エリザベス女王、入院も「気力は充実している」。

Culture 2021.10.25

95歳の英国君主は医師からのアドバイスに従い、いくつかの健康診断を受けた。そのために10月20日から一晩、病院で過ごした。

elizabeth-ii-a-passe-une-nuit-a-lhopital.jpg

念のため一晩入院し検査を受けたというエリザベス女王。(カーディフ、2021年10月14日) photo : Getty Images

エリザベス女王陛下は10月20日の夜を病院で過ごされた。バッキンガム宮殿は、女王がウィンザーに戻った日に、このような声明を発表した。彼らの情報によると、今回の入院は女王の医師団による予防的な措置だという。「女王陛下は、数日間の安静が必要との医師のアドバイスに従い、水曜日(10月20日)の午後に病院で予備検査を受けました。今日のお昼にはウィンザー城に戻り、元気に過ごされています」

---fadeinpager---

「不本意な」休養

この強制的な休養のため、エリザベス女王は10月20日に予定していた北アイルランド訪問をキャンセルした。女王は、北アイルランドの誕生100周年を記念して、同地に2日間滞在する予定になっていた。この休養を「不本意ながら受け入れた」という。

入院の前日には、チャールズ皇太子ウィリアム王子などの王室メンバーと一緒に、世界のビジネスリーダーや投資家を迎えた「グローバル投資サミット」のレセプションに出席。ゲストとして、ビル・ゲイツや米気候問題大統領特使のジョン・ケリーなどが参加していた。

text : Camille Lamblaut (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories