Blog

  • HOME
  • BLOG
  • かぐわしきみなと通信
かぐわしきみなと通信

水墨画もモダンにアバンギャルドに

水墨画というと、悠然とした山水画とか、花鳥風月を描いたような古風なものを思い浮かべますよね。

香港ではやはり水墨画がかなり身近で、カルチャーセンターのようなところには必ずコースがあります。そういうコースでは竹やら花やら鳥やら、やはりクラシックな題材を描くのが普通です。

しかし先日見て来た、世界でも稀な、水墨画に絞った大規模な展覧会"Ink Asia 2015"では、目からウロコが落ちるような面白い水墨画をたくさん見て、いやー奥が深いな!と感動しました。

例えばこんな! よく見るとiPhoneの画面になっていたり。

DSC06159.jpg

ティッシュペーパーにこんな風に描いてある!

DSC06147.jpg

これなんて一見普通の水墨画風ですが、実はすべて樹脂を溶かして描いてあるんですよ!

DSC06158.jpg

映像と組み合わせた水墨画も。実際には下の画像はビデオになっていて人が動いているのです。

DSC06207.jpg

3D眼鏡を通して見る水墨画映像!!えー!

DSC06209.jpg

もちろん幽玄とした風景を少しモダンに描いたものもあります。この空気感!たまりません。

DSC06168.jpg

色を使ったものもあります。なぜか水墨画って凍てついた風景が似合いますね。空気が澄んでいて氷点下20℃ぐらいでしょうか?

DSC06181.jpg

これも見ているだけで体の芯まで冷えそうな風景。きっと氷点下50℃ぐらい?(笑)

DSC06192.jpg

こんな色合いもすごく素敵!

DSC06184.jpg

さらにモダンさを増した風景。

DSC06150.jpg

アバンギャルドなものでは、北京語での放送禁止用語が延々と流れるものもw うちの子どもたちはインターナショナルスクールで北京語を習っているので、「でへへ」と笑っていました。

DSC06161.jpg

大規模なインスタレーションもいくつか。布を使った墨絵空間。

DSC06204.jpg

中にはこんな展示も。墨が弾けている!

DSC06144.jpg

墨絵・・・・・・風?あれ?

DSC06195.jpg

もちろん書もあります。これはお友達の旦那さまで有名な現代書道家の馮明秋さんの作品!

DSC06215.jpg

墨ならではの柔らかさや深みってありますよねー。

DSC06164.jpg

最近香港でも面白い展覧会が増えてきて、見に行くのがとても楽しくなってきました♪

甲斐美也子

香港在住11年目のジャーナリスト、編集者、コーディネーター。東京で女性誌編集者として勤務後、英国人と結婚し、ヨーロッパ、東京、そして香港へ。オープンで親切な人が多く、歩くだけで元気が出る、新旧東西が融合した香港が大好きに。雑誌、ウェブサイトなどで香港とマカオの情報を発信中のほか、個人ブログhk-tokidoki.comをまとめた電子書籍「香港ときどきマカオ Vol.1 香港在住ジャーナリストが出会った美味しいもの、素敵な人たち、そして日々のつれづれ」を出版。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。