次期007は女性にバトンタッチ!?

Culture 2019.07.17

01-celebritynews-190717.jpg

現在制作中の007シリーズ最新作『Bond 25(原題)』では、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドに代わり、ラシャーナ・リンチが次期007に抜擢されたようだ。女性初の007誕生のニュースに、世界中が湧いている。

ダニエルがボンドを演じるのは次作がラストというのが定説のため、ここ数年、次なるジェームズ・ボンドは誰が相応しいか、論争が交わされ憶測が飛び交っていたが、「Daily Mail」はシリーズ最新作『Bond 25』で、ラシャーナ・リンチがボンドと同じコードネーム‟007”を使用することを報道。女性初となる007の誕生を驚きをもって論じている。

また「New York Post」が伝えるところによると、ラシャーナが演じるのは、ボンドのリタイア後の後任者という。

セクシーな英国人男性、という従来のボンド像を覆すこの大抜擢には、はやくも賛否両論の嵐が巻き起こっているが、ちょっとお待ちを。女性の007というのは、あくまで本作だけの設定のようである。今後の007シリーズでもラシャーナが主演を務めるかは現状では未定だ。

今回の大抜擢で一気に知名度を上げたラシャーナ・リンチは、2019年公開の『キャプテン・マーベル』で知られている英国人女優だ。『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが悪役で出演することも決まり、話題性に事欠かない『Bond 25』は、2020年4月に全米公開予定。

【関連記事】
ラミ・マレック、007最新作に悪役で出演決定!
ダニエル・クレイグ、負傷により007新作の撮影がストップ!

photo: Reuters/AFLO, texte: ERI ARIMOTO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories