還暦を迎えても輝きは永遠! トム・クルーズの歩み。

Culture 2022.07.03

この7月3日に60歳の誕生日を迎えたトム・クルーズ。ニューヨークで過ごした幼少期からジョセフ・コシンスキー監督による『トップガン』最新作まで、トム・クルーズの波乱に満ちた人生を写真で振り返る。

【関連記事】ティーンの頃と全然違う!? トム・クルーズの顔変遷。

84627221a8478897f84697a6a2cc65474f21f9f55ed0546506545148bccff68a.jpg

トレードマークのレザージャケッを纏ったトム・クルーズ。photo : Abaca

5月27日に公開された映画『トップガン マーヴェリック』は、世界中で大成功を収めている。5月18日のカンヌ国際映画祭では名誉賞のパルムドール・ドヌールを受賞した。ミッション:インポッシブル」シリーズの第7弾は来年2023年にも公開予定。さらに、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編撮影で今後のスケジュールも詰まっている。

7月3日に60歳の誕生日を迎えたトム・クルーズの輝きが失われることは決してない。アクション映画は、彼のプロフェッショナルとしての、そしてロマンス、挫折、贖罪とに満ちた人生を映し出している。

1962年、ニューヨーク州シラキュースで生まれたトム・クルーズは、特別支援教育の教師メアリーと電気技師のトーマスの間に生まれた。父からは虐待を受けていたという。両親の離婚後はカトリックの神学校で学び、一時は神父になりたいと思ったこともあった。しかし、退学をすすめられた彼は、自分の歩むべき道を舞台に見出す。

ロマンティック旋風

トム・クルーズは18歳の時、ニューヨークに飛んだ。その後、『ミッション:インポッシブル』(1996年)、『トップガン』(1986年)、『レインマン』(1988年)など伝説的な映画に出演している。アカデミー賞3部門にノミネートされ、『7月4日に生まれて』(1989年)、『ザ・エージェント』(1996)、『マグノリア』(1999)でその才能をいかんなく発揮した。しかし、サイエントロジーとの密接な関係や映画での暴言が、彼の成功に影を落とすこともあった。

1987年から1990年までミミ・ロジャースと結婚し、その後、ニコール・キッドマンと11年間、ペネロペ・クルスケイティ・ホームズと関係を持った。ケイティ・ホームズとは2006年に結婚し、2012年に離婚している。ニコール・キッドマンとのロマンスで迎えた養子のイザベラ(1992年)、コナー(1995年)、そしてケイティのロマンスで2006年に生まれたスリの3児の父であるこの俳優は、現在は独身だ。

60歳になったいまも、トム・クルーズの美しさはまったく変わらない。

text : Lucie Lanzon, Chloé Friedmann (mdaame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories