金森穣率いるふたつのダンスカンパニーが新作を発表。

特集

ダンス界を牽引する舞踊団が、ふたつの意欲作を上演。

『Duplex』Noism0 / Noism1

201221-theater-02.jpg

Noism1『Das Zimmer(ダス ツィマー)』リハーサルより。ドイツのカンパニーで芸術監督を務めた森優貴の演出振付だ。

3カンパニー体制で活動するNoism Company Niigata(ノイズム・カンパニー・ニイガタ)の、ふたつのプロフェッショナルカンパニー、Noism0(ノイズムゼロ)とNoism1(ノイズムワン)の新作公演。Noism0が上演する『残影の庭―Traces Garden』は、芸術監督・金森穣の、雅楽演奏団体・伶楽舎との協業による最新作。武満徹作曲「秋庭歌一具」の雅楽が、ダンスと響き合う場に立ち会いたい。

『Duplex』Noism0 / Noism1
彩の国さいたま芸術劇場 小ホール(埼玉・与野本町) 
日程:2021/2/25〜28 
整理番号付自由席¥6,000
※ほか割引あり 

●問い合わせ先:彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター 
tel:0570-064-939 
※2021/1/22〜2/11新潟公演あり 
https://noism.jp/npe/duplex

●新型コロナウイルス感染症の影響により、アルバム発売時期、舞台開催時期が変更となる場合があります。最新の情報は各HPをご確認ください。

*「フィガロジャポン」2021年2月号より抜粋

réalisation : TOMOKO KATO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。