ファン歓喜! 「SATC」のフォローアップシリーズ実現か。

Culture 2019.03.29

01-2-SATC-celebrity-news-190329.jpg

パラマウント・テレビとアノニマス・コンテンツが、米ドラマシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の作者であるキャンディス・ブシュネルの新著書「Is There Still Sex in the City?(原題)」の放映権を購入したことが報じられた。

「THR」によると、「Is There Still Sex in the City?」は今年8月に出版予定で詳細は不明だが、「ニューヨークに住む50代女性のセックス、デート、友情」にフォーカスしたストーリーになるようだ。さらに、サラ・ジェシカ・パーカーが演じた“キャリー・ブラッドショー”を中心に据えた続編になるわけではないと付け加えている。

パラマウント・テレビの社長、ニコール・クレメンスは、次のようにコメントを発表し、「Is There Still Sex in the City?」のテレビ化実現をやんわりと認めている。

「オリジナルの『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズは、あらゆる世代の女性にとって画期的な試金石でした。もちろん私にとっても」

「50代の女性の意見が過小評価されているという観点から対話を続け、「この街にはより多くのセックスがある!」という結論に達したことにわくわくしています」

本家本元の『SATC』映画化第三弾がお蔵入りしたいまとなっては、ファンにとってこのニュースは希望の星! 続報を楽しみに待ちたい。

【関連記事】
「SATC」のキャリーが15秒だけCMで復活!

photo: Visual Press Agency/AFLO, texte: ERI ARIMOTO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories