2021年 第74回カンヌ国際映画祭 ジョディ・フォスター、妻とレッドカーペットに登場!

Culture 2021.07.08

今回のカンヌ映画祭で名誉パルムドールを受賞した58歳の女優が、7月6日、51歳の写真家の妻とともにオープニングセレモニーのレッドカーペットに登場し、注目を集めた。

jodie-foster-et-sa-femme-alexandra-hedison-a-l039ouverture-du-festival-de-cannes-2021-photo-5.jpeg

カンヌ映画祭の名誉パルムドールを受賞後、会場のグランテアトル・リュミエールでパートナーとキスを交わすジョディ・フォスター。(カンヌ、2021年7月6日)

7月6日、カンヌ国際映画祭のオープニング・セレモニーに、ジョディ・フォスターは2014年に結婚した妻のアレクサンドラ・ヘディソンを伴って登場した。会場ではジョディがパートナーをスパイク・リーやマギー・ジレンホールに紹介する姿も見られた。

レッドカーペットで見つめ合ったり、抱き合ったり、さっとキスをして笑い合ったりする女優と写真家のカップルの熱々ぶりは、注目を集めた。

---fadeinpager---

2013年にカミングアウト

jodie-foster-et-alexandra-hedison_0.jpeg

カンヌ国際映画祭で名誉パルムドール賞を受賞したジョディ・フォスター。(アレクサンドラ・へディソンと、2021年7月6日) photo : Getty Images

2013年のゴールデン・グローブ賞の授賞式で、ジョディ・フォスターは初めて公に自分の同性愛について語った。それは女性プロデューサーのシドニー・バーナードとの関係が終わってから5年後のことだった。

「私の最愛のパートナーの1人に感謝することなく、ここに立つことはできません。勇敢な共同育児者であり、元恋人であり、ソウルメイトであり、ざんげする相手であり、スキーのパートナーであり、助言者であり、20年来の親友であるシドニー・バーナードです」とジョディは当時スピーチした。シドニーとの間には、1998年と2001年に生まれた2人の息子、チャールズとキットがいる。

スピーチと同じ年、ジョディ・フォスターは写真家のアレクサンドラ・ヘディソンと出会い、翌2014年に結婚した。そして今年、待望の第74回カンヌ国際映画祭で、ふたりは名誉パルムドール授与の場に仲良く一緒に出席した。

text : Chloé Friedmann (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories