68歳のウィレム・デフォー、珍しく20歳下の妻と腕を組んでマラケシュ国際映画祭に登場。

Culture 2023.12.01

11月24日から12月2日まで開催されるマラケシュ国際映画祭に、いつもは控えめなカップルが腕を組んで現れた。

01-231127-willem-dafoe.jpg

マラケシュ国際映画祭に出席したウィレム・デフォーと妻のジアダ・コラグランデ。photography: ABACA

映画『スパイダーマン』(2005年)の不屈のグリーンゴブリン役で知られる俳優ウィレム・デフォーが、11月24日から12月2日まで開催されるマラケシュ国際映画祭に招待された。この日、ウィレム・デフォーは20歳年下の妻、ジアダ・コラグランデを伴っていた。68歳のアメリカ人俳優は、エレガントな黒のテーラード・ディナージャケットにシャツと蝶ネクタイを合わせたスタイリッシュな装いで登場した。48歳の妻は、両腕を露出した白いロングドレスを着用し、腕にはたくさんのタトゥーが見えた。

02-231127-willem-dafoe.jpg

ウィレム・デフォーと妻のジアダ・コラグランデ。photography: ABACA

普段は公の場にあまり登場しないふたりは、2004年にローマで出会った。俳優ウィレム・デフォーはイギリスの一般紙『ガーディアン』に「妻とはローマの路上で出会いました。彼女の映画を見たことがあり、共通の友人もいました」と打ち明けた。出会ってわずか1年後に結婚したジアダ・コラグランデは、2010年に映画『A woman(原題)』に出演した女優でもある。

結婚について、ウィレム・デフォーは次のように説明している。「結婚は非常に衝動的でロマンチックでした。ランチをしている最中、私は『明日結婚したい?』と言いました。市役所に電話をかけると、先方は『数時間以内にここに来れば、登録でき、明日結婚できます』と言いました。そして私たちは市役所に駆けつけたのです」。それ以前、1977年から2004年までウィレム・デフォーは、映画監督のエリザベス・レコンテと交際していた。ふたりの間には1982年に生まれた息子ジャックがいる。

text: Léa Mabilon (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories