ハリー王子&メーガン・マークル結婚記念企画 #02 幼少期からたどる、メーガン・マークルの愛される理由。

Culture 2018.05.18

5月19日にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われる、ハリー王子&メーガン・マークルのロイヤル・ウェディングを祝して、ふたりの半生を総ざらい!

1982年

01-meghan-markle-history-180516.jpg

アフリカ系アメリカ人の母とオランダ・アイルランド系の父をもつレイチェル・メーガン・マークルは、1981年8月4日にロサンゼルスで誕生。この愛らしい写真は6ヶ月ころのもので、右にいるのは17歳年上の異母姉サマンサ・マークル・グラント。サマンサは後年、メーガンのことを「ナルシスト」「ソーシャルクライマー(上流階級の仲間入りを夢見る人)」と口撃し、『The Diary of Princess Pushy’s Sister(厚かましいプリンセスを妹にもつ姉の日記)』という暴露本まで執筆。もちろん、今回の結婚式には招かれていない。photo : Splash/AFLO

第2回目は、将来のサセックス公爵夫人(?)になるかもしれないメーガン・マークルについて、幼少期から振り返る。ハリウッドが生んだ現代のリアルプリンセスとして、そのシンデレラストーリーが連日メディアを賑わせている。ただ、身内からのバッシングなど偏った報道も多く、その素顔は依然ベールに包まれたままだ。
英国王室を10年以上そばで見続けてきた「ゲッティイメージズ」のカメラマン、クリス・ジャクソン氏は、婚約会見以降、すっかりメーガンに魅了されたひとり。幼少期から現在までの写真の端々にとらえられたメーガンのチャーミングな表情を見れば、ハリー王子に愛される最大の理由を知ることができるだろう。 

1987年ころ

02-meghan-markle-history-180516.jpg

ビキニ姿でポージングする様はすでに堂々としたもの! アッパーミドルクラスの家庭で育ったというメーガンは、ハリウッドのショービジネスに携わる両親の影響を受けて、自然とTVの世界で生きていくことを望むようになったという。しかし6歳のときに両親は離婚。メーガンは母の元でつましく生活していたが、離婚から3年後に父が宝くじで75万ドルを当てたことが転機となり、メーガンは名門女子カトリック校、さらにノースウェスタン大学へと進学する。ちなみに大学での専攻は演劇と国際学。photo : Tim Stewart/Splash/AFLO

【関連記事】
ハリー王子に届いた、メーガン・マークルの腹違いの兄の絶望的な手紙

---fadeinpager---

2006年

GettyImages-882120402-RIVISED.jpg

女優としてのキャリアは2002年にスタート。下積み時代は、さまざまなTVシリーズやクイズ番組にゲスト出演を果たしていた。写真は『Deal or No Dealシーズン2に出演した時の貴重な一場面。プライベートでは、最初の夫になる映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンと、6年の交際を経て2011年に結婚。しかし、すれ違いが原因となり2年で破局する。 photo : 882120402, NBC/Getty Images

2011年

04-meghan-markle-history-180516.jpg

メーガンの出世作、TVシリーズ『SUITS/スーツ』がこの年にスタート。弁護士事務所の優秀なパラリーガルで、弁護士志望という“レイチェル・ゼイン”役は、ハリー王子の理想の女性像だったとか。2017年にシーズン7で卒業するまで、レギュラーキャストとして熱演を続けた。photo : 176645760, USA Network/Getty Images

2015年

05-meghan-markle-history-180516.jpg

女優業の一方で、慈善活動にも熱心に取り組んでいるメーガン。ジェンダーの平等と女性支援の国連機構「UNウィメン」の支持者として、国際女性デーで演説を行った。なんでも、女性の権利について目覚めたのは11歳の時と早熟! ほかにも、貧困の中に生きる世界中の子どもたちを支援するNGOワールド・ビジョンの国際大使を務めるなど、さまざまな形で支援活動に力を入れている。写真は、ソーシャルワーカーの母親ドリア・ラグランドさんとともに。photo : Sylvain Gaboury/Getty Images

【関連記事】
メーガン・マークルを支える、3人の華やかな女性たち。

---fadeinpager---

2016年

06-meghan-markle-history-180516.jpg

ハリー王子と交際し始めたころ。ホットパンツから真っ直ぐに伸びたヘルシーな美脚はヨガとピラティスによる賜物だ。ちなみにメーガンの母親ドリアはヨガのインストラクターでもあり、メーガンが若い時からヨガの手ほどきしている。インテンスヨガ、ヴィンヤサヨガ、ホットヨガが特にお気に入りで、その腕前は師範レベルだそう。挙式直前の現在も、ホットヨガやジムトレーニングに精を出しているとの情報も。photo : 547366044, Ray Tamarra/Getty Images

2017年

GettyImages-880220570.jpg

交際約1年半でハリー王子のフィアンセに。「ケンジントン宮殿がハリー王子とメーガンさんの婚約を発表した11月の月曜日は寒くて薄曇りでしたが、ロイヤル・ウェディングというおめでたいニュースでロンドン中が一気に明るくなったように感じました。国際スポーツイベント『インビクタス・ゲームズ』で仲睦まじい様子が目撃されてから噂にはなっていましたが、それでも実際に正式発表されるとみな驚いていましたね。婚約記念写真撮影は故ダイアナ元妃にとっても思い入れの深いケンジントン宮殿で行われましたが、喜びに溢れるカップルを撮影するにはぴったりの場所でした」とジャクソン氏。photo : 880220570, Chris Jackson/Getty Images

2018年

GettyImages-902960434.jpg

ジャクソン氏によるベストショットはこちら。「新年の王室の行事のひとつとして、ハリー王子とメーガンさんは、ブリクストンのラジオ局『リプレゼント』を訪れました。ふたりを一目見ようと集まった大勢の観衆に、はにかみながら声援に応えるメーガンさんの美しさが際立つ1枚です。帰り際に、 DJ が『結婚式での DJを引き受けます!』と言いながら名刺を渡していましたが、はたして彼は雇われたのでしょうか?(笑)」photo : 902960434, Chris Jackson/Getty Images

2018年

GettyImages-925286874.jpg

チャリティ財団「ザ・ロイヤル・ファウンデーション」の公開討論会で、ウィリアム王子夫妻との4ショットが初めて実現。「チャリティに馴染みのあるメーガンさんなら、ケンブリッジ公爵と公爵夫人、ハリー王子が携わっているロイヤル・ファウンデーションの4人目の代表にふさわしいと誰もが思っています。これは王族が関わるチャリティの統括を行っている団体で、この時はロンドンで行われた毎年恒例の討論会に4人が参加して、団体に関する質問に応じた際の1枚です。 取材者からの質問に全員が笑い出した瞬間を捉えました。このイベントでのメーガンさんを見て、彼女はこれまでの経験を活かして、ロイヤル・ファンデーションに大きく貢献すると確信しています」と、ジャクソン氏も期待。photo : 925286874, Chris Jackson/Getty Images

【関連記事】
ハリー王子&メーガン・マークル結婚記念企画 #01反逆児からヒーローへ。ハリー王子の歩みをプレイバック。
メーガン・マークルの、英国王室お作法通信簿。
4ショットが実現! 女性の権利について、メーガンが物申す。
メーガンの頭上で輝くティアラは、いったいどれ?

texte: ERI ARIMOTO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories