レディ・ガガが悪女に!? 映画『GUCCI』が今秋公開予定

特集

グッチ一族3代の秘密に迫る映画『GUCCI』(原題)が、2021年秋に公開される。監督はリドリー・スコット。キャストも豪華メンバーが顔をそろえる。1995年のマウリツィオ・グッチの悲劇的な死に、再び焦点があてられる。

210219_g_01.jpg

スーパーボール50に、グッチをまとって登場したレディ・ガガ。(カリフォルニア、2016年2月7日)photo : Getty Images

グッチ30年の歴史をひとつの映画に凝縮する。それが、リドリー・スコット監督が手掛ける新たな長編映画のテーマだ。

秘密のべールに包まれたイタリア老舗ブランドの秘密、その真相に迫る今回の映画のプロジェクトは、2019年に発表された。原作は2001年に出版されたサラ・ゲイ・フォーデン著『ザ・ハウス・オブ・グッチ』。映画では1995年に起きたマウリツィオ・グッチの暗殺事件が重要な位置を占めることになるようだ。

公開は2021年秋の予定。2021年はグッチオ・グッチによるブランド創業から100年という記念の年だけに、製作会社は今年中の公開を強く望んでいる。

---fadeinpager---

豪華キャスト

現在、14世紀末フランスでの最後の合法的な決闘を題材にした映画『ザ・ラスト・デュエル』(原題、2021年公開予定)の制作にも取り組んでいるリドリー・スコット監督。

映画『GUCCI』では、豪華キャスティングも見どころだ。メインキャストには、男優陣ではジェレミー・アイアンズ、ジャレッド・レト、アル・パチーノ、女優陣ではカミーユ・コタン、レディー・ガガ、とそうそうたる顔ぶれ。

映画『アリー/スター誕生』でヒロインを演じたレディー・ガガは、夫マウリツィオ・グッチの暗殺を首謀して懲役26年の有罪判決を受けたイタリアで最も有名な未亡人、パトリツィア・レッジャーニを演じる。マウリツィオ・グッチ役はアダム・ドライバーが務めることになっている。

texte : Augustin Bougro (madame.lefigaro.fr)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。