イーロン・マスクとジョニデ元妻アンバー・ハード、交際していた「地獄」の1年間とは?

Culture 2023.09.18

ウォルター・アイザックソンによるイーロン・マスクの評伝が2023年9月13日(日本時間)に世界同時発売された。ジョニー・デップの元妻、アンバー・ハードとの交際についても語られている。

00-230914-elon-musk.jpg

シドニーで散歩をするアンバー・ハードとイーロン・マスク。(2017年5月28日) photography: Abaca

女優アンバー・ハードとの交際は、スペースX創業者のイーロン・マスクに深い傷跡を残した。2023年9月13日(日本時間)に世界同時発売されたイーロン・マスクの評伝で、著者のウォルター・アイザックソンは、ふたりの交際について詳しく語っている。交際が公になったのは2017年4月のことだった。当時アンバー・ハードはジョニー・デップと壮絶な離婚劇を繰り広げた後、映画『アクアマン』(2018)のヒロイン役に選ばれていた。

イーロン・マスクとアンバー・ハードの恋愛は波瀾曲折で、一旦別れて復縁した後、最終的に破局したのは2018年のことだった。ロサンゼルス・タイムズが報じたところによれば、この交際はイーロン・マスクを1年以上も暗い渦に巻きこみ、その時の後遺症はいまも本人を悩ませていることが評伝に書かれているそうだ。しかも「彼の兄や友人は彼女を忌み嫌っていた」とウォルター・アイザックソンはつけ加えている。

---fadeinpager---

地獄のような日々

著者によれば、アンバー・ハードとつきあっている間、スペースX創業者にとって「地獄のような」日々だったそうだ。イーロン・マスク本人もふたりの関係を「非常に暴力的」と表現していた。著者に対し、アンバー・ハードは別れてもまだイーロンのことが「とても」好きだと語った。同時に、彼は自分にふさわしい相手を選ばないこともあるとも。「イーロンは火遊びが好きで、時には火傷することもある」とアンバーは指摘した。

評伝では「不安定な関係」と題した章でふたりの関係を取りあげている。大富豪が女優を見初めたのは2013年、彼女が映画『マチェーテ・キルズ』に出演しているのを見たことがきっかけだった。一年後、アンバーがスペースX社を訪問し、ふたりは初めて出会った。アンバーはイーロン・マスクの仕事ぶりに惹かれた。「自分はオタクだと思う。たとえセクシーな女性とも言われても」とアンバー。この日、イーロンはアンバーをテスラでドライブに連れ出したと言われている。

---fadeinpager---

熱愛

イーロン・マスクが2017年4月、オーストラリアで『アクアマン』を撮影中の女優を訪ねてくる前から、ふたりはすでに何度も会っていたらしい。評伝によると、アンバー・ハードはボーイフレンドとの「ロールプレイングゲーム」のためだと、人気オンラインゲーム『オーバーウォッチ』のキャラクター、「マーシー」のコスチュームを注文したこともあった。しかしその後、ふたりの仲はだんだん険悪になっていく。

2017年12月、イーロン・マスクの家族と南アフリカを旅行中にふたりは激しく口論したようだ。アンバー・ハードはウォルター・アイザックソンに対し、この時に口論したことを認めたが、その一方で旅行中の大晦日の晩、彼女がイーロンにやさしくキスするシーンのスナップや動画を著者に見せることにこだわった。

イーロン・マスクの兄、キンバル・マスクは、イーロン・マスクが「意地悪な人を好きになる」ことを嘆いた。「彼女たちは確かに美しいが、非常にダークな面を持っており、イーロンも彼女たちが有害であることを知っている」とも。なぜ激しい気性の女性を好きなのかを尋ねられたイーロン・マスクはこのように答えたそうだ。「恋愛というものに夢中だからだ。自分はしょっちゅうクレイジーになるが、恋愛が絡めばなおさらだ」と。

text: Chloé Friedmann (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories