シャーロット王女のブローチに込められたメッセージとは?

Culture 2022.09.21

ウェストミンスター寺院で執り行われたエリザベス女王の国葬で、母親のキャサリン皇太子妃同様、シャーロット王女もパーソナルなメッセージが込められたブローチを身につけ、注目を集めた。

 

 

プリンセス・オブ・ウェールズが着用したブローチ。Instagram@britishvogue

エリザベス女王の国葬には、幼すぎるルイ王子は欠席したが、ジョージ王子とシャーロット王女が参列した。この日、エリザベス女王を「ガンガン」と呼び慕った、曽祖母にそっくりなシャーロット王女(7歳)は、黒いコートに大切なディテールを加えていた。

葬列を歩くシャーロット王女の胸には、ホワイトゴールドの蹄鉄が輝いていた。これは、乗馬への情熱を共有したひ孫のために、エリザベス女王から贈られたものだ。

数日前には、フィリップ王配と馬車競技の趣味を分かち合った女王のひ孫、レディ・ルイーズ・ウィザーの胸元にも、乗馬にまつわるジュエリーが着けられていた。ひとつの時代が終わろうとしている......。

text: Anne-Sophie Mallard (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories