1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

夏の沖縄旅・ソーセージとパンと珈琲と器と。

みなさん、こんにちは!
夏の沖縄旅、今日はソーセージとパンと珈琲と器をシェア。
3年ぶりの沖縄、行きたいshopを厳選してGo!

まずは沖縄市の自家製ハム、ソーセージ専門店のTESIO へ。
今回、旅の後半は南城市のmuiに滞在。
暮らすように旅したくて、こちらでお買物。

DSC07357.jpg

エントランスがカッコいいね◎
ワクワクするよ。

DSC07346.jpg

TESIOマン?(笑)

DSC07347.jpg

TESIOはドイツ国際大会IFFAにて
GOLDメダルを受賞!素晴らしいね。
気さくなスタッフさん達が
丁寧に説明してくれて
とびっきりのソーセージやハムをゲットできた。

しかもね、端っこを格安で販売!
色々食べたい食いしん坊な私たち
良い買物ができました。

DSC07352.jpg

合わせて黒トリュフバターとアーティーチョークのデリ、
飲み物はナチュラルワインを選んだ。

DSC07350.jpg

オレンジワインの中からスタッフイチオシの
イタリアのヴェイ ビアンコ2020をゲット。

フォトグラファーでもある
スタッフのrikiさん。
私のCarl Zeissレンズに反応
気付けば Zeiss談義(笑)

image_6483441-3-2.jpg

私は旅ではRolleiと35mmの単焦点を1本だけ持参。
軽いし、十分、好みの写真が撮れる。
RolleiのレンズもZeiss だよー。

スタッフのみなさんとの何気ない会話も
旅人への嬉しいご褒美。

DSC07355.jpg

TESIOの皆さん、
美味しいハムやソーセージをごちそうさま。
また伺いますね!

ソーセージやワインに合わせて
パンは宗像堂へと向かうも、
残念!昼過ぎで完売していました。
するとスタッフの方がお弟子さんの
優作くんのお店を教えてくれました。
読谷にあるcommonsへGo!

え?!ここがパン屋?と思うほどオシャレな佇まい。

DSC07370.jpg

優作くん、覚えてる!
宗像堂にいた頃に何度か対応してもらったなぁ。

image_6あ483441-2-2.jpg

独立されてこんな素敵なパン屋さんをオープンされたなんて!

DSC07360.jpg

店内はイートインスペースもあります。
次回はこちらでいただきたいな。

DSC07364.jpg

薪窯も見せてくれました。
趣味でパンを焼くTさん、興味津々。
作り手の想いを感じると
より美味しく感じますよね。

DSC07366.jpg

天然酵母のカントリーブレッドと食パン、
フォカッチャにチョコレートチャンククッキーをゲット。

DSC07361.jpg

実は小腹が空いてたので車の中で
クッキーを食べた。
これが粉の質感をガジガジ感じれる美味しさで
とても好みだった。
パン職人の作るクッキー、
生地を成形する時につく指のカタチ、
香ばしくとても美味しかったな。

DSC07690.jpg

ソーセージやパンの食事は
次回のmuiでの滞在で詳しく綴りますね。

Tさんが楽しみにしていた珈琲ブレイク。
初日に友人達と伺ったのは
3年前も行ったYAMADA COFFEEの新店へ。
こちらは後半のブログで綴りますね。

2軒目は北谷町にある
TIMELESS CHOCOLATEへ。
Bean to Barスタイルのチョコレート専門店であり、
オーナーはエスプレッソの本場メルボルンで
バリスタのライセンスを取得。
チョコレートも珈琲も楽しめるのだ。
はじめて知ったのは池袋での催事。
ブラウニーとチョコレートをゲットして
チョコレートの味わい深さに感動。

DSC07337.jpg

Tさんはエスプレッソトニック。
私はアイスラテをオーダー。

DSC07341.jpg

対応してくれたスタッフのShotaくん!
『もしかしてMIKI *さんですか?』と
声かけてくれたよー。
聞くと自身もフィルムカメラを愛用。
嬉しかったー。こうやってね、
旅先でつながるご縁を私は大切にしたい。

DSC07339.jpg

Shotaくんにもオススメを聞いて
チョコレートと自家製グラノーラをゲット。

image_6483441-4-2.jpg

シングルオリジンチョコレート インドネシア72%は
カカオ豆72%、伊平屋島純黒糖28%の石臼挽き。
グラノーラは植物性のみを使用した
ヴィーガン&グルテンフリー対応!

DSC07908-2.jpg

グラノーラはマンゴーパフェにもトッピング。
自宅で旅気分、スペシャルパフェになったよー。

q-2.jpg

Shotaくん、楽しい時間をありがとう!
また会える日を楽しみにしてるね!

DSC07343.jpg

3軒目はTさんが絶対好きだと思うと
友人が教えてくれたrokkan coffee creatorsへ。
こちらも素敵な雰囲気!

s-2.jpg

私たちはエスプレッソトニック。
ライムをギュッと絞って。
私はいままででいちばん好みだったよ◎
レーズンサンドも美味しかったな。
今回も美味しい珈琲ブレイクに大満足でした。

DSC07683.jpg

そして、ずっと行きたかった宮城陶器へ。

DSC07547.jpg

現在は完全予約制。オープンデーの数日前に
電話予約の先着順。
タイミングよく滞在してる間に
1日だけギャラリーオープンデーがあると
友人が教えてくれて
電話をかけて予約、取れました!

DSC07542.jpg

30分毎の入れ替え制で、
ゆっくり選ぶことができた。

DSC07545.jpg

オーバルプレートと小さな小鉢を2つ購入。
念願の宮城正幸さんの器、嬉しいな。

DSC07922-2.jpg

唯一無二の表情、
釉薬が重なり合って生まれる
グラデーションがとても美しい。

DSC07929-2.jpg

オーバルは22cmを選んだ。
サラダを盛るのにも丁度良くて
毎日使ってる。

DSC07932-2.jpg

丸みのあるフォルムが気に入った小鉢。
淡いサーモンピンクのような左と
淡いグリーンの右。晩酌時に大活躍です。

DSC07935-2.jpg

こんなふうに重ねるのも好き。
とってもいい買物ができた。

帰り際、忙しい中、
宮城さんが見送りに出てきてくださり、
気さくな人柄に感謝です。
器、大事にしますね。

秋の東京での個展など詳細は
宮城陶器のInstagramでぜひチェックを。

みなさん、いつも読んでくれてありがとう。
次回は旅の後半、滞在したmuiのこと綴りますね。

 

 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。10年間にわたりフィルムで撮影した旅とライフスタイル写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして旅や料理など自然光での撮影を得意とし、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories