購入することができるの。
無農薬の生姜に多くのスパイスのいブレンド
加熱することで血流をよくし発汗作用に優れた効果も◎
私は白湯にハチミツと一緒に入れていただいてます!

DSC02700.jpg

玄関ロビーのある母屋と宿泊棟は分かれていて
中庭の風景にも癒されます。

DSC02702.jpg

DSC02717.jpg

最後に宿の前でhちゃんと記念写真。

DSC02721.jpg

DSC02711.jpg

実は私もhちゃんもとても忙しい日々で
ゆっくりできる時間がなく
忙しい時こそ旅に出てチャージ!それが大正解だった。
滞在の間は仕事のことは一切考えず、
心と身体と向き合い、美味しい料理と温泉に
スーパーチャージ。
より仕事を頑張れます。
都心から少し離れてステイできるまさに養生の宿。

またぜひ伺います。お世話になりました。

2日目は仙石原へGo!
その前に、湯本駅の商店街にあった
珈琲ソフトいただきまーす(笑)

DSC02725-2.jpg

次回、仙石原散歩と美味しいもの綴りますね。
みなさん、いつも読んでくれてありがとう。
 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories