ミドルトン家御用達!英国のプチブランドとは?

Culture 2022.06.23

キャサリン妃の母、キャロル・ミドルトンがロイヤルアスコットで着たのがME+ EM(ミーム)のアイテム。ミドルトン家は母娘でこのブランドがお気に入りだ。ME+ EMにとっても効果絶大な広告塔のようになっている。

01-220621-middleton.jpg

キャロル・ミドルトンとその娘、キャサリン妃とピッパは、ME+ EM(ミーム)のドレスを着用。photography: Abaca/Getty Images

先週末に開催された英国の馬術競技会「ロイヤルアスコット」で、キャロル・ミドルトンが着ていたのは、キャンディピンクを基調としたベルト付きのロングシャツドレスだった。娘のキャサリン妃も、1年前にスコットランドで行われた小さな女の子とのインタビューに、まったく同じスタイルで出席している。さらに、ケイトの妹ピッパも、6月上旬に行われたエリザベス女王の生誕を祝うコンサートで、緑のロングドレスを着て、妊娠している様子が明らかとなった。彼女たち全員が着ているのは、2007年にインターネットで発売され、現在も好調なイギリスのブランドME + EMだ。

---fadeinpager---

02-220621-middleton.jpg

ロイヤルアスコットで、キャロル・ミドルトンもME+EMのキャンディピンクのベルト付きシャツドレスを着用していた。(アスコット、6月13日月曜日) photography: Abaca

このブランドは、キャサリン妃を筆頭に、多くのセレブリティに愛用されている。フランス発のブランドSézane(セザンヌ)で見られるような、多数のロイヤルカスタマー(Instagramで30万人以上のフォロワーがいる)たちに熱狂的に支えられている。

この成功の裏側にはある女性の存在がある。元広告会社役員で、コンフォート・ホームウェアを専門に扱う「ME + EM」(旧称「The Pyjama Room」)の創設者であるクレア・ホーンビー(52歳)だ。2児の母であり、3人のティーンエイジャーの継母でもある。彼女の人物像とサクセスストーリーはしばしば『タイムズ』紙で紹介されている。自宅の一部を抵当に入れ、貯金をすべて注ぎ込んでブランドを立ち上げた。しかし、なかなかビジネスが軌道に乗らない......。当時は(新型コロナウィルスの)ロックダウン時期でもなかった。

このままでは、起業の道を閉ざされてしまうと思ったが、夫から「あきらめないように」と励まされた。そこで彼女は名前と市場を変え、忙しいアクティブな女性のための質の高いベーシックアイテムを専門に扱うようにしたのだ。パラッツォ・トラウザーは、ファーストコレクションで発表されたワイドパンツで、それ以来、飛ぶように売れているベストセラー。以来、売れ行きは好調だ。

---fadeinpager---

忙しい現代女性のために

03-220621-middleton.jpg

エリザベス女王のプラチナジュビリーでのピッパ・ミドルトン。(ロンドン、2022年6月4日) photography: Getty Images

ME + EMは、お洒落で機能的なデザインのエッセンスで構成されている。創業者によれば、これこそが人気を勝ち取るための最高のレシピだという。ミドルトン家が同ブランドに注目し続ける理由がそこにある。

クレア・ホーンビーはイギリスのファッションサイト、Redonline(レッドオンライン)で語っている。

「私たちの場合は、忙しい現代女性のための洋服を作るというルールを守り、そこから外れないことが大切です。そうすれば、注目されます。流行は追いません。戦略を貫けば貫くほど、目指したものが達成され、評価されます。口コミマーケティングが基本です」。

text: Sabrina Pons (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories