旅から生まれた、才気溢れるミュージシャンデビュー作。

特集

旅の空気感を取り入れた、叙情的な歌の数々。

『シャイアン』/コナー・ヤングブラッド

1809xx-musique-01.jpg

ビート ¥2,376

ボン・イヴェールやファーザー・ジョン・ミスティに続く逸材と言ってもいいだろう。それくらい才気を感じさせるシンガーソングライターがデビューした。ナッシュビルを拠点に活動するコナー・ヤングブラッドは、数年前に複数のレーベルからオファーを受けながらも断り、イェール大学に進学してアメリカ研究を専攻したというほどの知性派であり、数十種類の楽器を操るマルチミュージシャンでもある。その才能が満を持して花開いたのが本作だ。

ここに収められた楽曲群は、2年間の旅の間に作られたという。基本的にはパーソナルな多重録音で制作されており、丁寧に練り込まれたサウンドと深みのある声で、美しいメロディが紡がれていく。ときには北欧ストックホルムの街に佇み、オーロラの輝くカナダのイエローナイフの空を感じさせながら、広大な世界の風景が浮かび上がってくる傑作。

【関連記事】
ラテン音楽界のスター、J. バルヴィンが贈る最新作。
ソウルフルな歌声で魅了する英国の大型新人、ジョルジャ・スミス。

*「フィガロジャポン」2018年10月号より抜粋

réalisation : HITOSHI KURIMOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。