Manga meets CHANEL 1 シャネルが『約ネバ』作者とコラボ! マンガがテーマの展覧会とは?

Culture 2021.04.03

芸術を愛し、同時代の芸術家たちを支援したガブリエル・シャネルの精神を引き継ぎ、これまでさまざまな展覧会を開催してきた、銀座のシャネル・ネクサス・ホール。この春、その歩みの新たなチャプターとして、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の人気作『約束のネバーランド』の原作者・白井カイウと作画家・出水ぽすかとの協業による新たなプロジェクトを展開。それは、日本ならではの文化として世界中で認知されている「マンガ/MANGA」を、シャネル・ネクサス・ホール独自の視点で展覧会として構築するという、まったく新しい試みだ。

210331-chanel-01.jpg

©︎白井カイウ・出水ぽすか/集英社

「世界を塗り替えるココ」をテーマにしたイラスト。新しいビジョンを提示し、女性たちのスタイルを塗り替えてきたガブリエル シャネルと鏡面のようなイメージ。

また、話題の原作者・作画家である白井と出水が、ガブリエル・シャネルの人生やクリエイティビティに共鳴し、描き下ろしたコミックも、展覧会と同時期に刊行予定というのもうれしいニュース!  作者たちがシャネルというブランドに触れて綴ったオリジナルストーリーでは、ガブリエル・シャネルのユニークなフィロソフィや強いパッションを体現する3名の登場人物のエピソードが、現代の東京を舞台に生き生きと描かれる。

210331-chanel-02.jpg

©︎白井カイウ・出水ぽすか/集英社

少年とリップスティックを描いたイラスト。

---fadeinpager---

コミック刊行に先駆け、4月28日から開催される展覧会『MIROIRS - Manga meets CHANEL / Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか』では、マンガ作品をもとに、ストーリーに込められたメッセージが立体的に表現される。シャネルのアイコニックなアイテム「シャネル N°5」「リップスティック」「リトルブラックドレス」にまつわる貴重な資料も複合的に展示され、作者たちとシャネルとの時代を超えた出会いを追体験することができるのだ。

展覧会タイトル『MIROIRS』(ミロワール)とは、フランス語で「鏡」の複数形。パリのカンボン通り31番地にあるオートクチュールサロンとガブリエル・シャネルのアパルトマンの間には、鏡張りの階段が設置されている。1日に何度もこの階段を上り下りしたガブリエルは、「私は階段で暮らしていました」と述べたほど。

この伝説的な鏡張りの螺旋階段をロベール・ドアノー、フランク・ホーバット、セシル・ビートンといった時代を代表したフォトグラファーたちがカメラに収めてきた。アパルトマンにはすべての部屋に鏡が置かれていて、彼女のパーソナリティと、愛した旅の軌跡を証明する場所。鏡を通り抜け、ひとつの世界からもうひとつの世界へ通り抜けていたかのように、アパルトマンの入り口もまた、鏡で覆われているのだ。

210331-chanel-03.jpg

© Robert Doisneau_GAMMA RAPHO

ロベール・ドアノーが撮影した、複数枚の鏡に映るガブリエル・シャネル。

「ガブリエル・シャネルについて調べていく中で、彼女が語ったと言われる『鏡は厳しく私の厳しさを映し出す それは鏡と私の闘い 私という人間をあらわにする』という言葉がありました。避けられない”自分”そのものを映し、教えてくれる”鏡”。今回、ガブリエルの数ある多面(と私個人が感じ取ったもの)の一部をモチーフにして、各章それぞれの物語を組み立てました。ガブリエルの多面性を何枚もの鏡に見立て、また、ガブリエルのアパルトマンの印象的な鏡の数々をイメージして、タイトルは『MIROIRS』にしました」と、白井カイウはコメントを寄せる。

複数枚の鏡というイメージに見立て、ガブリエル・シャネルをマンガというフィルターを通して表現する斬新な試みで、いまを生きるすべての人々に力強いメッセージを届けるこの展覧会、さっそくスケジュール帳に鑑賞日の予定を入れて。

---fadeinpager---

210331-chanel-04.jpg

©︎白井カイウ・出水ぽすか/集英社

香水瓶と東京を描いたイラスト。

---fadeinpager---

210331-chanel-05.jpg

©︎白井カイウ・出水ぽすか/集英社

「世界を塗り替えるココ」をテーマにしたメインビジュアルの初期段階でのイメージラフ。リトルブラックドレスを着た女性の足元には、油彩の道具を思わせるフレグランスのボトルが。

---fadeinpager---

210331-chanel-06.jpg

©︎白井カイウ・出水ぽすか/集英社

少年とリップスティックを描いたイメージラフ。

---fadeinpager---

210331-chanel-07.jpg

©︎白井カイウ・出水ぽすか/集英社

香水瓶と東京を描いたイメージラフ

『MIROIRS - Manga meets CHANEL Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか』
期間:4/28(水)~6/6(日)
会場:シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)
tel : 03-3779-4001(シャネル・ネクサス・ホール事務局)
開)11時~19時30分
入場無料
無休
※要予約。詳細は下記ウェブサイトにて。
https://chanelnexushall.jp/program/2021/manga

texte : NATSUKO KADOKURA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories