England's Dreaming

ロンドンの名店のお菓子を、写真とレシピで綴る本。

甘党のロンドンっ子でランカを知らない人はいない。大雑把で飾り気がないお菓子が多いイギリスでは貴重な、味も見た目も繊細なフレンチスタイルのケーキとセイロンティーを扱う評判のお店だ。

そんなランカのスイーツを目で楽しみながらレシピも学べる、フォトグラファー斎藤久美さんのアーカイブ写真集シリーズ第二弾「Lanka」が出版される。(第一弾はこちら

221116_Lanka-Book.jpg

ショップカラーのピンクが印象的な表紙が目印。日本では洋書扱いとなる。英文で書かれた前書きの日本語訳が挟み込まれる予定。パースニップス・アーカイブ(英国)発行。2180円(イギリスでは12.95ポンド)。

---fadeinpager---

ランカのオーナーシェフのユキさんこと羽良正幸さんとパートナーでジャーナリストの若月美奈さんは久美さんの古い友達で、お店がスタートした2010年から毎年1、2回、お菓子の撮影を久美さんにお願いしていた。

221116_07-YHara.jpg

お客さんと話すオーナーシェフのユキさん(左)。「久美さんは本当に仕事が好きな人だったと思います」。

もともとそれらの写真はお店のウェブサイトやパンフレット用だったから、まとめて本とする予定はなかった。でも久美さんが2020年のクリスマスイブに病で他界、パートナーのデヴィッドが「久美はこんな写真を撮っていましたと友人たちに見せられる、まとまったものがない」との嘆きの言葉を受けて、美奈さんは久美さんのアーカイブ写真集を手がけることを決意した。

しかし、いざ準備を始めてみると、使いたい写真のいくつかの解像度が出版用に十分でないというハプニングが浮上。そこでランカのグラフィックをずっと担当してきたデザイナーの瀧澤真姫(まき)さんが手腕を発揮、レイアウトの工夫で切り抜けたという。

「掲載した写真はもともと、久美さん、真姫さん、ユキさん、そして私のチームワークで作り上げたもの。だから写真集もそのチームで作れて本当に良かったです」と美奈さん。

---fadeinpager---

そうして出来上がった本を見て美奈さんは「すべてお店の片隅に簡易スタジオを作って撮影したので、どの写真を見てもその時のことを思い出して懐かしいです」と語る。

221116_37-SummerBerriesEclair.jpg

リズミカルに並んだベリーが可愛い、サマーベリーズ・エクレア。

221116_23-RaspberryGloriette.jpg

ラズベリー・グロリエッテ。チョコレートスポンジとチョコレートクリームの層の美しさを余すところなく写真のフレームに収めている。

221116_85-Macaroons.jpg

パステルトーンがキュートなマカロンは、柔らかな優しい色調でまとめて。

---fadeinpager---

私も久美さんと数えきれないくらい一緒に仕事をしてきた。久美さんのすごいところは、どんな物や人でもどんなシチュエーションでも素敵な写真が撮れることだった。

大概のフォトグラファーはポートレイトとかインテリアとかお料理とか、それぞれ特に得意なジャンルがある。でも久美さんは撮るものを選ばず、すべてをとても美しく仕上げてくれた。設備が整っていなくても、部屋の隅にライトを立て白い布を一面に貼ってオリジナルのミニスタジオを作っていた。ランカでもそうして撮ったという写真を眺めていると、私もその現場にいて撮影する久美さんの後ろから背中を見つめているような気持ちになる。

「ムースケーキの光沢の具合など、もうこれでいいよって言いたいぐらいいつまでも色々と試したりもして。こだわり出すと止まらないんですよね」と美奈さん。そう、久美さんはいつでも全力投球だった。

「でもね」と美奈さんは続ける。
「諦めも早いの。撮った写真をすぐにコンピュータの画面で確認して『バックグラウンドが黄色すぎない?』って言っても『大丈夫、大丈夫、真姫さんが直してくれるから』って。リタッチも大半は真姫さんまかせで」。
これは私が知らなかった久美さんでもある。たぶん美奈さん、真姫さん、ユキさんという、心底信頼するメンバーとの仕事だから、甘えられるところは甘えていたんだと思う。

221116_29-MangoAndCoconutMousse.jpg

マンゴー&ココナッツムース。この質感にも久美さんはこだわったのかな。

---fadeinpager---

そして久美さんの写真と同じくらい素敵なのが、ユキさんのイラストとともに紹介されるレシピの数々だ。

24-25-ChocolateFondant.jpg

英文のレシピながらもこんな可愛いイラストが付いているのならば、ちょっと難しいお菓子作りにだって挑戦してみたくなってしまうはず。綺麗なものを作る人のセンスって、こういうところにも表れるんですね。

お菓子の構想のために、いつも色鉛筆を使ってノートいっぱいにイラストを描いているというユキさん。「10年ぐらい前にケーキ教室を開催していた時、生徒さんにお渡しする資料として真姫さんにデザインをお願いしてレシピカードを作っていました。今回久美さんのアーカイブ写真集としてランカの本を作ることになったときに、このレシピカードも一緒に紹介しようということになったのです。イラストは当時のままで、レシピだけ少しアップデートしました」

フォンダンショコラ、グリーンティーのストロベリーケーキ(和風のケーキはランカのベストセラーでもある)、シュークリーム、マカロンなど7種のお菓子のレシピを紹介している。

---fadeinpager---

撮影の際の忘れられない思い出は?と美奈さんに聞くと、こんなエピソードを教えてくれた。

「5、6年前のクリスマスケーキの撮影を11月5日にしました。そのショートケーキは久美さんに持ち帰ってもらうことになったのですが『今日はデヴィッドと出会って20年目の記念日なんだ』ってとても嬉しそうで。クリスマス飾りをとってiPhoneで撮影して『ほら、こんなに可愛い』って私やスタッフに見せて喜んでいました。後日『案の定、デヴィッドに僕たちの20周年記念のケーキ?って言われちゃった』って報告してくれました」。

斎藤久美アーカイブ写真集第二弾「Lanka」は11月23日に日英同時発売予定。ロンドンではランカとキーツで、日本ではTHE SHEのオンラインショップヴァルカナイズ青山店の店頭で販売される。

今後は久美さんが毎年ルックブックを撮っていたロンドンのデザイナー、イーリーキシモトの写真集や、ヘアスナップなどのアーカイブ写真集の出版も計画していくという。

221116_108-TeaCloseUp.jpg

ランカで扱うセイロンティーの写真を眺めていると、撮影を始める前に茶葉の上の花びらの色味に気遣いながら、一つ一つ注意深く並べている久美さんの姿が脳裏に浮かんでくる。

Photographer : Kumi Saito

坂本みゆき

在イギリスライター。憂鬱な雨も、寒くて暗い冬も、短い夏も。パンクな音楽も、エッジィなファッションも、ダークなアートも。脂っこいフィッシュ&チップスも、エレガントなアフタヌーンティーも。ただただ、いろんなイギリスが好き。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories