1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

冬の信州 松本旅!金宇館と鴨せいろと眺めのよいカフェ♩後編

みなさん、こんにちは。
今回は冬の信州 松本旅 後編。
お気に入りの宿と
美味しい蕎麦と眺めのよいカフェをシェア。

松本の美ヶ原温泉 『金宇館』 
私達のお気に入りの宿。
若い頃は、一度行ったら
次回はまた新たなホテルや宿をチョイスしてたけど、
最近は自分達に合う宿をリピートすることが増えた。
四季折々のおもてなし
冬の金宇館、ラウンジの暖炉がとっても暖かい。

DSC03072-2.jpg

前回は本館、今回は別館の1階、
昭和初期の建築が趣のある「辻堂」にステイ。
本館から中庭を抜けて別館へ。
美しい光が綺麗でした。

DSC03078-2.jpg

部屋に入った瞬間、
わぁ〜!なんだかとってもほっとする〜!
畳の部屋にはこたつ〜。

DSC03098-2.jpg

板の間のリビングは二方向が庭園に囲まれた
とても贅沢感のある客室。
静寂感と木のぬくもりが心地いい。
しかも床暖房でポカポカでした。

実は滞在した日は
私事ではありますが、
13回目の結婚記念日で、
大好きなMANGEONSのシュトーレンを持参。
ささやかなお祝いをしました。

DSC03001-2.jpg

スタッフに取り分け用のプレートと
カトラリーをお願いしたらすぐに部屋に届けてくれて、
コーヒーは本館のラウンジにある丸山珈琲を
運んでくれました。

DSC03016-2.jpg

こたつの中でぬくぬくしながら
写真集Rollei Lifeを見ながら
スイーツタイム、至福のひととき◎

DSC03114-2.jpg

大浴場でゆっくりしたあと、
楽しみにしていた夕食を本館ダイニングで。
まずはビールで乾杯。
冬の旬の食材が4代目の料理長の腕にかかると
想像もつかない組み合わせや味付けに
歓喜の叫びがあふれてしまう。

スクエア型紙 のコピー.jpg

料理に合わせて信州の地酒をペアリング。
あぁ〜なんて贅沢なんだろう。

DSC03048-2.jpg

そして、器が毎回とっても素敵!
中でも印象的だったのは
お魚が盛られた三谷さんの木製のプレートと
立体的でアートのような鉢。

DSC03043-2.jpg

DSC03052-2.jpg

食べてしまうのが勿体無くて
しばらく見入っていたくなる料理。
どれもとっても美味しかった。

食事の〆は四代目の手打ち蕎麦。

DSC03055-2.jpg

食後のデザートはラウンジで。
暖炉の火を眺めながらゆったり待っていると
女将さんが、
「おめでとうございます!」と
大きなデザートプレートが!
そこにはメッセージが添えられていて
実はTさんがお願いしていたとのこと。

DSC03058-2.jpg

あまりのサプライズにびっくりしたけど、
素直に嬉しくてウルりでした。
サプライズをするのは大好きだけど
まさかTさんが!(笑)感謝です。

2日目、朝風呂に入ったあと館内を散歩。
朝の美しい光は旅人へのご褒美のよう。
早起きするといいことあるね。
Rolleiで記念に。

img20220110_14111098.jpg

img20220110_14101699.jpg

光と影。金宇館の雰囲気がやはりとても好みです。

DSC03073-2.jpg

さぁ!楽しみにしていた朝食。
漆の器に気分が上がる〜。Rollei shot↓

img20220110_13574490.jpg

明治5年から代々受け継がれてながら
大事に扱われてる漆器がキラキラしてる。
ここへ来ると、
日々、心豊かに
日々、丁寧に
日々、人に優しく
暮らしたいと思える。
とても美味しくいただきました。

DSC03063-2.jpg

チェックアウトまでのんびり。
冬の金宇館、とてもゆっくり滞在できました。
松本での宿泊の際はぜひ、おすすめします。

安曇野方面へドライブ。
行ってみたかった碌山美術館へ向かうも
まさかの休館日!残念。
でもね、冬空がとても美しかった。
冬の樹々は寂しげだけど、
空がとっても大きく見えるから好き。

img20220116_13341298.jpg

わぁ!宿り木を発見!
花言葉は困難に勝つ、忍耐。
神聖なパワーをもつ縁起の良い植物とのこと、
みなさんにもシェア〜!

img20220116_13350827.jpg

お昼はこちらも楽しみにしていた蕎麦屋。
随分前に一度行ったことがある『翁』へ。

DSC03135-2.jpg

当時、とても混んでいて
1時間以上、待った記憶。
今回は平日ということもあって、すぐに入店。

DSC03136-2.jpg

安曇野の美しい山々の景色を眺めながら
鴨せいろをオーダー。

DSC03131-2.jpg

そばの食感が絶妙!美味しい。
あたたかい鴨とたっぷりのネギ、
翁のそば、変わらず美味しいです。

食後は行ってみたかったカフェ
『CHILLOUT STYLE COFFEE』へ。

DSC03154-2.jpg

お店の佇まいがなんともかわいい。
入店前から大興奮〜!

DSC03146-2.jpg

こちらは自家焙煎珈琲専門店。
北アルプスの大地に育まれた
安曇野の水でスペシャルティコーヒーを
一杯ずつ丁寧に淹れてくれます。

店内は香ばしい豆の香り〜
天井が高くて開放感があり、
タイミングよく座れて
珈琲とロールケーキをオーダー。

DSC03145-2.jpg

たっぷりのマグ、
田園風景と山々を眺めながら珈琲ブレイク。
都心では味わうことのできない
ダイナミックな景色は圧巻。
またこちらへ来た際は行きたいな。

今回は記念日も兼ねて
1泊の松本旅でしたが
行きたいお店にも行けて
美味しい地酒や味噌も購入できて
金宇館のスペシャルなおもてなしと温泉で
よい時間を過ごせました。

そしてとても嬉しかったことがある。
金宇館の女将さんから、私のブログを見て
来てくれた方が何人も!と聞いて!
ここで綴る私の好きなものや美味しいもの
素敵な場所に共感してもらえること、何より嬉しいな。

みなさん、
いつも読んでくれてありがとう。


 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories