「ロンドン橋計画」「ユニコーン作戦」......女王の死去から10日間の緻密なスケジュールとは?

Culture 2022.09.09

葬儀や新国王の即位、ウィリアム王子キャサリン妃への新しい称号授与等、エリザベス女王が死去した後の手順を決めた計画書が「ロンドン橋計画」だ。この計画の「ユニコーン作戦」が発動されたいま、これからの10日間にどんなことを予定されているかを見ていこう。

00-220909-operation-london-bridge.jpg

パインウッド映画スタジオを訪れたエリザベス女王。(2007年11月2日、バッキンガムシャー州) photography: Abaca

女王の死去に伴う行動計画は1960年代に策定され、その後秘密裏にブラッシュアップされてきた。計画の中核は2014年に引退した元従者、アンソニー・メイザー中佐が定めたもので、君主の死去後の10日間について定めている。その名もロンドン橋計画。エリザベス女王が9月8日の夜に亡くなったことで、この計画が開始された。

女王はスコットランドのバルモラル城で亡くなったため、ロンドン橋計画のなかでユニコーン作戦と呼ばれる計画が実行される。ユニコーンの名は、イギリスの国章に描かれるユニコーンがスコットランドの象徴であることに由来する。エリザベス女王の棺はまずスコットランドの首都、エディンバラ市のホリールード宮殿に安置される。同市のセント・ジャイルズ大聖堂でミサが行われた後、エディンバラ・ウェイヴァリー駅からイギリス王室専用列車「ロイヤルトレイン」でロンドンへ移送される。なお、海外で亡くなった場合は、「ロイヤル・フライト」と呼ばれるジェット機が棺を用意してロンドン西部のノーソルト空港から飛び立つはずだった。

スコットランドのメディアによると、スコットランドで死去した場合の手順を定めたこの作戦の名称が公で初めて使用されたのは2017年で、世界中から殺到するであろう弔問客対応の検討を議会が行う過程で用いられた。

スコットランドの新聞、「ザ・ナショナル」紙によると、エリザベス女王の死を悼み、スコットランド議会は現在活動を中断している。ちなみにロンドン橋計画が一般に知られるようになったのは2017年、サム・ナイト記者が「ガーディアン」紙でその詳細を報じてからである。それは偶然の介入を徹底的に排し、軍事行動に匹敵するほど緻密な計画であった。

---fadeinpager---

健康状態への「懸念」

ふりかえると、エリザベス女王の健康状態が思わしくない状態はずっと続いていた。2021年11月14日のリメンブランス・デーの戦没者追悼式や、その2日後の英国国教会の総会(ゼネラル・シノッド)への出席をとりやめたこともその一例だ。2021年10月21日には緊急一泊入院もしている。

 

 

女王は9月8日に医師団から健康状態への「懸念」があると診断されて医師の管理下に置かれ、その日のうちに96歳で亡くなった。この瞬間から関係者が一斉に動き出した。これまで舞台裏で準備してきた、新国王によるスピーチや各地歴訪、称号変更手続きや葬儀の段取りを実行に移す時が来たのだ。

---fadeinpager---

第一報は王室秘書官から

女王の死を最初に伝える役目を担うのは王室秘書官のクリストファー・ガイト卿で、彼から首相へ連絡が行く。「ロンドン橋が落ちた」というコード・フレーズは果たして使われたのだろうか。その後、外務省から訃報がイギリス連邦加盟諸国へ入り、さらに世界中の国家元首、大使、首相らにも第一報が入った。

「ミセス・ロビンソン」

直後にマスコミも訃報を知ることになる。何十年もの間、BBCがこの手のニュースの第一報を独占していたが、いまでは優位性を失い、今回、女王の死を最初に報じたのはPA通信だった。

もっとも冷戦時代にBBCが考案した警報システム、「ラジオ・アラート・トランスミッション・システム(ラッツ)」はまだ機能しており、これがBBCのオフィスで鳴り響いたはずだ。BBCは何十年も前から王室関係者の死去の際にこのシステムを活用している。一方、ラジオ各局には青い「訃報ランプ」があり、これは全国レベルの災害などが発生したときに点灯することになっている。

