JEONGHAN & WONWOO(ジョンハン&ウォヌ)、ふたりの運命そして未来。

Culture 2024.06.20

個性あふれる13人が運命に導かれ集う奇跡のグループSEVENTEEN。高いシナジー効果によって進化を続ける彼らの目には、どんな景色が映っているのか。活動10年目を迎え、成熟した魅力を放つJEONGHANとWONWOOの視線の先。

インタビューとオンライン限定ビジュアルは、近日公開の記事に掲載予定なので、そちらもチェックしてみて。

240618jeonghan_wonwoo01.jpg

JEONGHAN :ニット¥440,000、中にはいたショートパンツ¥132,000(参考色)、パンツ¥165,000、シューズ¥165,000(すべて予定価格) WONWOO:ジャケット¥297,000、パンツ¥209,000、シューズ¥161,700(すべて予定価格)/以上プラダ(プラダ クライアントサービス)

認め合い、互いを見守るふたりの距離感。同じデニムでありながら素材もシル エットもまったく違う、異なる表現力を持つふたつのルック。それぞれのチャームが際立ち、輝きが増す。

240618jeonghan_wonwoo02.jpg

JEONGHAN:スーツ¥ 605,000、中に着たベスト¥176,000、ネックレス¥88,000、 ローファー¥151,800/以上グッチ(グッチ クライアントサービス)  WONWOO:シャツ¥187,000、パンツ¥194,700、ブーツ¥171,600/以上メゾン マルジェラ(マルジェラ ジャパン クライアントサービス) リング/本人私物

正反対、と互いを評するふたり。 不規則に重なるドレープが印象的な白シャツのWONWOOに対し、ボクシーな黒のテーラードジャケットを羽織ったJEONGHAN。対照的なルックでありながらどこか似た空気が漂うのは、 彼らが同じ歩幅で歩んできたから。

セブンティーンのメンバーとの出会いが、運命そのもの
ーJEONGHAN(ジョンハン)ー

240618jeonghan_wonwoo04.jpg
遠くを見つめるまなざしの向こう側には、いつも12人の同志たちがいる。流れるようなシルエットを描くリネンが身体に寄り添い、包容力を漂わせるルック。どんな場面においても柔軟に対応するスマートさを持つJEONGHANの魅力と、品格あるスタイリングがリンクする。

240618jeonghan_wonwoo03.jpg

ジャケット¥330,000、中に着たニット¥79,200、パンツ¥126,500、ベルト¥82,500、ローファー¥132,000 /以上フェラガモ(フェラガモ・ジャパン) アクセサリー/すべて本人私物

自分の行動次第で未来は変えられる
ーWONWOO(ウォヌ)ー

240618jeonghan_wonwoo06.jpg

楽曲がリリースされるたび、新たな表情を見せるWONWOO。彼が纏ったのは、 「オデッセイ」をテーマに掲げたボッテガ・ヴェネタ。異なる色の糸で紡がれたテキスタイルやダイナミックなフォルムのテーラードに、ブランドらしい職人の手仕事が感じられる。WONWOOの秘められた才能を探す冒険は、まだ始まったばかり。

240618jeonghan_wonwoo05.jpg

ジャケット¥641,300、シャツ¥174,900、パンツ¥238,700、シューズ(参考商品)/以上ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) リング/本人私物

240618jeonghan_wonwoo07.jpg

WONWOO:ジャケット¥407,000、パンツ¥176,000(ともに予定価格)/ともにプラダ(プラダ クライアントサービス)

シングルブレストのボクシーなジャケットの裾をパンツにインすることで、フォーマルの代表格であるテーラリングにまったく新しい表情が生まれる。

240618jeonghan_wonwoo08.jpg

JEONGHAN:ジャケット¥433,400、中に着たシャツ¥108,900(参考価格)、パンツ¥194,700、ネクタイ¥41,800(参考価格)/以上ジバンシィ(ジバンシィジャパン)

自由なアティチュードで着崩すスーツスタイルが、インティメートかつセンシュアルな存在感を一層際立たせる。

240618jeonghan_wonwoo09.jpg

JEONGHAN:ジャケット¥433,400、シャツ¥108,900(参考価格)、パンツ¥194,700、ネクタイ¥41,800(参考価格)、シューズ¥159,500/以上ジバンシィ(ジバンシィ ジャパン) WONWOO:ジャケット¥407,000、パンツ¥176,000、シューズ¥165,000(すべて予定価格)/以上プラダ(プラダ クライアントサービス)

いまこそが本来の姿、と語る彼ら。シャツを軸にした新時代のセットアップを提案するプラダと、"崩されゆく制服" をテーマとしたジバンシィ。テーラリングを再解釈したリラクシングなスタイルが、自然体の魅力を引き出す。

JEONGHAN
1995年10月4日生まれ。SEVENTEENのメンバー、VOCAL TEAM所属。ソロとしては2021年に自作曲「Dream」の韓国語と日本語版を公式YouTubeで公開。グループ内での公式ユニットデビューは今回が初。中性的な美貌と柔らかな歌声の持ち主で、別名"天使"とも呼ばれている。

WONWOO
1996年7月17日生まれ。SEVENTEENのメンバー、HIPHOP TEAM所属。2021年に、同じ HIPHOP TEAMのMINGYUとデュエットでデジタルシングル「Bitterswee(t feat. LeeHi)」をリリース。普段は穏やかで落ち着いた印象だが、ステージ上ではインパクトのある低音ボイスと憑依型パフォーマンスのギャップで魅了する。

photograph: Yeongjun Kim movie: 52STUDIO styling & direction: Yuuka Maruyama(makiura office) hair: Bora Choi (Overmars/JEONGHAN), Byungwoo Kim (Blow/WONWOO) makeup: Ahreum Han (Overmars/JEONGHAN), Sijin Kim (Blow/WONWOO)  text: Juri Honda(p99)  coordinator: Shinhae Song, Nanae Noda(TANO INTERNATIONAL) coordination: Younghoe Choi(NINE ONE)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories