李家幽竹が指南、下半期の"縁"を繋ぐ11のアクション。

Culture 2023.08.26

2023年は、今後9年の「縁」が決まるとされる重要な1年。コロナ禍を経て、新しい時代の始まりを予感するいま、さまざまな繋がりに影響を及ぼす「縁」は欠かせないキーワードに。下半期におすすめの11の開運アクションを実践して、とびきりの「縁」を呼び込んで!


2023年は、四緑木星が中宮に位置する「木」の年。そして、同時に「風」の気を持つ珍しい年だそう。「風」の気が司るのは、「縁」。李家は、「そんな年に、コロナ禍がひとつの収束を迎えたのは幸運でした」と語る。

「コロナ禍の3年間は、人の往来が大きく制限されたことで、人と人との繋がりが薄れ、『縁』の気も弱まっていました。しかし、『縁』の気が広がらないところに『運』の気が広がることはありません。だからこそ、私たちは、あらためて人の繋がりを意識していくことが肝心なのです。たとえば、すっかり当たり前になったマスクは人との間に壁を作るアイテム。そのうえ、“隠す”という行為には『風』の気を止めてしまう力があります。そろそろ、密な場所を除いては、できるだけ素顔を見せていくようにしたいですね」

また、「縁」の気は、その人の“印象”から広がっていくそう。つまり、この下半期は、その“印象”を左右するファッションやメイクが、とても重要な役割を担うことになるのだ。

「ここ数年は、リモートワークなどで人と会う機会が減り、『毎日、同じ服でいいや』なんて思っていませんでしたか? この下半期、ファッションやメイクとの向き合い方は、今後の生き方にまで影響を及ぼすと言っても過言ではありません。ただ、それは逆に言えば、生まれ変われるチャンスでもあります。自分の理想の姿をファッションやメイクで表現して、新たな“印象”に塗り替えて。さらに、『縁』の気を活性化させていきましょう」

01-Yuchiku_Rinoie-index-230620.jpg

ブラウス¥265,000(予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス)

---fadeinpager---

■人間関係運

「今年は、人間関係運がすべての運気のベースになると考えてください。コロナ禍で“人と会うこと=社交”が制限されると、オンラインを利用したコミュニケーションが一気に発達しましたが、人の繋がりを運気に繋げるためには、やはり“空気感”が欠かせません。実際に同じ空間で顔を合わせ、呼吸や肌感覚、体温などを感じ合うこと。すっかり社交が億劫になってしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、最低でも、コロナ前の3分の2程度までは人と会う機会を戻していきましょう。また、自分の呼吸を整えることも、運気アップに効果的。しっくりくる呼吸法を取り入れて。さらに、よい香りはよい人間関係を築いてくれます。体臭や口臭ケアは万全に、周囲にも自分にも心地いい香りを纏う習慣をつけましょう」

出会い運

「風水で言う『縁』とは、人はもちろん、モノや出来事との繋がりも意味しています。そして、“出会い”につきもののワクワク感は『縁』の気を活性化することに。出会い運を鍛えるには、身体の末端に気を配ってみましょう。まず重視すべきは毛髪ですが、家にいることが多かった頃は、適当に結んでいたことも多かったのではないでしょうか。下半期は、心機一転、いまの自分に似合うヘアスタイルを追求して。おすすめは、風になびく軽やかさ。巻いたり流したりと工夫してみましょう。もうひとつ覚えておきたいのが、指先の活性化。ネイルケアは言うまでもなく、コロナ禍で指の関節に「風毒」が溜まっているかもしれません。関節を動かすと老廃物の存在を感じたり、第一関節を押すと、血管の詰まりのような痛みがあったりしませんか? マッサージで関節の動きをなめらかにして、新たな出会いを引き寄せましょう」

金運

「日常生活に多くの制限を受けていたこの3年間、楽しみごとが減ってしまったと感じていた方もきっとたくさんいらしたでしょう。下半期は、1日1回笑顔になれることを見つけて金運をパワーアップ。『縁』が大切な年なので、できるだけ、人とのコミュニケーションのなかで楽しみごとを増やしていきましょう。寝る前に楽しかったことを思い出し、噛み締めながら眠ると、よい運が自分に定着します。また、手軽に得やすいのは“食べる楽しみ”ですね。おいしさに感動するだけでなく、テーブルに飾られた花を愛でたり、食器や盛り付けを楽しんだり、シチュエーションまでときめく、そんな食事を目指しましょう」

恋愛運

「恋愛運をアップするには、とにかく肌を磨くこと。スキンケアやメイクを駆使して、キレイな肌を演出しましょう。唇の荒れも大敵なので、きちんとお手入れを。さらに、肌に直接触れるランジェリーはとても重要。インナーこそコロナ禍で最も手を抜いていたもののひとつではないでしょうか。ラクな着け心地をアピールするランジェリーも増えましたが、こだわりたいのは“自分の容姿に反映させたいデザイン”かどうか。ランジェリーは、そのまま身に着ける人の印象になります。なりたい女性のイメージで吟味して」

健康運

「今年、最も大事なのは、体内の循環をよくすること。なかでも、首や手首、足首、肘、膝、腰など関節の滞りは健康運を大幅にダウン。また、『風』の気は『水』で止まる性質があるため、身体のなかに余分な水分が溜まると『風』の気がストップしてしまいます。マッサージや運動やサプリメント、食生活など、多方面からのアプローチで血行を巡ら
せ、むくみなどの滞りを改善しましょう。さらに、病気の面ではウイルスの蔓延に注意。コロナについても気を抜きすぎることなく、空気清浄機などで予防対策をして」

pick up!
願いを叶えたい時は言霊の力を借りて。

「ここ数年は、人と言葉を交わす機会が減っていたからこそ、いま、私たちの言霊はこれまで以上に力を溜め込んでいます。いまこそ言霊を有効活用して。前向きな言葉を発することで、よい言霊を育てましょう。おすすめは“願い”を言葉にすること。ただし、“願い”とは“欲望”と“希望”の間にあるものです。『他人はどうなっても構わないから自分の願いを叶えたい』のは“欲望”の部類。本当の“願い”は身近な人や社会にもよい影響を与えるのです。とはいえ上っ面の綺麗事は魂とリンクしないためうまく育ちません。本心からの“願い”を言葉にして。さらに気をつけたいのは、悪い言霊に近寄らないこと。噂話や悪口は悪い言霊を成長させます。同意を求められた時は、『そうなんだ?』『ひどい話もあるんだね』と、聞き流しましょう」

【11のアクション index】

1. 纏うものはトレンドを意識して。
2. リボンなどで可愛らしいスタイルに。
3. サステイナブルなファッションを。
4. アクセサリーはレイヤードして。
5. ネイルで爪先をいつでも美しく。
6. 肌を保湿して運気を身体に取り入れる。
7. 香りにこだわり、心地よく漂わせて。
8. 花を飾ろう!
9. 古い布は手放して、リネンをアップデート。
10. 風が心地いい旅先へ出かけよう。
11. 仲間と一緒にレストランへ!

李家幽竹 / Yuchiku Rinoie
一般社団法人 空間風水学会 理事長。風水師。テレビ、雑誌、セミナーなど幅広く活躍。累計販売書籍は700万部数以上。主宰する空間風水学会では風水アドバイザーの育成に尽力。会員制オンラインサロン「幸せになる風水サロン」も運営。
http://yuchiku.com

*「フィガロジャポン」2023年8月号より抜粋

photography: Saki Omi (io) styling: Michie Suzuki hair: Hori (bNm)  makeup: Kie Kiyohara (Beauty Direction)  text: Haruko Murakami

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories