デコラトリスによる洗練探しの旅

「ブチェラッティ」の優雅なテーブルウエア

とあるブランドの新作発表会のため、並木通りへ。

日本一優雅で、誘惑の多いこの通りに来た以上、発表会が終わってもすぐに立ち去るのはあまりにも名残り惜しく、「ブチェラッティ」へ。

435794009_7542508465809054_168907664083887199_n.jpg

それほど知られていませんが、こちらはインテリア小物が充実していて、実は、スターリングシルバーのテーブルウエアコレクションが豊富にあるのです。

この6月から、アンティークシルバーのテーブルレッスンを開講する予定で、頭の中は銀食器コンシャスになりつつあるこの頃。

もちろん、こちらで扱う商品はアンティークではなく現行品ですが、イタリアならではの迫力あるスターリングの輝きは他にはない存在感を放ち、スタイリングの仕事にも、無数のインスピレーションを与えてくれます。

その世界観に少しでも触れたくて、吸い寄せられるように店内へ。

436257927_7542348655825035_8705348811648398428_n.jpg

二階のサロンで、まずは、美術書のようなカタログを拝見しつつ、圧巻のハイジュエリーコレクションなどを。

435896887_7542348665825034_1286192198191216138_n.jpg

436300407_7542508452475722_5979730006433508306_n (1).jpg

436131424_7542347985825102_3586219968859827445_n.jpg

ところで、昨年、ジ・オークラ東京でセミナー を開催した時、ご参加いただいた方の中に、とてもセンスのよい二人組のマダムがいらっしゃいました。

日本人離れしたジュエリーの纏い方や身のこなしがとても都会的で、ご挨拶がてらお話を伺うと、やはり、それぞれブランドは異なりますが、銀座に本店を構えるハイジュエラーにお勤めだとのこと。そのうちのお一人が、こちら、ブチェラッティのTさんで、以来、イタリアンジュエリーの指南役として、新たな魅力に開眼させて下さっているのです。

436233948_7542348152491752_251825006189588465_n.jpg

436240319_7542348075825093_3894981138765885687_n.jpg

436196667_7542348339158400_1840267665897786953_n.jpg

こちら、上のバンブーモチーフのコレクションは「タヒチ」

ゴーギャンの色彩を彷彿させるようなラフな雰囲気ですが、エピソードがとても粋でリュクスの極み。元々は、とある実業家が所有するヨットで使用するためだけのプレイべートオーダーだったのだとか。

いつかの真夏に見た、停泊する豪華クルーザーで埋め尽くされた、モナコやコスタデルソルの港の光景が蘇ってくるようです。

435693930_7542348505825050_5777461036678770349_n.jpg

和食器の見立てなら豆皿が一般的かもしれませんが、西洋的には、こちらは塩入れのサリエラ(フランス語はサリエール)として使いたい、大小のディッシュ。

古代ギリシアから、奴隷の取引として、貨幣代わりに使われていたほど貴重だった塩は、王侯貴族のテーブルには不可欠で、それを入れる器は絶対に豪華でなければならず、実は他のどの食器よりも凝ったものが作られ、とてつもなく高価な贅沢品だったのです。

緻密で繊細なグレーヴィングが施された風貌は、そんな歴史を持つ塩入れに相応しいオーラを放っています。

ジノリの職人による磁器も。

436261305_7542348662491701_4926016681980868987_n.jpg

シノワズリーな雰囲気の蓋付きカップ。

436422819_7542348512491716_3503522233076669846_n.jpg

ブランドの代表的装飾モチーフ「ダブルルーシュ」から想を得た、ハンドメイドコレクション。

エレガントな弧を描くレース模様に目を奪われていると、久しぶりにフィレンツエに行きたい気持ちが。

そういえば、コロナが始まった2020年の夏は、アルノ川沿いにあるフェラガモのホテルに予約していながら、泣く泣く見送ったことを思い出しました。

コロナがなければ、ポンテベッキオから覗く朝日で目覚め、夕日と共にアペリティボをする夏のホテルライフが過ごせたのに! このブログにも記事が書けたのに!!

マエストロ技の優雅なルーシュを見ながら、なんて私は世俗的なの。。。と思いつつ、フィレンツエへの旅情が再び蘇ってくるのです。

435764036_7542508462475721_2678631956378401838_n.jpg

他、フォトフレームやルームキャンドル等も。

436257813_7542508469142387_2562350748793832667_n.jpg

436232957_7542348509158383_756075123095134874_n.jpg

下は、ヴェネツィアンガラスを埋め込んだフラワーベース。

ディテールに伝統的手工芸の技法が溶け込んでいて、イタリアの誇りを凝縮したようなラインナップに心躍ります。

435680535_7542348329158401_3999010980800330206_n.jpg

そして、Tさんとお話するうち、ブランドのハイジュエリーコレクションの中のある一つのシリーズに、絶大なインスピレーションを与えたとされる、イタリアの地方都市にある小さな教会へ、偶然にもこの夏訪れていたということが、判明するのでした。

続きは、次回へ。

435893496_7542348659158368_3537687006407610581_n.jpg

☆ブチェラッティ公式サイト

https://www.buccellati.com/jp_jp/

436305479_7542348802491687_8370428420581807748_n.jpg

多賀谷洋子

食空間デコレーター。雑誌編集、外資系客室乗務員を経て、テーブルコーディネーターに。ブライダルやパーティ、商業施設から個人宅まで幅広くインテリアデコレーション手がける。雑誌やレシピ本のスタイリングでも活躍。パリスタイル主宰、フランスチーズ鑑評騎士の会 チーズシュヴァリエの顔も持つ。著書「美しくなるチーズレシピ:“チーズは太らない!”ダイエットも、アンチエイジングもチーズにおまかせ!」が話題。

http://paristyle.jp/

ARCHIVE

MONTHLY

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories