元ヴィクシーエンジェル、プラスサイズモデルに。

Culture 2023.09.22

タイラ・バンクスは、シャネルイヴ・サンローランドルチェ&ガッバーナのランウェイを歩いてきた。現在49歳のスーパーモデルは、プラスサイズのブランドの顔になることを誇りに思っている。

 

タイラ・バンクスがカレン・ミレンのアイコンズ・コレクションの顔に。Instagram @karenmillen

9月初めのニューヨークでは、リンダ・エヴァンジェリスタクリスティ・ターリントンシンディ・クロフォードといったスーパーモデルたちがランウェイに復帰し、センセーションを巻き起こした。同期のタイラ・バンクスも彼女たちに続き、長きに渡り、世界で最も美しい女性のひとりとみなされていた。

2008年には、米雑誌「グラマー」からヒラリー・クリントンと並んでパーソナリティ・オブ・ザ・イヤーに選ばれたほどだ。15歳でモデルを始めたタイラ・バンクスは、シャネルからイヴ・サンローランまで、多くの一流メゾンのランウェイを歩いてきた。そして数々の雑誌の表紙を飾ってきた。ランジェリー・ブランド、ヴィクトリアズ・シークレットと契約した初の黒人モデルとなったことでも、その名を知らしめた。

---fadeinpager---

「ランウェイに出演していた頃のような体型ではない」

02-230919-victoria-secret.jpg

1998年、ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイを歩いたタイラ・バンクス。photography: Ron Galella / Ron Galella Collection via Getty

その後、タイラ・バンクスは、女優、作家、歌手、さらには司会者、プロデューサーなど、さまざまな職業に就くことを選んだ。彼女は「アメリカズ・ネクスト・トップモデル」の製作総指揮を務め、2005年から2010年まで自身のトーク番組も持っていた。

また、タイラ・バンクスは体型に関する問題でも注目を集めている。長年、ナオミ・キャンベルのライバルと見られていたモデルのタイラ・バンクスがタブロイド紙のターゲットになったのは、2007年に約30キロ太ったときだった。テレビ司会者としても知られるタイラ・バンクスは、ここ数年間で体重が変動しているが、それについて隠すつもりはない。彼女はプラスサイズの衣料品を専門とするブランド、カレン・ミレンの広告モデルになることを決意したのだ。以前、スーパーモデルのヘレナ・クリステンセンが同ブランドの広告モデルを務めていた。

雑誌「ピープル」のインタビューに応じたタイラ・バンクスは、このコラボについて再び語った。(彼女はこのアイコンズ・コレクションの制作にも関与している。):「私はランウェイに出演していた頃のような体型ではないので、こうして自分にフィットする服を手にすることは珍しいことです。この服に誇りを持ち、気に入っています」と語っている。

---fadeinpager---

タイラ・バンクスはモデルとしてのキャリアを休止していたわけではない。数ヶ月前、彼女はハイディ・クルム、アレッサンドラ・アンブロジオ、キャンディス・スワンポールとともに、キム・カーダシアンのランジェリー・キャンペーンでポーズをとった。

 

今回の件で、50歳近くなっても、モデルとしてのキャリアを再出発させる方法はたくさんあるということが示された。

text: Justine Feutry (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
Business with Attitude
キーワード別、2024年春夏ストリートスナップまとめ。
連載-パリジェンヌファイル

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories