注目の音楽家、蓮沼執太によるアート展。

特集

音の領域を超えた先にある、新たな現代史観と社会変革。

『蓮沼執太 : ~ ing』

180416-art-01.jpg

『Walking Score in Red Hook, Brooklyn, New York』2018年。シングルチャンネルビデオ、サウンド、マイクなど。

音楽制作やコンサート以外にも、映画、演劇、ダンスとのコラボレーションや、聴覚と視覚の接点を空間的に応用した展覧会が高く評価される蓮沼。本展では独自の現代史観に基づき、自他の過去作品を再検証。人間と自然など、人間以外のものとの関係性にメスを入れ、人々の生活を豊かにしてきた音の営みを通して新たな社会への視点を見つけ出そうと試みる。

『蓮沼執太 : ~ ing』
会期:開催中~6/3
資生堂ギャラリー(東京・銀座)
11時~19時(日、祝は~18時)
休)月
入場無料

●問い合わせ先:
tel:03-3572-3901
www.shiseidogroup.jp/gallery

【関連記事】
<インタビュー>蓮沼執太&ユザーン『2 Tone』発売、2人へ素朴な質問を投げかけてみました。
今年のKYOTOGRAPHIEは、目線を上げて観よう。
アートは危険早期発見装置!? 刺激的なメディアアート展。
 

*『フィガロジャポン』2018年6月号より抜粋

réalisation : CHIE SUMIYOSHI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。