英王室が女王の死去を発表するとこのランプが点滅する。これを合図にDJは哀愁を帯びた音楽を流しはじめ、BBCテレビのキャスターは黒ネクタイとスーツ姿に着替える。ニュース専門局の「スカイ・ニュース」では「ミセス・ロビンソン」のコードネームで女王の死去に伴う報道のシミュレーションを何年も前から行い、王室専門家に出演してもらうための独占契約もすでに済ませているという。一方、「タイムズ」紙では死去を報じる一面記事を11パターンあらかじめ用意していたと言われる。

---fadeinpager---

従僕が死亡告知を宮殿前に掲示

並行してバッキンガム宮殿では喪服姿の従僕が宮殿前に黒枠の死亡通知を掲げ、宮殿のウェブサイトにはモノクロの簡素な通知が掲載された。ニュースは瞬く間に広がり、イギリス国民に大きな衝撃を与えた。両院は哀悼の意を表すとともに新国王に忠誠を誓い、フライト中の航空機ではパイロットが乗客にニュースを告げた。

弔問記帳

女王の棺はロンドンへ移送後、バッキンガム宮殿の玉座の間に安置され、グレナディアガーズ近衛連隊4名によって守られる。エリザベス女王の従業員は頭に叩き込んである手順に従い、チャールズ皇太子の従業員に場所を明け渡す準備を進める。半旗が掲げられ、ウェストミンスター寺院の鐘が鳴らされる。これから世界各国の首脳が弔問にロンドンを訪れることだろう。

全国文官協会(NACO)が2014年に発表したマニュアルでは死去の翌日から各地の自治体が役場や図書館、博物館などで弔問記帳を受け付けることを推奨している。地方都市で大型スクリーンを設置して、これからの行事のパブリックビューイングということも考えられているようだ。また、訪英するヨーロッパ王族のうち一部は宮殿に滞在し、それ以外はクラリッジズ・ホテルへ、なんてことも想定済みだった。

---fadeinpager---

新国王の即位

警察や警備、交通、軍隊の調整をするためにデジタル文化・メディア・スポーツ省内に政府チームを設置することも予定されている。

ロンドン橋計画の関係者は年に2〜3回集まり、ガイドラインを慎重に更新してきた。チャールズ国王のスピーチも計画に盛り込まれている。女王死去の翌日に新国王チャールズ3世の即位宣言を行い、これに一万人を招待する計画もあった。女王死去でチャールズ皇太子は自動的に国王となるのだが、ロンドン橋計画では翌日にハイドパークから礼砲41発を発射し、午前11時にセント・ジェームズ宮殿で即位宣言を行い、その後、首相と面会という段取りになっていた。さらに9日間で4カ国を公式訪問することも記載されている。

女王死去の4日後、女王の棺はバッキンガム宮殿からウェストミンスター・ホールに移され、礼拝が行われる。その後4日間、毎日23時間公開され、国民と別れを告げる期間が設けられる。王冠の宝石を守るため、棺には仮の蓋をかぶせることになっている。

---fadeinpager---

2分間の黙祷

葬儀はチャールズ新国王の歴訪が終了した後、ウェストミンスター寺院で2,000人の来賓を迎えて行われる。葬儀当日は祝日となる予定で、正午には全国民による2分間の黙祷を行う。棺は馬車で寺院に運ばれ、カンタベリー大主教のジャスティン・ウェルビーによる国葬が行われる。その後、ウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂の墓所に埋葬される。

フィリップ王配の棺も女王と一緒に埋葬するために移される予定だ。チャールズ3世の戴冠式は喪の期間が明けてからとなる。新国王の肖像画がついた新しい硬貨や紙幣の発行や、国歌を「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン(God Save The Queen)」から「ゴッド・セーブ・ザ・キング(God Save The King)」へ変更することも予定されている。

今回の王位継承により、ウィリアム王子夫妻はプリンス&プリンセス・オブ・ウェールズとなる。今年の2月、エリザベス女王は息子が国王になった暁にはカミラ夫人にクイーンコンソートの称号を与えることを希望する旨を表明した。それが70年の治世で女王が遺した最後の贈り物となった。

text: Chloé Friedmann (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories